1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ドイツ
  4. ハンブルク

ハンブルクの概要

ハンブルク

画像の出典元: Bjoern Schwarz

人口-
都市コードHAM
人気の航空会社
  • 全日空
  • ルフトハンザドイツ航空
  • KLMオランダ航空
飛行時間12~14時間
ハンブルク発の航空券情報はこちら

ハンブルクまでは飛行機でおよそ12~14時間で行くことができます。ハンブルクの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてハンブルク旅行を有意義に楽しみましょう。

ハンブルク行きの最安値を比較

ドイツ国内からのハンブルク行き 最安値を比較

歴史的建造物をもつ北ドイツ経済の中心「ハンブルク」

ドイツの北西部に位置する港湾都市「ハンブルク」。ドイツ国内ではベルリンに次ぐ、第2の都市と言われているハンブルクは、欧州随一の歓楽街があり、経済も盛んです。中央にあるアルスター湖は観光名所のひとつ。ハンブルクのシンボルともいえるこの湖は、観光客も多く人気が高いスポットです。他にも、アーレンスブルク城などのお城や、聖ミヒャエル教会といった施設など歴史的にも価値のある建造物が、ハンブルクには数多く残っています。一方スポーツでは、サッカーのハンブルガーSVというプロサッカーチームの本拠地としても有名です。

ハンブルクの歴史

ハンブルクでは、808年にカール大帝によって前哨基地である城塞が築かれました。そして811年には、キリスト教の布教を推進する為、城塞の近くに大聖堂が建設され、現在のハンブルクとしての基礎が整備されます。1189年には、神聖ローマ帝国の皇帝であるフリードリヒ1世により、船舶における航行の特許状が与えられました。後に、ハンザ同盟の一員として、富裕な交易都市のひとつとなり、繁栄を極めます。そして、神聖ローマ皇帝より自由都市としての特権が与えられ、現在でもその地位を維持しているのです。

ハンブルクの経済

中世よりエルベ川沿いの港湾商業都市として、経済的に大きな発展を遂げ、ドイツ屈指の規模と整備を誇る港湾となっており、国内最大の物流拠点です。日本の企業も、ハンブルクに貿易の拠点を置いている所があります。さらに、近年ではほかの企業も活発な展開を見せており、充実した交通網を背景に、航空やバイオ産業などにも積極的な進出を行っているハンブルク。今後の経済発展も大いに期待できる都市です。

ハンブルク行きの格安航空券について

日本からハンブルク国際空港への直行便はなく、最低でも1か所以上経由する必要があり、ドイツのフランクフルトやミュンヘン、ロンドンなど、ヨーロッパ各国から乗り継いでハンブルクへ向かうことになります。主要な航空会社としてはルフトハンザ航空、ブリティッシュ・エアラインズ、日本航空など。また、スカイチケットで格安航空券を入手できるのは、ドバイ経由のエミレーツ航空です。

ハンブルクの気候

ハンブルクの気候は曇りがちで、ドイツ国内のみならず、他の欧州都市に比べて雨量が多いといわれています。真夏でも最高気温が25度以下になることが多く、湿度も低いため過ごしやすい気候です。しかし、ハンブルクの冬の寒さは日本よりも厳しく、最高気温が氷点下になることもしばしば。厚めのコートやジャケットを持っていくことをお勧めします。また、真夏のシーズンに行く場合は、薄手の羽織ものがあると安心です。

ハンブルクの主な交通手段

ハンブルクの主な交通手段

画像の出典元: upload.wikimedia.org

ハンブルクの主な交通機関は、鉄道、バスです。メインの鉄道は地下鉄と近郊電車(Uバーン・Sバーン)の2パターン。観光客にとっても、主要な交通網となるでしょう。また、1週間や1か月単位で乗り放題の券も販売しているので、長期滞在の際に便利です。バスは鉄道と共通のチケットで乗車可能なのでお勧め。また、体力に自信がある方は自転車もいいかもしれません。市内には自転車をレンタルできるショップが約120店舗以上点在するので、気軽に利用可能です。

