空席を検索しています..各航空会社の情報にアクセスしているため時間がかかる場合があります。

雲シルエット

香港

香港 発の航空券情報はこちら
  • 人口 : -
  • 都市コード : HKG

今も昔も世界の人から愛される都市、香港

香港

画像の出典元: huiping ho

買い物、グルメ、観光、夜景、すべて最高のものが東京から4時間半で手に入る街、香港。1度は行きたく、行けば癖になる魅力にあふれた都市です。西洋と東洋の文化が見事にマッチし創りだされた独特の世界に魅了されてリピーターになる人は今も昔もあとを絶ちません。世界最先端のファッション、アートから中国古来の風水や寺院までここにある全てのものが、国境と時空をこえた世界に旅行客をいざないます。香港にいる間は1日アクティブに動きまわりましょう。疲れた時はエステでも東洋医学でもあなたを癒やす方法はたくさん用意されていますから。

香港の歴史

中国王朝の支配下にあった香港はアヘン戦争勃発の1842年からの約100年、イギリスの植民地となりその支配下にありました。その後日本の統治下に置かれた時期もありましたが、再びイギリス領となり1997年に中国に返還されるまで独自の文化、経済を発展させ世界を代表する都市へと成長しました。現在は、中華人民共和国 香港特別行政区として名実ともに中国の統治下にあります。いま、ゆっくりと中国の一部になっているように感じられます。

香港の経済

1997年にイギリスから中国に返還されたましたが、今も一国二制度のもと中国本土とは別の経済体制を持っており、通貨も独自の香港ドルを使用しています。イギリス領時代からニューヨークやロンドンとならび世界の3大金融センターとして発展した香港は、今もなお世界の有名な銀行や証券会社がひしめき合うアクティブな街として君臨しています。また観光客の多さは世界のトップ10前後の常連であり観光収入も香港経済を支える要素です。

香港行きの格安航空券について

香港までは現在10社ほどが直行便を就航させ、出発地も東京、大阪、名古屋、福岡、広島、沖縄とさすがの人気ぶり。おかげで格安航空券も多く用意されています。中でもバニラエア、ジェットスター、中国東方航空は成田空港からほぼ毎日運行され価格も魅力的です。チェックしてみましょう。なおジェットスターはときに片道1万円を切るような、驚きの格安航空券が発売されることもあります。これなら週末香港ステイも気軽に楽しめそうです。

香港の気候

年間を通して温暖な亜熱帯気候ですが12月~2月にかけては冬にあたります。この時期は長袖の上に薄手のニットやコートをご用意ください。5月~9月の夏は湿度が高く、日本以上に蒸し暑さを感じます。軽装な夏服がおすすめですが室内の冷房が強烈なので羽織ものは忘れずにお持ちください。それとペットボトルも必需品です。春や秋は気候も落ち着き過ごしやすい時期ですが、航空券の予約はぜひお早めに。

香港の主な交通手段

香港の主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

香港内の移動には大都会らしくあらゆる交通手段が用意されています。トラム、2階建てバス、地下鉄(MRT)、タクシー、フェリー、ピークトラム、どれも安く快適で観光客にもうれしい限りですし、乗ること自体が香港旅行の楽しみでもあります。うまく利用して香港を市街地から郊外の隅々まで楽しみましょう。交通機関用の共通電子カード「オクトパス・カード(八達通)」を購入すれば乗り降りもスムーズになりさらに快適です。

トラム 香港といえばこのトラム。ビクトリア湾を2階の座席から眺めればそれだけで香港観光ですね。早朝から深夜まで毎日運行されています。料金は2香港ドルで後払いです。
MRT 香港の主要地どこへでもMRTで行くことができます。料金は距離により異なり4香港ドル~26香港ドル。1日乗車券(大人65子ども30香港ドル)も用意されています。
2階建てバス バスも香港のあらゆる方面を網羅しています。終点地名と路線番号を確認して前方から乗りましょう。料金は距離により異なり現金の場合はお釣りはありませんのでご注意を。
ピークトラム 香港に来たらピークからの眺めを楽しみたいですね。世界最速のケーブル式トラムが急勾配を登り頂上へお連れします。片道20香港ドルですが30香港ドルの往復券を買いましょう。
タクシー 日本よりお得な料金に感じるタクシーはエリアによって車体の色が違います。赤は九龍・香港、緑は新界、青はランタオ島です。トンネル料金も加算されてメーターに表示されます。
スターフェリー 香港島と九龍側をいくつかのルートで結んでいますが1番人気なのはセントラルからチムサアチョイの8分間の観光ルートです。約2香港ドルの料金で何度でも乗ってしまう楽しさです。

