手軽に簡単!ホテル予約
  • Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

    Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

  • 1 - 大人 2 , 子供 0
    • 客室1
      2
      0

    ギニアビサウ共和国の厳選ホテル

    skyticket ギニア・ビサウナビ

    ギニア・ビサウはアフリカ大陸の西部に位置し、共和制国家として成りたっています。1446年にポルトガル人が上陸し、ポルトガルの植民地になりました。永らく南北アメリカ大陸への奴隷貿易の中継地地になっていましたが、1963年に独立戦争を戦ってギニア・カーボベルデ独立アフリカ党が国土の7割を解放して1973年、正式に独立宣言をしました。現在も公用語はポルトガル語を用いており、通貨もCFAフランが流通しています。ギニア・ビサウは西部に大西洋が広がる海洋性気候のため、年間を通して30度以上の高温になっているのが特徴です。ここではこの高温で日照時間が長い環境を生かしたカカオの栽培が盛んで、国の主要産業にもなっています。年間のカカオの出荷数は約420万トンを記録し、ガーナに次ぐアフリカ大陸第2位の生産国です。ギニア・ビサウの主なランドマークは、「ビジャゴ諸島」「ガロマーロ広場」「サンフィン旧市街地」です。「ビジャゴ諸島」はギニア・ビサウの首都ビサワから船で約140km離れた場所にある小さな島々で形成されており、1993年に世界自然遺産に指定されました。ここでは海洋生物のジュゴンやバンドウイルカが群れを成して生息しており、観光船に乗って見学することができます。「ガロマーロ広場」はビサワの中心部にあり、市民の憩いの場として活用されているところです。休日や祝日は数多くの食料品・民芸品を扱う露店が軒を連ねるため、市民だけでなく観光客もたくさん訪れます。「サンフィン旧市街地」はボラマにある歴史遺産地区で、ポルトガルの植民地であった頃の名残りを見ることができるところです。石畳で洋風城郭があるのは、ギニア・ビサウではこの旧市街地のみです。この国で宿泊するのにおすすめの地域は、首都のビサワです。ホテルと飲食店があるほか、国内各地に向かう路線バスの出発地点でもあるので、観光の拠点にするのに向いている場所といえます。