ハンブルク行き航空券利用者の声

大阪⇔ハンブルグ 32歳女性

現在神戸に住んでいる2児の主婦です。主人が仕事の都合でドイツのハンブルグに単身赴任しているため、子供二人の夏休みを利用して主人に会いに行くことに。航空券を探す時に重視したのは時間帯です。子供は4歳と8歳なのでさほど手はかからないとはいえ、やはり乗り継ぎ時間が長かったり発着の時間帯が早朝や深夜は避けて検索をしました。その結果選んだのがお値段は少しはりますが、時間帯も乗り継ぎ時間も少ないルフトハンザ航空です。独身時代には一人で海外旅行に何度も行ってはいるのですが、一人でしかも二人の子連れということで少々不安はありました。しかし客室乗務員の方も親切で「何かあれば声をかけて下さい」と暖かなお言葉も頂き一安心。周囲の人もみないい人で、私がおトイレに行く際も子供に話しかけたりと協力的な方で運が良かったと思っています。ハンブルグでは市庁舎やアルスター湖などいろいろ観光しましたが、特に子供たちのお気に入りはやはり動物園だったようです。このハンブルグ動物園は檻や柵がほとんどなく動物を間近に見ることができ、しかも象に餌までやれてしまうなんて大人でも興奮しますね。3週間滞在したのち、美味しいジャムや蜂蜜をお土産として大量に購入し、子供たちと共に日本へ帰国しました。主人の単身赴任はあと1年半なので、ぜひもう一度行きたいと思っています。

成田⇔ハンブルグ 20歳女性

大学の夏休みを利用してドイツのハンブルグに1カ月の語学留学に行くことにしました。大学で専攻しているドイツ語を、本場ドイツでレベルアップするためです。ハンブルグを選んだのは、海に近い町に生まれ育ったため、少しでも海の近い町で勉強したかったからです。(ドイツは海に接している町が少ないので)。勉強する学校はすぐに決まったのですが、夏休みということもありチケット探しが難航しました。金土曜日出発が高くなるということから、平日出発に絞って格安航空券を検索。そんな中見つかったのがKLMオランダ空港でした。KLMオランダ空港は機内食も美味しく、グッズも可愛い物が!機内ではついついKLMの客室乗務員の制服を着たミッフィーちゃんをお買い上げしてしまいました。ハンブルグでは毎週「フィッシュマルクト」で美味しい魚を食べたり、ヨーロッパ最大のショッピングアーケード「パサージュ」などもよく訪れた場所です。もちろんドイツ語も日本で勉強するよりも格段にレベルアップした気がします。友人も出来楽しい毎日を過ごしていたのですが、予定の1カ月もすぐにすぎ日本へ帰国することに。空港に見送りに来てくれた友人たちと別れを惜しみつつ、次は長期留学で来ようと飛行機の中で決心しました。

成田⇔ハンブルグ 28歳男性

学生時代からバックパッカーなどでアジアをめぐり、社会人になっても休みが取れる度にどこかへ行っている僕の今回の目的地はハンブルグです。ドイツのミュンヘンやフランクフルトは行ったことがあったので、違う場所に行きたいと思いつき選んだハンブルグ。ヨーロッパでも有名なドイツの歌舞伎町ことレーパーバーンやハンブルグから電車で40分程の、「バルト海の女王」と呼ばれるリューベック旧市街が目的です。旅費節約のために格安航空券を検索した結果、一番安かったのがエミレーツ航空。サービスの点などであまりいい評判を聞いていなかったので、不安でしたが実際には客室乗務員の方はみな親切で特に問題なく過ごせました。ドバイでは時間つぶしの娯楽が沢山あり、乗り継時間の2時間が短く感じるほど。そしてお目当てのハンブルグは予想通りの町。豪華な家が建ち並ぶアルスター湖の周辺とは全く異なる猥雑な雰囲気を持つ、レーパーバーン。実はここは知る人ぞ知る、ビートルズファンには有名な場所で、無名時代のビートルズが毎晩ここで演奏していたのだとか。そんなレーパーバーンや市庁舎や教会などを観光。もちろん目当てだった美しいリューベックにも行き、満足して日本へ戻ることに。以前バックパッカーをしていた頃のように、長い時間を過ごして好きな場所に行けないのがつらいところだと感じてしまう、今日この頃です。

ハンブルク旅行 よくあるFAQ

ベジタリアンなのですが、食べられる食事はありますか?

航空会社によって、宗教対応食・ベジタリアン食などの特別食の用意がありますので、各航空会社に問い合わせてください。また特別食は事前の申し込みが必要です。

インターネットで航空券を予約する際、マイルカードの情報入力を忘れてしまいました。空港でも対応してもらえますか?

空港でチェックインをする際に、担当航空会社の係窓口に申し付けて下さい。その場で対応してもらえます。

荷物を預けた際にスーツケースが破損してしまったようです。弁償はしてもらえるのでしょうか?

まずは空港係員にお知らせください。その後各航空会社の規定に乗っ取り対応してもらえます。ただし、時間が過ぎると対応外になってしまうこともありますの早急の対応をお薦めします。

乳幼児はいつから飛行機に乗れますか?

各航空会社によって異なりますが、例えばANAやJALの場合生後8日から搭乗することができます。