1. トップ
  2. アジア
  3. カザフスタン

カザフスタン旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Kazakhstan

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/bayterek-%E3%81%AF-%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A7%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%8A%E3%81%BE%E3%81%99-%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3-gm523091961-51736492

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称カザフスタン共和国
人口約1,700万人
首都アスタナ
国コードKZ
言語カザフ語、ロシア語
国番号(電話用)7
カザフスタン発の航空券情報はこちら

カザフスタンまでは飛行機でおよそ10時間で行くことができます。カザフスタンの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なカザフスタン旅行を楽しみましょう。


カザフスタンはヨーロッパと中央アジアの間に位置する共和制国家です。ロシアをはじめとした旧ソビエト連邦の国々や中国、カスピ海やアラル海などの湖に接しています。

カザフスタン行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 札幌 (新千歳空港)発
  • 沖縄 (那覇空港)発
  • 仙台 (仙台空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からカザフスタンへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からカザフスタンへの直行便就航ありません。アルマトイまでは、ソウルや北京、あるいはタシケントなどの経由して10時間から13時間程で到着します。首都のアスタナへ向かう際には、アルマトイからの国内線を利用しましょう。

日本との時差

カザフスタンは広大な国土のため標準時が3つの時間帯に分かれています。 日本と比べ西部-5時間、中部-4時間、東部-3時間の時差になります。なおサマータイム制は実施されていません。

カザフスタンにおけるビザ・入国手続きについて

カザフスタンへのビザは、観光目的でも必要となります。前もってカザフスタン大使館総領事部、もしくは総領事館で取得しておきましょう。なお、パスポートの残存有効期間は出国時において、6ヵ月以上の余裕が必要です。 入国審査ではパスポートと入国カード、必要に応じて税関申告書を提出しましょう。

カザフスタンの気候について

カザフスタンの大半は大陸性気候にあたります。ですが、国土が広い(日本の7倍)ため地域間で差があります。首都のアルマトイは内陸性の気候が特徴、1日の寒暖差が大きいです。冬の11月~2月は冷え込む一方、夏の6月~8月は日中30度近くまで上がります。ベストシーズンは春の5・6月。朝は冷えますが昼間は居心地の良い陽気でしょう。降水量は1年を通して少なく湿度も低いです。

カザフスタンの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

カザフスタンの通貨とチップ

画像の出典元: commons.wikimedia.org

通貨について

カザフスタンの通貨は、「テンゲ」といいます。紙幣では10000,5000,2000,1000,500,200の種類、硬貨は100,50,20,10,5,2,1の種類があります。

チップについて

チップの習慣はありませんが、ホテルや高級レストランなど観光客が多く利用する施設では(1部屋0.5~1米ドルくらい)を置くと良いでしょう。

旅のお役立ち情報

カザフスタンのコンセント形状はtype-e

カザフスタンの電圧とコンセント

カザフスタンの電圧は220Vから240Vで、プラグはCタイプとなっております。そのため日本の電化製品では、ものによっては電化製品が必要になります。

77

カザフスタンのネット環境

カザフスタンのインターネット環境は良好。 フリーのWi-Fiを拾える場所もあります。レストラン、カフェ、ホテルなどには、備えられているといってもよいでしょう。ホテルでは、パスワードの入力が求められることがあります。その場合には、フロントが対応してくれます。差異はありますが、だいたい5時間ほどの接続が可能です。

103

カザフスタンの飲料水

生水や水道水を飲むことはひかえましょう。ミネラルウォーターを購入してください。ホテルや、レストランなどで購入することができます。

文化・宗教・マナーについて

カザフスタンの文化

「南の首都」と呼ばれるアルマトイは遊牧民族の拠点、またはシルクロードにおけるオアシスとして機能てきました。シルクロードはヨーロッパと極東をつなぐものですが、そこからさらにイスラムの流入などが加わり、さまざまな文化が混ざり合う「交差点」の色を強めてきた歴史があります。そのため、エキゾチックな文化が花開いています。

