手軽に簡単!ホテル予約
  • Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

    Press the down arrow key to interact with the calendar and select a date. Press the question mark key to get the keyboard shortcuts for changing dates.

  • 1 - 大人 2 , 子供 0
    • 客室1
      2
      0

    バルバドスの厳選ホテル

    skyticket バルバドスナビ

    バルバドスはカリブ海にある島国で、土台が全てサンゴ礁で構成されています。古くから人が住んでいましたが、1500年代にスペインによって一度無人島化され、植民地にならなかったという歴史があります。その後、スペインはバルバドスをプランテーションの地として利用しましたが、結局は放置されていました。それから17世紀に入るとイギリスが領有権を得て、入植者によって人口が増えることになります。イギリスの支配下でも中心となるのはプランテーションでスペインと変わらず、サトウキビが栽培されました。現代では全体的に民主主義の色が強いバルバドスですが、民主化が進行したのは1900年代に入ってからです。そして1966年にイギリスからの独立を果たしています。ただ独立した後もイギリス連邦の一部という立ち位置で、総督が元首代理を務めるという形式です。 カリブ海にはバルバドスの他にもイギリスの統治下であった国がいくつかありますが、その中でもバルバドスは群を抜いてイギリス色が残っている国です。バルバドスの首都はブリッジタウンという町で、全体がイギリスの統治下時代の特色があります。ブリッジタウンは名前からもわかるように橋が多くある町で、最も大きなものはひとつのランドマークとして成り立っています。町全体の雰囲気が観光の魅力となっていて、ホテルの数も多いです。また、ブリッジタウンは首都でありながら一部は「ブリッジタウン歴史地区とギャリソン」として、2011年に世界遺産に登録されました。ギャリソンに残されている兵舎は国を代表する建物で、現代でも綺麗な姿を維持しています。資源がすでに植民地時代のプランテーションから観光に切り替わり、それが成功した証です。そのためカリブ海の国々の中でバルバドスは比較的経済面で潤っているのも特徴です。バルバドスで歴史観光をする際の宿泊地には、ブリッジタウンを選択すると良いです。カリブにいながらイギリスの雰囲気を感じることができるでしょう。