1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ウクライナ
  4. キエフ

キエフの概要

キエフ

画像の出典元: DAVID HOLT

人口-
都市コードIEV
人気の航空会社
  • ルフトハンザドイツ航空
  • オーストリア航空
  • カタール航空
飛行時間13~15時間
キエフ発の航空券情報はこちら

キエフまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。キエフの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてキエフ旅行を有意義に楽しみましょう。

キエフ行きの最安値を比較

ウクライナ国内からのキエフ行き 最安値を比較

中世の名残が色濃く残る都市「キエフ」

ウクライナの首都・キエフは歴史が非常に深く、東ヨーロッパ最古の都市。キリスト教の聖地ということもあり、市内には中世時代の豪華な宗教建築物が数多く存在します。特に東ローマ帝国の尽力によって建てられた聖ソフィア聖堂は、一際存在感を放っています。 緑と白そして金色を基調とする外観は近年修復が行われ、新たな装飾もされたため美しさが倍増。ほかにも「キエフのガウディ」と呼ばれた建築家、レシェク・ホロデツキが建てた怪物屋敷も隠れた名所のひとつ。奇妙な怪物や動物を精巧に彫ったその建造物は世界でもめずらしく、足を運ぶ価値ありのスポットです。

キエフの歴史

キエフの歴史において重要な役割を持つ時代は中世で、東西さまざまな国と貿易をしている国際都市でした。その中でも特に大きな影響を与えたのが、東ローマ帝国。東ローマ帝国との交流によりキリスト教が普及し、現在にもその影響が続いています。また、この時代に建設された聖ソフィア大聖堂およびキエフ洞窟大修道院は、世界遺産としても認定されています。

キエフの経済

2つの世界遺産を有するキエフではやはり、観光業が盛んです。市内には現在でも中世の面影が深く残されており、その美しい街並みを一目見ようと国内外から観光客が訪れます。また、ウクライナの国自体としては航空機や自動車などの機械工業も有名。首都であるキエフには、そういった多くの企業が集まっています。

キエフ行きの格安航空券について

日本からキエフへ向かう直行便はないため、乗り継ぎをする必要があります。モスクワやウィーン経由でボルィースピリ国際空港に向かい、ウクライナに入国するのが一般的。格安航空券を探している方には、イスタンブール乗り換えのターキッシュエアラインズがオススメ。ちなみにボルィースピリ空港は隣りの市に位置していますが、タクシーやバスでおよそ1時間もあればキエフ市内へ到着することができます。

キエフの気候

ウクライナにあるキエフは日本と同じ北半球に位置するため気候は似ていますが、キエフの方が少々寒暖差があります。夏場の平均気温は19度程となっていますが30度を超える日もあるため、暑さ対策はしておいた方が安心です。また、日中であっても氷点下になることがある冬場は、しっかりと防寒するようにしましょう。

キエフの主な交通手段

キエフの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

キエフ市内には地下鉄やバスといった交通網がいくつかあります。特にバスは距離に関係なく乗車一回につき料金が定められているため、場所によってはかなりお得に乗車することができるでしょう。ほかには「マルシュルートカ」という乗り合いのタクシーがあります。こちらは公共の交通手段と比べると利用料金が高くつきますが、時間や路線数といった面においてはかなり便利。ただ路線網が複雑なため、利用する前に十分なリサーチが必要です。

キエフ行き航空券利用者の声

成田⇔キエフ 30歳男性

ウクライナの内戦はまだ記憶に新しい所ですが、ずっと行ってみたかったキエフの街に、やや弾丸気味ですが行ってきました。本来は2年前に計画していた旅行でしたが政変で荒れていたので当然延期し、今キエフなら大丈夫、落ち着いている、旅行に行ってきたという人の声を多く聞くようになったので、タイミングを逃すとまた行けなくなるかも?と思い計画しました。

日本からの直行便はないので、どこを経由するか、ネットで検索してみるとなんと最安値で出てきたのが大好きなトルコ航空だったので、即決しました。イスタンブールでの乗り継ぎ時間も短いので、おそらく最短で行ける方法だと思います。成田からイスタンブールまでは12時間45分とかなりのロングフライト。各社がコストカットしている中、エコノミーでも歯ブラシやスリッパなどのアメニティを配ったり、機内食も品数が多く、ギャレーにも軽食が用意されていたりするのがすごいと思います。ただ、ヨーロッパに行くツアー客も多く乗っていたので超満席で、特に一人旅の場合は知らない人とずっと至近距離に座るので疲れました。

