1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ハンガリー

ハンガリー行き国際線航空券を比較・検索

ハンガリー旅行へ行く前に確認するポイント

ハンガリー旅行へ行く前に確認するポイント

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称----
人口約990万人
首都ブダペスト
国コードHU
言語ハンガリー語
国番号(電話用)36

ハンガリー発の航空券情報はこちら

ハンガリーまでは飛行機でおよそ13~14時間で行くことができます。ハンガリーの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なハンガリー旅行を楽しみましょう。


ハンガリーは中部ヨーロッパのドナウ川中流域に位置し、オーストリア、スロベニア、スロバキア、ウクライナ、ルーマニア、セルビア、クロアチアと隣接しています。ヨーロッパの一国ですが、最大民族のマジャール人はアジア系といわれ、ハンガリー語は他のヨーロッパの言語とは大きく異なっていることが知られています。

ハンガリー行き国際線航空券の最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からハンガリーへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からハンガリーへの直行便はありません。経由にかかる時間にもよりますが、フライト時間は13時間ほどです。

日本との時差

ハンガリーは日本より8時間遅れています。サマータイム期間(2016年3月27日(日)2時00分~2016年10月30日(日)3時00分)は、時差が1時間縮まります。

ハンガリーにおけるビザ・入国手続きについて

観光目的による入国は、滞在期間が90日以内であればビザは不要です。なお、パスポートの残存有効期間は出国時に3ヶ月以上必要です。入国審査では、イミグレーションカウンターで出入国カードとパスポートを提示します。パスポートにスタンプを押してもらって、出入国カードの半券を受け取ります。この半券は帰国の際に必要となりますので、紛失しないよう注意してください。またハンガリーはシェンゲン協定加盟国なので、他の加盟国から入国した場合にはで再度入国手続きをする必要はありません。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があります。渡航の際には大使館や領事館、または旅行代理店等に確認することをおすすめします。

ハンガリーの気候について

夏の平均気温はそれほど高くありませんが、日によっては猛暑になることもあります。しかし雨は少なく、じめじめする時期がないので比較的過ごしやすいでしょう。夏でも朝晩は冷えるので、上着を用意した方が無難です。冬の冷え込みは厳しく、マイナス10度くらいまで下がることもあります。春と秋は期間が短く、過ごしやすい気温ですが上着は必要です。

ハンガリーの免税について

商品購入時に店側に免税書類を作ってもらいましょう。帰国時、空港のリファウンドカウンターに購入レシート、未使用の商品、パスポート、搭乗券を提示して免税スタンプを押してもらいます。払い戻しの方法には、現金、クレジットカード、銀行小切手などがあります。

必要最低払い戻し購入額 175ユーロ
VAT税率 27%、18%(食品、宿泊施設代)、5%(医療品)
払い戻し率 13~19%、10%(食品)、3%(医薬品)
税関スタンプ受領期限 購入日から90日以内
免税書類申請期限 税関スタンプ受預日から150日以内
免税条件
  • 商品が未使用・未開封であること。
必要な税関スタンプ ハンガリー、またはEU圏最終出国税関
特記事項 ハンガリーで購入した骨董品や芸術品は免税対象外です。

ハンガリーの通貨とチップ

ハンガリーの通貨とチップ

画像の出典元: pixabay.com

通貨について

ハンガリーではフォリントを通貨として使用しています。紙幣は2万から500フォリントまで6種類、硬貨は200から5フォリントまで6種類の額面があります。

チップについて

ハンガリーにはチップを渡す習慣があります。レストランでは料金の10~20%程度、ホテルで特別なお願いをした場合はチップとして100~200フォリント程度、タクシーでは料金の10~15%程度が一般的です。しかし、サービスに満足しなかった場合にチップは不要です。

旅のお役立ち情報

ハンガリーの電圧とコンセント

ハンガリーの電圧とコンセント

ハンガリーの電圧は220Vなので、日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。プラグはCタイプです。

ハンガリーのネット環境

ハンガリーのネット環境

ハンガリーではFREE Wi-Fiの普及率もよく、レストランやカフェにはWi-Fiについての張り紙をしていなくてもたいてい設置されています。ハンガリーではネット税導入計画があり、それに反発し大規模なデモが行われひとまず見送りとなりました。

