手軽に簡単!ホテル予約
  • Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

    Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

  • 1 - 大人 2 , 子供 0
    • 客室1
      2
      0

    マリ共和国の厳選ホテル

    skyticket マリナビ

    マリは西アフリカにある共和制の国で、モーリタニア・アルジェリア・ニジェール・ブルキナファソ・コートジボワール・ギニア・セネガルに囲まれた内陸国でバマコが首都です。北側の3分の1がサハラ砂漠の一部で、中心にニジェール川が流れ農耕地が広がり、南部は少し降水量が多いサバンナになっていることが特徴です。最大の都市でもある首都バマコですが、他にもシカソやセグーなどの都市も南部では重要な位置にあります。シカソは南部の農業地帯の中心都市で、バマコからコートジボワールの港湾都市アビジャンへ向かうマリでは最大の貿易ルート。綿花などの集散地として栄えています。国土の軸となるニジェール川沿いには、バマコやセグー、モプティ・トンブクトゥ・ガオなどの都市が連なっています。セグーは18世紀からバンバラ帝国とトゥクロール帝国が相次いで首都を置いて、植民地化された後もマラカラ・ダムからの灌漑で豊かな農耕地の中心です。モプティはフランスが建築した街で、ニジェール内陸デルタの中心都市で、マリからソンガイ帝国時代に繁栄しましたが、交易ルートの変化や周囲が砂漠化してきたことで小都市になっています。最東端にあるガオも砂漠気候に属してますが、ニジェール川本流沿いなので豊かな水があり、北部では最大の都市です。マリには世界遺産もあって、その一つであるジェンネは遊牧民と定住民の橋渡しとなるところで、サハラ交易の要衝となってました。商業的に結びついているトンブクトゥから川伝いに500km離れていて、二つの都市は前は双子の姉妹と称されていたほどです。ちなみにジェンネはボゾ語で水の精霊という意味があります。ジェンネ旧市街で最も象徴的なのが巨大な泥塗りのモスクで、1280年ごろにイスラームに改宗したジェンネ王コワ・コアンボロが宮殿を壊して、路地に壮麗なモスクを建築したのが起源です。もう一つ有名なのがトンブクトゥ。砂漠の民トゥアレグ族の都市で、マリ帝国・ソンガイ帝国時代に繁栄し西欧では黄金郷として知られていました。ただ、16世紀以降に次第に衰退していきました。