1. トップ
  2. アフリカ
  3. ルワンダ
  4. キガリ

キガリの概要

キガリ

画像の出典元: 

人口-
都市コードKGL
人気の航空会社
  • カタール航空
  • エチオピア航空
  • ブリュッセル航空
飛行時間18~20時間
キガリ発の航空券情報はこちら

キガリまでは飛行機でおよそ18~20時間で行くことができます。キガリの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてキガリ旅行を有意義に楽しみましょう。

キガリ行きの最安値を比較

復興に沸く千の丘の国「キガリ」

アフリカの内陸国ルワンダのほぼ中心に位置するキガリ。100年以上の歴史をもつこの町は、「千の丘の首都」の異名をもつ標高1600m弱の高原の都。その名のとおり市内に点在する丘の1つ1つが独立した街のように発展しており、その特異な構造は地図を見れば一目瞭然です。キガリといえば、日本では自衛隊のPKO派遣を巡って議論が高まったルワンダ紛争の舞台としてのイメージが定着してしまっています。しかし、豊かな地下資源に支えられて経済もやや回復し、キガリの街には復興と近代化の波が押し寄せています。これまでの歴史と美しい自然に彩られながら、首都キガリは急成長を続けています。

キガリの歴史

1907年に、ドイツの植民市として建設されました。もともと現地にはルワンダ王国があり、植民地政府は王朝を統治に利用していたので、キガリは王国の都でもありました。1962年にルワンダ共和国が独立すると、その首都に。20世紀末の民族間紛争によって打撃を受けましたが、2000年代に入り100万都市として再び発展しています。

キガリの経済

ルワンダの経済を潤しているのは、金やスズ、タングステンに天然ガスなどの豊富な地下資源。キガリ市内にもスズの採掘鉱があります。ただし、国民の大部分は農業に従事しています。南部マラバ地域で生産されるマラバ・コーヒーはとくに有名です。また、内陸国ながら湖が多いので、漁業で生計を立てている人も少なくありません。

キガリ行きの格安航空券について

現在、日本からキガリ国際空港への直行便は就航していません。成田空港や関西国際空港からは、イスタンブールで1回乗り継ぎのトルコ航空を利用するのがもっともリーズナブルな格安航空券となっています。中部国際空港や福岡空港からも、香港・ヨハネルブルグと乗り換えは2回となりますが、お得な格安航空券があります。キガリ国際空港はアフリカにおけるハブ空港の1つですので、周辺国への移動にも便利な空港となっています。

キガリの気候

赤道に間近の国ながら、首都キガリは標高1500mを超える高地にあるため気温が高くなり過ぎることはありません。2月から5月と、9月から12月の1年に2回雨季が訪れます。この期間は、大雨が降っては少し晴れての繰り返しとなり、観光に向いているとはいえません。そのため、雨季を外れた6月から8月ないし1月から2月ごろが渡航のベストシーズンとなります。

キガリの主な交通手段

空港からキガリ市内までバスが運行していますが、その他地区を移動するにはタクシー利用が一般的となります。乗り合いバスもありますが、路線が複雑かつ時間が不正確なのでおすすめはできません。タクシーや観光バスが集積するニャブゴゴバスターミナルは、市街の西のはずれにあります。タクシーについても、運転手が道に詳しくないこともあるので、あらかじめ目的地を確認しておいた方が無難です。

キガリ行き航空券利用者の声

成田⇔キガリ 37歳 男性

キガリに旅行するために格安航空券を探し、一番格安なKLMオランダ航空の格安航空券をみつけました。アムステルダムで1回乗継があり、待ち時間は約19時間半。KLMオランダ航空の格安航空券を予約!成田は10時半発で丁度良い時間でしたKLMオランダ航空に搭乗し、座席に座ると結構座り心地が良く、これなら長時間でも疲れないと感じました。スキポール空港では、マッサージが出来るところやスパもありショッピングも出来るので、充分楽しめました。夜はゆったり座れるリクライニングチェアで仮眠!翌日午前の便でキガリへ向かい夜に到着!キガリではムスリム(旧市街)を散策。キガリとは違う雰囲気のスポットでした。帰りのKLMオランダ航空の出発は夜8時過ぎなので夕方にはキガリ空港へ行き搭乗時間までコーヒーを飲みながら待ちました。ルワンダのコーヒーは美味しかったです。キガリ空港はゲートが2つの小さな空港なので迷うこともなかったです。搭乗後は座り心地の良い座席で乗継のアムステルダムへ。機内食食べた後は寝ました。スキポール空港着いて、出発までは8時間弱。お店の多さには驚きました。乗継時間がきて搭乗し、帰りの機内ではワインをリクエスト!感じの良い客室乗務員がとても丁寧な対応でした。対応の良さに次もKLMオランダ航空を利用しようと思いました。