カザフスタンの宗教

カザフ人の多くがイスラム教のスンニ派。ほかにキリスト教のロシア正教などがあります。

カザフスタンのマナー

カザフスタンにおけるタバコのマナーとして、レストラン、バー(一部は可)、ホテルのロビーなど、公共の場所での喫煙は禁止されています。 一方、アルコールは自由に飲むことができビール、ヴォッカ、ワイン、コニャックなどが売られています。 服装は身軽なもので構いませんが、ウズベク人を初め多くの民族がイスラム教とロシア正教を信仰しており、宗教上の倫理観から男女問わず露出度の高い服は避けましょう。

カザフスタンの食文化

画像の出典元: ja.wikipedia.org

一般にカザフスタン料理とはシャシリク(グルジア風バーベキュー)、ベシュマルバクなどです。カザフスタン料理は遊牧民の伝統を受け継ぎ、ヒツジの肉を使ったものや乳製品を多用するのが特徴です。肉は塩ゆでにするのが一般的で、味も中央アジア独特の多量な香辛料を使った料理が食べられています。

カザフスタンの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: commons.wikimedia.org

カザフスタンの主要観光地

カザフスタンには雄大な草原や連なる山々から作り出された大自然に、人類が生み出した歴史あふれる遺跡も数多く存在します。 首都・アスタナの都市計画は、日本を代表する建築家の故・黒川紀章が手がけており、現在も拡大し続けています。近未来都市をイメージしたアステナ、まるで未来へ訪れたかのような感覚になりますよ。「バイテレク」と呼ばれるタワーがそびえ立ち展望台からは定規で引いたような新市街と雑多な旧市街を一望できます。またかつての首都カザフスタン最大の都市アルマトイは、博物館に美術館、バレエ劇場など見所満載ですので立ち寄ってみてください。

カザフスタンの世界遺産

カザフスタンの世界遺産は2015年現在4件登録されています。ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟(ヤサウイ教団の教祖ホンジャ・アフメッド・ヤサウイの霊廟)、タムガリの考古的景観にある岩絵群(紀元前14世紀以降に描かれた岩絵群)、シルクロード : 長安=天山回廊の交易路網(中国と地中海世界の間の歴史的な交易路)、サルヤルカ-カザフスタン北部のステップと湖沼群(渡り鳥たちの重要な中継地)があります。

カザフスタンのお土産について

キャビアが有名であり免税店や一部スーパーで購入出来ます。またカザフスタンのお土産として、フェルト製の民族文化が可愛い人形も有名です。

カザフスタン行き航空券利用者の声

成田⇔アスタナ 48歳男性

中央アジアの旅でカザフスタンのアスタナへ行きました。なるべく安く済ませたかったので格安航空券を探したところ、カザフスタンへの直行便はなく乗り換えが必須。今回はソウルで一度乗り換える、アシアナ航空とエア・アスタナの航空券を予約してみました。成田を朝9時に出発し、ソウルに到着したのは2時間半後の11時30分。映画を一本も見終わらない内の到着とです。途中軽食のミールサービスがありましたが、サンドイッチとゼリーという軽さ。小腹を少し満たすには程よい内容でした。異なる航空会社への乗り換えにも関わらず、仁川国際空港での乗り継ぎ時間は1時間半弱。なかなか急ぎでの乗り換えでした。無事に13時前出発のエア・アスタナ便に搭乗できたときには、心底胸を撫でおろしたものです。仁川からアスタナまでの所要時間は7時間。機体はBoeing 767でした。エア・アスタナはロシア系の航空会社の中では評判が良い方で、確かにクルーは皆フレンドリーですし、機内食も美味しかったです。アスタナ国際空港には予定より30分遅れの17時30分頃到着。10年程前に黒川紀章氏の設計によって改装工事が行われたらしく、かなりモダンで綺麗な空港でありました。観光を予定通り終え、帰国前にもう一度アスタナを見て回りましたが、さすが黒川紀章氏が設計した未来都市。ユニークな造形のタワーに思わずカメラを向けました。帰りの便はアスタナからアルマトイまで行って、そこからソウル、成田と2度の乗り換えが。アルマトイ~ソウル間が深夜フライトだったので思ったよりは楽でしたね。

