手軽に簡単!ホテル予約
  • Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

    Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

  • 1 - 大人 2 , 子供 0
    • 客室1
      2
      0

    ガボン共和国の厳選ホテル

    skyticket ガボンナビ

    ガボンは中部アフリカにある共和制国家で、赤道ギニア・カメルーン・コンゴ共和国と国境を接していて西は大西洋のギニア湾に面しています。首都のリーブルヴィルは観光地としても有名で、国立伝統芸術博物館やフランス文化センター、聖マリー大聖堂・ンケンボ・アルボレトム・ド・シバングなどがあります。空の玄関であるリーブルヴィル国際空港は、アフリカの各都市やフランスと結ばれています。ガボン西部にある港湾都市のポールジャンティは、第二の都市でもありオゴウェ・マリティム州の州都です。オゴウェ川デルタ西端の島にあり、天然の良港を持っています。フランスによって1903年に建設され、1950年代近郊で石油が発見されてから急速に発展しました。主に石油精製や製材などの産業、沖合にはボードロア・マリン油田があって同国の石油採掘と輸出の中心となっています。オゴウェ川の舟運を利用してンジョレまでは艀が運行出来るので、奥地にも連絡がしやすく資源の輸出港です。ガボン中部の都市ランバレネは、モワイエン・オゴウェ州の州都で首都のリーブルヴィルから南東150kmの場所にあります。オゴウェ川の中洲にあって水運を利用した農作物や家畜が多いです。ここはアルベルト・シュヴァイツァー博士の活動中心地としても有名で、博士は1913年にこの場所へ診療所を建築して1965年に亡くなるまで診療と伝道を続けました。彼が建築した病院は今でも残っていてガボンを代表する病院でもあり、診療所もそのまま残っていて記念館となっています。ガボンで初めての世界遺産であるロペ国立公園は、国の中央部にあり領域の殆どが熱帯雨林ですが、公園の北部には1万5千年前の氷河期に中央アフリカで形成されたサバナが残っています。1946年にロペ=オカンダ野生動物保護区が創設されたときに最初に保護された地域です。ガボンで5番目に大きい都市のモアンダは、南東部のオートオゴウェ州にあって世界最大級のマンガン鉱山がありオゴウェ鉱山で採掘されています。