羽田⇒キガリ⇒成田 29歳 男性

仕事でキガリに行くため最短フライトの格安航空券がある航空会社を探し、カタール航空が最短だったので格安航空券を予約しました。羽田から夜中の12時発!搭乗したらすぐ寝ようと思いました。機内はシートが広く寝ていても快適に過ごせました。乗継のドーハ空港には早朝着で乗継時間は3時間弱。初めての場所に不安だったけど、何とか乗継ぐことが出来ました。ドーハからキガリまで7時間半くらいのフライト!カタール航空の機内食が美味しかったです。ワインも飲んでみたけど、結構美味しかったです。客室乗務員の方が気持ちよく対応してくれ気分良かったです。キガリに到着すると、こじんまりしていて小さな空港だなと感じました。キガリで仕事先の方が迎えに来ていてホテルまで車で送ってくれました。翌日また迎えに来るとのこと。2日間の仕事を終えて、帰りの日は昼にキガリ空港に行き3時30分の搭乗時間まで待ちました。全く自分の時間はなくあっという間に時間が過ぎました。ドーハでの乗り継ぎ短時間!帰りは成田着でした。仕事で利用するなら、格安航空券で行けるKLMオランダ航空の最短便が無駄な時間なくフライト出来て良いと思いました。

成田⇔キガリ 32歳 女性

ルワンダのキガリ在住の友達に会いにいきました。彼女はボランティアする人のアシストする職員。ボランティアに興味があったので前から行きたいと思っていました。10日間の休みが取れたのでキガリに行くことにして、格安航空券を探し、成田からターキッシュエアラインズの格安航空券を予約できました。ターキッシュエアラインズはトルコの航空会社なので乗継はトルコのイスタンブールでした。早朝イスタンブールに着き、入国しないでトランスファーの表示の方向へ移動。手荷物検査を終わってエスカレーターを上ると、そこにはカフェやレストラン、免税店とたくさんのお店がありました。まずは搭乗ゲート確認!それからカフェでひと休み。日本にもお馴染みのスターバックスがありました。14時間の待ち時間はイスタンブールのアタチュルク空港内を満喫!夕方に出発で夜中にキガリ着!ホテルは空港の目の前なので歩いて移動!翌日は友達に会い、遊びに来たつもりが、仕事の手伝い!でも色んな人と出会え楽しかったです。キガリで過ごしたのもつかの間。帰国の日が来ました。ターキッシュエアラインズの航空でキガリ発は夜中1時近く。アタチュルク空港で乗継16間弱。免税店でお土産を買い、成田へ!イスタンブールでの乗継は時間がたくさんあり、次回もターキッシュエアラインズの格安航空券を利用します。

キガリ旅行 よくあるFAQ

キガリはビザが要りますか?

ルワンダの首都キガリへ入国する時はビザが必要です。空港や国境でビザの取得は可能ですが、前もって日本出発前にルワンダ大使館や旅行会社でビザ申請し取得することをお勧めします。

キガリでは、どこで日本円の両替は出来ますか?

キガリ空港内の両替所、市内の銀行や両替所で換金可能ですが、トラベラーズ・チェックや日本円に換金できない事があるので、ドルの準備をお勧め致します。

カタール航空は機内持込はどのようになってますか?

身の回り品などが収められている女性用ハンドバックやブリーフケース、コート(1着)などの他に1個持ち込み可能です。サイズは50センチ×37センチ×25センチ以内のもので重さは7キロ以内であれば持ち込み可能です。

機内に医薬品の持ち込みは出来ますか?

医薬品には制限がございませんが、機内に持ち込む医薬品の処方箋の提示を求められ場合がございます。

ルワンダへ入国の際に注意することはありますか?

ルワンダ入国には黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)が必要です。その他に予防薬の服用、長袖・長ズボンなどを着用するなど、蚊に刺されない対策が必要です。