1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ドイツ
  4. ケルン
  5. ケルン・ボン空港

ケルン・ボン空港行きの格安航空券

ケルン・ボン空港の画像

画像の出典元 ja.wikipedia.org

正式名称ケルン・ボン空港(Cologne Bonn Airport)
空港コードCGN
ケルン・ボン空港発の航空券情報はこちら

ケルン・ボン空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からケルン・ボン空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。ケルン・ボン空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

ケルン・ボン空港行きの最安値を比較

ケルン大聖堂からほど近い、緑に囲まれた国際空港

ドイツ西部にあるケルンとボンの近郊にある24時間運営の国際空港。ケルン中心部から南東へ15km、ボン中心部から北東へ16kmの場所に位置しており、緑豊かなヴァーンハイデ自然公園に囲まれています。コンパクトな空港ではありますが、外観はシックでターミナル内は開放感があります。空港内にはスーパーマーケットや薬局もあり非常に便利。 有名なケルン大聖堂の最寄り駅、ケルン中央駅までも鉄道で15分と、アクセスも良好です。

日本から就航している航空会社

日本からは直行便がないため、ヨーロッパの主要都市などで乗り継ぐ必要があります。

- オーストリア航空(ウィーン経由)
- ルフトハンザ(フランクフルト・ミュンヘン経由)

ケルン・ボン国際空港の設備情報

第1ターミナルと第2ターミナルがあります。旅客利用者数はドイツ国内で第7位、貨物取扱量では同3位を誇ります。州内ではデュッセルドルフ空港に次ぐ規模を有し、欧州内外35カ国115都市へ旅客便が就航しています。

インフォメーション インフォメーションは1階到着階中央にあります。
落とし物 落し物は第2ターミナルのDゲートで取り扱っています。
Wi-Fi 無料Wi-Fiを24時間利用することができます。
両替/銀行 ATMは第1ターミナルと第2ターミナルに、両替可能な銀行「Reise Bank(ライゼバンク)」は第1ターミナルのBゲートにあります。(営業時間7:00~20:00)
ラウンジ 第2ターミナルのセキュリティチェック後に、ラウンジがあります。アルコールを含むドリンクサービスや、軽食、無料iPadなどの充実したサービスがあります。 第1ターミナルから出発する航空会社の方も利用することができますが、 ターミナルに戻る際に、再度セキュリティチェックが必要になるため、十分な時間を確保しておきましょう。
手荷物預かり所 手荷物預かり所は第2ターミナルのDゲート、落とし物と同じ場所で取り扱っています。

ケルン・ボン国際空港から市街地へ

空港から市街地へ出る場合、鉄道かタクシーをご利用ください。

鉄道

空港から中央駅までの4駅を15分で結ぶ「Sバーン13」というドイツの国鉄が、ターミナル地下から出ています。
24時間運行しており、料金は2.8ユーロです。

タクシー

乗り場は到着ロビー出口近く。ケルンに行くのも、ボンへ行くのも市内中心部まではいずれも15分ほどです。
料金は日本と同じメーター制で、ケルンまで約27ユーロ、ボンまでは約40ユーロほどです。

ケルン・ボン国際空港の搭乗手続き

まずは各航空会社のカウンターへ行き搭乗手続きを行います。その後ゲートへ向かい、セキュリティチェックを受けてください。ちなみにチェックは厳めで、時間帯によって混雑することもあります。ケルン・ボン空港は日本への直行便がないため、乗り過ごすことがないよう時間には余裕を持ちましょう。

チェックが終わった後は、係員にパスポートと搭乗券を見せ、出国手続きを済ませます。 出国スタンプを押してもらった後は、フライト時間まで、空港内の免税店等でのお買い物をお楽しみください。

空港近辺のホテル/シャワー

空港内にホテルやシャワーはありません。 ヴィディヒというアクセスのよい場所にある、伝統的な雰囲気の3つ星ホテル「Rheinterrassen Hotel(ラインテラッセン・ホテル)」は、ライン川やジーベンゲビルゲの山々の景色を眺めながらお食事等を楽しんだり、川辺でゆったりとした時間を過ごすごとができるため、非常に人気でおすすめのホテルです。 他にも、ケルン市街地へのアクセスが良好な「Hotel am Rhein(ホテル・アム・ライン)」などがあります。

空港内のグルメ情報

「Kölsch & Co(ケルシュ&カンパニー)」ではケルンの名物ビールであるケルシュや、郷土料理を楽しむことができます。また、大きなスーパーマーケット「REWESupermarkt(レヴェズ・ズーパーマルクト)」もあるので、リーズナブルな値段でドイツらしいものも入手できますよ。

空港内のショップ情報

日本でも有名なグミメーカー「HARIBO(ハリボー)」の「BO」はここ、Bonn(ボン)の地名からきています。そのため、空港内にはグミでカラフルに彩られたHARIBOショップがあります。本場のHARIBOはびっくりするほど種類も豊富で、お土産にも喜ばれること間違いなしです。 また、「Esprit(エスプリット)」や「Marc O'Polo(マルコポーロ)」などのファッションブランドのほか、書籍やたばこ、おもちゃ等の専門品を取り扱ったお店も多数あり、ショッピングセンター感覚で買い物を楽しめるでしょう。