手軽に簡単!ホテル予約
  • Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

    Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

  • 1 - 大人 2 , 子供 0
    • 客室1
      2
      0

    シエラレオネ共和国の厳選ホテル

    skyticket シエラレオネナビ

    シエラレオネは、西アフリカの西部にある共和制国家です。18世紀後半に起こったイギリスの奴隷廃止運動により開放された奴隷達の定住地として選ばれたのがシエラレオネ半島で、その後はイギリスの植民地期を経て1961年に独立しました。ただそれからも10年以上もの間にわたって内戦が続き、エボラ出血熱が大流行したこともあり、今も世界で3番目に平均寿命の短い国のとなっています。民主化により落ち着きを取り戻したとはいえ、貧しい人も多く、首都であるフリータウンでも窃盗などの犯罪が多発しています。まだまだこれからといったところです。現在の危険レベルは1。エボラ出血熱が終息してきていることもあり、渡航できないわけではありません。樹齢500年を超える大きな綿の木はフリータウンのシンボルツリーとなっています。夕日の美しいラムリービーチは世界有数の素晴らしさといわれており、ヨーロッパからの観光客も多いです。タクガマ・チンパンジー保護区をまわるツアーも催行されています。シエラレオネ国立鉄道博物館は、鉄道好きならたまらないスポットでしょう。日本との時差が9時間もあり、なかなかアクセスが難しい国ですが、だからこそまた違った文化を楽しむことが出来ます。とはいえ、HIV患者の数も多く、熱帯性気候だからこその蚊を媒体としたマラリアやデング熱といった病気も流行しています。観光の際には薄手の長袖・長ズボンを着用するなど、かなり注意をしたほうが良いでしょう。首都であるフリータウン以外は交通インフラがほとんど無いため、よほど仕事で仕方がないという場合を除いて、旅に行くのは避けた方が良いでしょう。観光客を見てぼったくるバイクタクシーやツアーガイドもあり、まだまだのんびりと旅行が楽しめるといった環境にはありません。公用語は英語なので、言葉には困ることはないでしょう。首都フリータウンから入り江を渡ったところにルンギ国際空港があり、ヘイスティングズ空港などの国内線も10箇所と、一応の施設は揃ってはいます。