ハンガリーの飲料水

ハンガリーの飲料水

ハンガリーの水道水は飲めるようですが、お店でミネラルウォーターを購入されることをおすすめします。ミネラルウォーターは炭酸ガス入りと炭酸ガスなしがあるので購入する際はご確認ください。

文化・宗教・マナーについて

ハンガリーの文化

ハンガリー人は喜怒哀楽を隠さず表現し、気持ちをストレートに出す国民性といわれています。朝早くから活動し、仕事も早めに切り上げます。金曜日には午後3時ごろに仕事を終えることもあるようです。

ハンガリーの宗教

キリスト教がもっとも広まっていて、約39%がカトリック、約12%がカルヴァン派とされています。

ハンガリーのマナー

ハンガリー人の家に招待された際は手土産を持っていくことがマナーです。お酒を半分残しておけば、もういらないというサインになります。鼻をすすることはマナーがないと思われますのできちんとかみましょう。お店に入ったら挨拶をするのがマナーです。

ハンガリーの食文化

ハンガリーの食文化

画像の出典元: ja.wikipedia.org

ハンガリーではパプリカパウダーを使用している料理が多いことが特徴の1つにあげられます。パプリカーシュチルケ、グヤーシュ(スープ)、パプリカの肉詰め、レチョー(ソース)などはパプリカを使用した料理です。また、ハンガリーの肉料理は豚肉を使うことが多く、サワークリームが多用されることも特徴です。ハラーレス(スープ)、フォアグラのグリル、ホルトバージパラチンタ、ランゴス、ガルシュカなどもあります。お菓子ではドボシュトルタ、クゥルトゥシュカラーチ、トゥーロー・ルディなどが有名です。

ハンガリーの主要観光地と世界遺産

ハンガリーの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: flickr.com

ハンガリーの主要観光地

ハンガリーの観光地は首都ブダペストに集中しています。マーチャーシュ教会や漁夫の砦、ブダの王宮、セーチェニー鎖橋、聖イシュトヴァーン大聖堂、国立歌劇場等が定番の観光名所といえるでしょう。また、ハンガリーは温泉天国としても有名で、わけても市街の中心にあるセーチェニ温泉はヨーロッパ最大の浴場として有名です。その他にもゲッレールト温泉、ルダッシュ温泉、ルカーチ温泉、エゲル温泉などブダペスト市内だけで100を超える源泉があります。日本とは異なり要水着着用なので注意してください。

ハンガリーの世界遺産

ハンガリーの世界遺産は全部で8か所あります。文化遺産は、首都「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」や国内では最古級の「パンノンハルマのベネディクト会修道院と周辺の自然環境」、雄大な牧草地が広がる「ホルトバージ国立公園プスタ」、「ペーチの初期キリスト教墓地遺跡」や野生生物が多く生息する「フェルテー湖」、1000年以上続く「トカイワインの産地の歴史的文化的景観」、そして伝統的な古民家が建ち並ぶ「ホッローケーの古い集落とその周辺」の7か所。自然遺産は「アグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群」の1か所です。

ハンガリーのお土産について

ハンガリーのお土産にはパプリカパウダー、はちみつ、チョコレート、トゥーロー・ルディ、フォアグラ、トカイワインなどがおすすめです。ハンガリーの陶器ブランド「ヘレンド」やカロチャ刺繍、マチョー刺繍も有名で、かわいい雑貨がたくさんあり人気です。

ハンガリー行き航空券利用者の声

羽田⇔ブダペスト 28歳男性

仕事の関係でハンガリーの展示会に参加することになり、出張が決まったのでリスト・フェレンツ国際空港までの格安航空券を探しました。会社から近くアクセスも便利な羽田空港を利用することと、なるべくトランジット回数を減らして楽な移動にしたいというこだわりを持っていましたので、エミレーツ航空を利用してドバイ国際空港を経由するフライトプランにしました。羽田空港からドバイ国際空港まではおよそ11時間の長いフライトで正直きつかったですが、足の延ばしてリラックスすることができたり美味しい機内食を食べることができたので、思っていたよりは快適な空の旅を楽しめました。ただドバイ国際空港に到着したときはかなり体が痛かったので、トランジット時間が長い旅行者が利用できる無料のトランジットホテルにてベッドで睡眠をとりました。シャワーを利用したり、食事も無料でいただけるので、ドバイ国際空港を利用してトランジット時間が長い方にはおすすめですよ!ドバイ国際空港からもエミレーツ航空を利用してリスト・フェレンツ国際空港へ向かいました。フライト時間はおよそ6時間であり、さらには直前までトランジットホテルで体を休めることができていましたので、そこまで苦ではありませんでした。ブタペストでは観光などを楽しむ時間はなかったのですが、美味しい地元料理を提供するレストランに連れて行ってもらい、最高のハンガリー料理やワインを堪能することができました。もしまたハンガリーへ行く機会があったら、今度は「漁夫の砦」などの観光スポットを巡ってみたいです。