香港 行き航空券利用者の声

成田↔香港 40歳男性

先日出張のため香港に行ってきました。行きも帰りもANAの航空券を利用しました。出張の時はいつもANAを利用しているのですが、今回もとても快適でした。搭乗開始時刻もぴったり守られていましたし、行きも帰りも定刻通りに到着したので、その後も予定にもスムーズに移動することができました。たまに少しキツそうな客室乗務員さんがいるときもありますが、今回のような短い時間のフライトでは特に気になりません。機内が清潔に保たれている点も日本人としては嬉しい点です。以前LCCの航空券を利用した時はとにかく時間にルーズといった感じで、あまりいい思いはしませんでした。ですので、僕個人の意見としては少し高い料金を支払ってでもフルサービスキャリアの航空券をとったほうが結果的にいいと思います。
香港には4月に行きましたが、日本よりも少し暖かい感じでスーツで歩いていると少し汗ばむ程度です。いつ行っても思いますが、やはり香港の夜景は美しいです。観光の人は、夜景の見えるレストランなどで食事をするといいでしょう。

成田↔香港 25歳女性

香港エクスプレスがセールをやっていたので、それを利用して香港まで友人と観光に行きました。何と片道10000円以下の航空券が販売しており、往復で15.000円程度しかかかりませんでした。航空券を予約をしたのが1か月以上前と早かったので、それが良かったのだと思います。
LCCということであまり期待をしていなかったのですが、思っていたよりも快適でした。シートも狭いと感じませんでしたし、乗務員の人も感じのいい人ばかりでした。
香港へは2泊3日の短い旅行だったので、特に手荷物を受託しませんした。また3時間ほどのフライトだったので食事もつけず、座席指定もしませんでした。いい節約にはなりましたが、機内エンターテインメントのないLCCであるとやはり退屈に感じます。ですので次に航空券を予約するときは座席指定くらいはして、友人と一緒に座りたいと思います。
香港ではグルメを中心に観光を楽しみました。夜の屋台では安い金額で食べ歩きができるので、とても楽しかったです。しかし、屋台では虫がとても多いです。衛生面で気になるという人は、通常のレストランでの食事をするといいとおもいます。

成田↔香港 30歳男性

会社の同僚と休みをとって一緒に香港に行ってきました。香港エクスプレスが安いと聞いていたので、その航空券を予約したかったのですが、ぎりぎりの予約だったためすでに金額が上がってしまっていました。そこで香港エクスプレスよりも安く航空券を販売していたバニラエアを使うことにしました。
フライトは5時間ほどだったので、機内食をオーダーすることにしました。牛丼を頼んだのですが、ホームページに乗っていたものと全然違って正直がっかりしました。運ばれてきたときにはさめてしまっており、温めてからしばらく放置をしていたんだろうなという印象です。700円程度の安いものなので多くは望みませんが、もう機内食を頼むことはないと思います。到着後の香港の空港ではフードコードやレストランが充実しており、もっと安い金額でおいしいものが売られていてちょっとがっかり。
香港は寺院なども周りましたが、そういった観光名所よりも僕たちは食べ物を中心に楽しみました。物価もちょっと安いので、お酒とともに食事を満喫した食い倒れツアーとなりました。

香港 旅行 よくあるFAQ

LCCで座席指定をしない場合、座席はいつわかりますか?

チェックインをした際に座席は決定されます。出発当日に搭乗手続きカウンターにてチェックインをするまで座席を知ることはできません。またLCCではチェックイン後好きな席に移動することはできないのでご注意ください。

機内食は何種類用意されていますか?

フルサービスキャリアのエコノミークラスでは、2種類の機内食から選ぶことができます。ビジネスクラス、ファーストクラスではより多くの選択肢の中から好きなものを選ぶことができます。メニューは事前に航空会社のウェブサイトで確認することも可能です。

機内食に和食はありますか?

日系の航空会社では和食が用意されています。海外の航空会社の場合、和食が用意されていないことも多いです。きになる方は事前に航空会社のウェブサイトでチェックしてみてください。

LCCでは足元のひろい席を予約することはできますか?

できますが通常の座席指定料に加えて、追加料金を支払う必要があります。座席のタイプによって設定されている金額は異なるので、予約時によく確認をしてから購入しましょう。