イスタンブールでは3時間弱の乗り継ぎ時間でしたが、コーヒーを飲んだり免税店を見ているとあっという間に時間がたって良かったです。キエフの空港は市内からちょっと離れていますが、バスが通っているので大丈夫。ただあちこちの表示に英語は少ないので、ロシア語が分からないと苦戦するかも知れません。キエフは想像以上に良い街で、物価も安く食べ物も美味しかったので、毎食レストランで豪遊してしまいました。

成田⇔キエフ 35歳女性

あまり人が行かない場所に行くのが好きで、よく世界一周をしている人のブログなどを見ています。そこで気になったのがキエフ。物価が日本の半分くらいで食べ物も美味しくて景色も良いと絶賛しているブログを見つけたのです。内戦があった国なので慎重に状況を調べたところ、キエフは観光客が戻っているという情報が多かったので、思いきっていく事にしたのです。

旅のお供はいつも格安航空券です。さすがにウクライナに直行便がないのは知っていましたが、一体どんな経路で?と探して見るとほぼ最安値で見つけたのがターキッシュエアラインズでした。いつの間にかトルコ航空から改名していたんですね。別の航空会社かと思いました。以前トルコに旅行した時に利用して印象が良かったので楽しみにしていました。時間があれば市内に出たかったのですが、乗り継ぎ3時間だったので空港でのんびり過ごしました。成田からイスタンブールまでは夜便なので少しは眠れましたが、やはりトルコは遠く身体も痛くなっていたので、この3時間でリフレッシュ出来て良かったです。

キエフに到着しての入国審査では、何一つ質問される事もなくスタンプポン!ビザも90日以内は不要だし、日本のパスポートは本当に強いです。キエフ・ボルィースピリ空港はキエフの隣町にあり、距離があるのでタクシーではなくバスで移動しました。キエフでは精力的に動きまわり、キエフの世界遺産も制覇、とても充実した旅になりました。

成田⇔キエフ 55歳女性

主にヨーロッパを二人でブラブラするのが大好きな私たち夫婦ですが、今回夫が提案してきた旅行先がウクライナでした。ロシア語圏は初めて、ロシアも行った事がないのにウクライナ?チェルノブイリしか知らないけど、と驚きましたが素晴らしい世界遺産が
あるそうで、また物価がかなり安くてウクライナのお料理も美味しいと聞き、じゃあ行ってみようか?という感じで行く事になりました。

格安航空券を探すのは夫の役目、今回は夫いわく、このルートが一番早くて安いという事でした。成田からはターキッシュエアウェイズでイスタンブールに行き、乗り継いでキエフ。帰りはその逆ですが、往復ともにイスタンブールでのトランジットが短めなので良かったです。トランジットが長すぎると疲れてしまいます。ターキッシュエアウェイズでは可愛い入れ物に入ったアメニティが配られるのですが、これが旅先で重宝するんですよね。以前機内で配っていたと記憶しているトルコのお菓子、ロクムがなかったのは残念、帰りの空港でしっかり買っておきました。

キエフではいつものペースでのんびり観光。ペチェールシク大修道院と聖ソフィア大聖堂はさすが世界遺産、圧巻で見ごたえがありました。ネットでみた独立広場にいる、鳩と写真を撮らせて法外な料金を取る集団が本当にいたのには笑ってしまいました。もちろん近寄って来ましたが強面の夫がノー!というと意外にあっさり去っていきましたよ。美味しいボルシチも食べ、可愛い民族衣装やマトリョーシュカも買えて大満足。たまには知らない国に飛び込んでみるのも面白いものですね。

キエフ旅行 よくあるFAQ

ターキッシュエアラインズで予約しています。コードシェア便とはどういう意味ですか?

コードシェアとは、2社以上の航空会社によって飛行機を共同運航している便のことを指します。つまり、TKの便名で、提携航空会社により運航されることをコードシェアといいます。共同運航便ともよばれます。

ターキッシュエアウェイズに搭乗します。何時間前までに空港に行く必要がありますか?

国際線の場合は出発の2時間前に、国内線の場合は1時間前までにご搭乗手続きをお済ませ下さい。

ターキッシュエアウェイズに搭乗します。搭乗券は離陸のどのくらい前まで発券して貰えますか?

国際線の場合は出発の1時間前、国内線の場合は45分前が発券の締め切り時間となります。