1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. オーストリア
  4. クラーゲンフルト

クラーゲンフルト行き国際線格安航空券を比較・検索

クラーゲンフルトの概要

クラーゲンフルト

画像の出典元: iStock

人口-
都市コードKLU
人気の航空会社
  • オーストリア航空
  • 全日空
飛行時間14~15時間

クラーゲンフルト発の航空券情報はこちら

クラーゲンフルトまでは飛行機でおよそ14~15時間で行くことができます。クラーゲンフルトの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてクラーゲンフルト旅行を有意義に楽しみましょう。

クラーゲンフルト行き航空券の最安値を比較

誰もが心躍るイベントの町「クラーゲンフルト」

オーストリア南部にある、ケルンテン州の州都・クラーゲンフルト。町の中にはオルシーニ・ローゼンベルク宮殿や聖エギート市教区教会など、古くから築かれてきた独特の町並みが広がっています。また、そういった歴史的な建造物だけでなく、近代的な一面も垣間見えるのがクラーゲンフルトの特徴。町の中心部にはブティックやショップ、バーが立ち並んでいるほか、オーストリアのイベントの中心地でもあることから多彩なジャンルの催しが行われています。過去にはイベント・アワードを2度も受賞。さらにはスポーツにも富んだ都市として、開催される大会には常に10万人もの観客が足を運んでいます。

クラーゲンフルトの歴史

12世紀末に、ケルンテン公国のヘルマン公により確立されたと言われているクラーゲンフルト。1200年代に都市特権を獲得しましたが、1514年に大規模な火災に見舞われてしまいました。当時、木造の建造物が多かったため、現存している古き建物もその火災後に建設されたものばかり。現在の穏やかで豊かな町並みは、災害を乗り越えたからこそ魅せられる、クラーゲンフルトならではの景色と言えるでしょう。

クラーゲンフルトの経済

クラーゲンフルトはオーストリア・ケルテン州の経済と文化の中心とされている、州最大の工業都市。住民のおよそ3割が商工業に属しています。主な工業は木製品、ガス、電気、食品など、多種にわたります。中でも木製品に力を入れており、毎年国際的な規模の「木材見本市」が開かれています。こちらは市外からも取引を目的とした人々が集まるなど、注目の催しです。

クラーゲンフルト行きの格安航空券について

日本からクラーゲンフルト空港への直行便は運航していません。大韓航空を利用して仁川国際空港とウィーン国際空港で乗り継ぎ、ウィーンからオーストリア航空を利用してクラーゲンフルトへ向かえば、航空券もリーズナブル。また、ルフトハンザドイツ航空を利用してミュンヘン空港とウィーン国際空港での乗り継ぎなら、比較的フライト時間も短くアクセスすることができます。

クラーゲンフルトの気候

アルプスで一番暖かいとされるヴェルター湖の近辺に位置することから、暖かい気候が続き、観光地として何百年間も人気を集めています。とはいえ、冬の寒さが厳しいオーストリアに位置することから、12~3月にかけては雪が積もることもあります。冬の寒さや積雪は厳しいものの、夏の暑さに関しては、日本よりも比較的過ごしやすい気候といえるでしょう。なお、冬の時期は防寒対策および積雪対策が必要なのはもちろんのこと、夏の時期も朝晩は冷え込むので長袖の羽織りものがあると便利です。

クラーゲンフルトの主な交通手段

クラーゲンフルトの主な交通手段

画像の出典元: Phil Richards

クラーゲンフルトが属するオーストリアでは、鉄道網が非常に発展しています。そのため、国内に位置する第2の都市・フィラッハとの間を最短23分の速さで結んでいます。ほかにもタクシーやレンタカー、バスなどさまざまな交通機関があるので、目的や用途に合わせて選択すると良いでしょう。