名古屋⇔アルトマイ 21歳男性

観光目的で友人とカザフスタンのアルトマイへ行ってきました。目的は隣国キルギスのボコンバエバ村近郊にあるイシククル湖の南岸でキャンプをすること。遊牧民のテントであるユルタに宿泊し、美しい夕焼けと満天の星空を堪能してきました。辺りに一切余計な灯がないので、星空は本当に美しかった!また、世界第2位の透明度を誇ると言われるイシククル湖で思う存分泳いだのもいい思い出となりました。キャンプ場には温かいシャワーと清潔な水洗トイレがあり、想像以上に設備も充実していてコストパフォーマンスが◎。全体的に旅費をなるべく安く抑えたかったので、利用したのはアシアナ航空の格安航空券。ソウルでのトランスファーが一度発生するフライトでした。名古屋を18時50分に出発してソウルに到着したのが2時間後の20時50分。アルトマイへのフライトが翌日の18時10分発だったので、その日一晩サソウル市内のサウナで過ごしました。半日ソウル観光を満喫した後、ついに念願のアルトマイへと出発!約7時間のフライトでしたが、友人と一緒でしたし、オンデマンド機で映画を見たりして過ごしていたら意外にあっという間でした。食事は韓国料理でしたし食べやすかったです。機内サービスは可もなく不可もなく、といったところでしょうか。帰りも同じくアシアナ航空で、ソウルを経由し名古屋まで戻ってきました。帰りはソウルでの乗り継ぎ時間が2時間弱だったので総じて10時間程の移動で早かったですね。カザフスタンは観光ビザを取得しなければいけないのが面倒でしたが、イシククル湖には機会があればまた是非訪れたいです。

大阪⇔アスタナ 31歳女性

とにかく格安でカザフスタンまで行きたくて、格安航空券の中でも最もお値段の安かった中国南方航空の航空券を予約してアスタナまで行ってきました。サービスは問題なかったのですが、何より移動に時間がかかりすぎました。数万円ケチってしまった自分を猛省です。まず、大阪から中国の大連まで2時間。大連周水子国際空港での待ち時間が4時間(長かった…)。大連から石家荘まで1時間。石家荘正定国際空港での待ち時間は約1時間(この空港は綺麗で快適!)。石家荘からウルムチまで4時間。ウルムチ地窩堡国際空港での待ち時間がなんと8時間…(23時着で翌8時発だったので空港内の乗り継ぎ専用ラウンジで仮眠)。ウルムチから念願のアスタナまで2時間30分でついに到着!乗り継ぎ計3回、待ち時間計14時間のかなり過酷な移動。しかも、それなりに中距離のフライトにもかかわらず、映画などが見られるモニターがついていた機は0機という……。持参していた小説も4回は読み返しました。アスタナで建築物の見学・勉強を終え、あっという間に帰国の途へ。幸い、復路のフライトはソウルで乗り継ぐエア・アスタナ便を利用したのですが、行きの過酷さとは比べようにならない快適さ!モニターもありましたしね。往路の旅程ももう少し若ければ耐えられたかも……。

カザフスタン旅行 よくあるFAQ

カザフスタンではどんなアクティビティが楽しめますか?

山脈に恵まれているため、スキーやハイキング、ほかにも乗馬やスケート、マウンテンバイクが楽しめます。

カザフスタンでは英語は通じますか?

カザフスタン人にはほぼ英語は通じません。公用語はロシア語です。

カザフスタン観光のベストシーズンはいつですか?

6月から9月が過ごしやすい気候です。

カザフスタンはどの国と接していますか?

ロシア、中国、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンと接しています。