羽田⇔ブダペスト 22歳女性

卒業旅行に歴史や文化を感じることができるヨーロッパ諸国に行きたいという話があがっており、最終的にはハンガリーの首都ブタペストへの旅行が決定しました。なんとか飛行機代は安くすませたいと考えており、格安航空券を片っ端から調べたところ、カタール経由のフライトプランが最安値だったため、すぐに予約しました。日本で利用する空港は羽田空港と成田空港を選択することができたのですが、私たちのグループ全員が羽田空港に近かったため、羽田空港を選択しました。そこからカタール航空を利用してドーハ・ハマド国際空港でトランジットし、ハンガリーのリスト・フェレンツ国際空港へ向かうフライトプランでした。羽田空港からドーハ・ハマド国際空港までは12時間弱もかかるフライト時間だったので、多少睡眠をとることができましたがそれでもかなり疲労が溜まってしまいました。ドーハ・ハマド国際空港ではトランジット時間が長い旅行者向けに市内観光ツアーを無料で開催してくれるので私たちもそれに参加しようとしていたのですが、あまりに疲れていたためキャンセルし仮眠室で休むことにしました。免税店でのショッピングなども帰国の際にするように変更するほど疲れ切っていました。そこでの仮眠で少し体力を回復させ、残りのフライトも耐えた私たちは昼過ぎにブタペストに到着したのですが、ホテルに荷物を置いたらまた体を休め、その日はレストランでの食事以外外には出ませんでした。そのおかげで体力は回復し、翌日からは「セーチェニー鎖橋」や「漁夫の砦」、「ハンガリー国立歌劇場」などの観光スポットを楽しむことができました。長時間のフライトはかなりしんどかったですが、それでも来てよかったと心の底から思える卒業旅行でした。

羽田⇔ブダペスト 25歳男性

新婚旅行に本場のオペラを鑑賞したいということになり、オーストリアのウィーンなどが候補に挙がったのですが、他の観光スポットの兼ね合いもあって最終的にはハンガリーへ行くこととなりました。格安航空券でフライトプランを調べていたところ、ドバイ国際空港では免税店などが充実しているという情報があったので、せっかくならばトランジットで利用する空港でもショッピングなどを楽しみたいということで、UAE経由のルートにしました。羽田空港からエミレーツ航空を利用してドバイ国際空港に到着しました。行きでは空港内を散策して、ショッピングは帰りの便の際にしようと決めていたので、とりあえずは散策と食事を楽しみました。非常に広大な空港だったのですべてを見て回れませんでしたが、日本とはまた違った雰囲気となっており、散策するだけでも十分楽しめました。その後エミレーツ航空でフェレンツリスト国際空港まで向かい、観光スポットを巡りました。特に最大の目的としていた国立オペラ劇場は、生オペラの迫力だけでなく豪華絢爛な内装、日本では見ることのできない外観など、全てを楽しむことができました。他にもブタペストの街並みを感じながら散策したり、歴史を感じる教会や大聖堂などを堪能しました。帰りの便でもドバイ国際空港の免税店で大量にショッピングをし、最後の最後まで楽しめた新婚旅行でした。

ハンガリー旅行 よくあるFAQ

ハンガリーの物価は?

日本に比べて安いです。食事などレストランでも乙区に感じることが多いでしょう。

ハンガリーでは英語は通じますか?

基本的には表記もハンガリー語ですが、観光地などでは英語も通じます。

トランジットの便に乗り遅れてしまった場合、どうすれば良いでしょうか?

すぐに航空会社のヘルプデスクに行き相談してください。空席があれば次の便に振り替えてくれる可能性があります。