クラーゲンフルト行き航空券利用者の声

成田⇔クラーゲンフルト 28歳女性

オーストリアのウィーンとイタリアのヴェネツィアに行ってみたいと昔から思っていて、今回その2都市とその間にあるグラーツとクラーゲンフルトにも立ち寄ることにしました。航空券は格安航空券のサイトを見て購入しました。アエロフロートロシア航空の便だったので、モスクワを経由してウィーン空港へ向かうルートです。ロシアの飛行機は初体験だったので、どんな感じなのか気になっていましたが、いたって普通でした。機内食は見た目以上にボリュームがあり、全部は食べられませんでした。ウィーン空港に着いてからは、ウィーンで2泊してじっくり憧れの街を観光し、それから鉄道でグラーツへ向かい、もう1泊。グラーツからクラーゲンフルトまでは、節約のためバスを利用しました。日本円にして2000円少々で、所要時間も3時間とお手頃でした。それまでクラーゲンフルトという町は聞いたこともなかったのですが、ヨーロッパの古い建物や噴水などが残る素敵な町でした。観光客もそれほどいないので、ゆっくりできました。クラーゲンフルトからヴェネツィアまでは、バスだと深夜に出発する夜行しかなかったので、また鉄道に乗ることにしました。ヴェネツィアからの帰路もまた、アエロフロートロシア航空の格安航空券を利用し、モスクワ経由で帰国しました。

羽田⇔クラーゲンフルト 33歳男性

今までウィーンやザルツブルクには行ったことがあるので、今回はオーストリア南部を旅してみようと思い、格安航空券を探しました。ネットで調べると羽田からドーハ経由でウィーンへ向かうカタール航空の格安航空券が見つかりました。最近は羽田からの便が増えたので、かなり便利です。カタール航空のカウンターで航空券を受け取り、出国審査を済ませます。例のごとく、飛行機が遅れていたので、ガイドブックを読んで時間をつぶしました。機内食はハラルメニューもありました。アラブ系の料理は初めてだったのですが、とてもおいしかったです。目的地はウィーンなのに、ドーハへ向かっているのが不思議な感じでした。格安航空券なので仕方ないのですが、カタールへようこそみたいな雰囲気で乗務員さんが応対するので、少し違和感がありました。ドーハからウィーンまでは5時間ぐらいあったと思います。映画を見たり、読書をしたりして過ごしていました。ウィーンに着くと少し寒かったです。クラーゲンフルト行きの列車の時刻表を確認し、切符を買います。鉄道の旅は慣れているので、お手のものです。2、3時間でクラーゲンフルトに着きました。クラーゲンフルトはとても落ち着いた街で、とくに旧市街はオシャレで雰囲気が良く、歩きまわっているだけで楽しい観光ができます。また、街の西にはヴェルター湖という細長い谷間の湖があり、こちらも景色が良いので、自転車を借りて気ままに湖畔を走ってみました。帰りはグラーツを観光してからウィーンに戻るというルートをとりました。

成田⇔クラーゲンフルト 30歳女性

仲の良い友人がスロヴェニアの首都リュブリャナに仕事で駐在していて、これも縁と訪ねてみることにしました。友人もせっかくだから一緒に遠出したいということで、リュブリャナからお隣オーストリアのクラーゲンフルトまで行くことに。格安航空券を探したところ、2回乗り継ぎのエミレーツ航空がもっとも安い航空券でした。ドーハとザグレブで乗り継ぐ便で、総所要時間は22時間ほどでした。ほとんど移動にまる1日を費やすことになりますが、めったに行く機会のあるところではないので、友人に会えるのを楽しみに乗り切りました。リュブリャナは首都とはいえさほど大きな街ではないので、1日あれば大方の観光名所は回れてしまう感じでした。リュブリャナからクラーゲンフルトまでは、バスでたったの2時間足らずです。まさにアルプスの山間部といった感じの、とっても雰囲気の良い街で、旧市街を散策したり、ヴェルター湖の遊覧船に乗ったりしました。1人ではここまで思い切った観光ができたかわからないので、友人には心から感謝です。

クラーゲンフルト旅行 よくあるFAQ

機内持ち込みの荷物も重量制限があるのでしょうか?

はい、あります。事前に航空会社のHPなどで確認しておくことをおすすめします。

化粧水も液体の制限物に入りますか?

はい。飲み物だけでなく、化粧水や保湿クリームなども含まれます。容器が100mlを超える場合は、預け荷物の中に入れるようにしましょう。どうしても機内で使いたい場合は、100ml以下の透明な容器に移しておきましょう。

予約した航空券はどこで受け取るのですか?

空港にある各航空会社のカウンターで受け取ります。

パスポートの有効期限が切れそうです。出国できますか?

国よっては入国時にパスポートの有効期限が6ヶ月以上必要です。更新しておくことをおすすめします。