1. トップ
  2. ハワイ/太平洋地域
  3. グアム

グアム旅行へ行く前に確認するポイント

Territory of Guam

https://goo.gl/fE5hJn

画像の出典元: goo.gl

正式名称グアム準州
人口約16万人
首都ハガニア
国コードGU
言語英語、チャモロゴ
国番号(電話用)1
グアム発の航空券情報はこちら

グアムまでは飛行機でおよそ4~6時間で行くことができます。グアムの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なグアム旅行を楽しみましょう。


グアムの太平洋のマリアナ諸島の南端に浮かぶ島です。米西戦争から、アメリカの海外領土になりました。日本からも近く、日本人観光客がとても多い地域です。

グアム行きの最安値を比較

  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 札幌 (新千歳空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発
  • 小松 (小松空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からグアムへの渡航について

直行便と飛行時間

グアムは人気の観光地であるため、多くの直行便が就航しています。JALやANAといった日本の代表的な航空会社の路線はもちろん、デルタ航空やユナイテッド航空などの航空会社の路線もあるので価格を比較して航空券を予約するといいでしょう。また、成田空港からグアム国際空港までは、およそ3時間40分のフライトで到着します。

日本との時差

日本のとグアムとの時差はわずか1時間です。日本よりも東にあるため、日本が正午の時は、グアムでは午後1時です。さらに、グアムではサマータイムが実施されていないので、夏も混乱することはありません。そのため、時差をあまり気にせずに過ごすことができます。

グアムにおけるビザ・入国手続きについて

一般的にアメリカ合衆国に91日以上滞在する場合はビザの申請が必要です。90日以内しか滞在しない方は、アメリカのビザ免除プログラムによって、ESTAの申請をする必要があります。しかし、グアムはアメリカの準州で、北マリアナ連邦ビザ免除プログラムが適用されます。そのため、滞在が45日以内なら、機内でI-94、I-736という書類の提出をすれば、ESTAに申請する必要はありません。

グアムの気候について

グアムは海洋性熱帯気候に属しています。その特徴は高温多湿。年間を通して、最低気温でも約25℃、最高気温は35℃に達します。そのため、南国のリゾートで海水浴などを楽しむのに、オススメの観光地域といえるでしょう。また、熱帯なので季節は雨季と乾季に分かれます。6月~12月が雨季なので、スコールには注意しましょう。なお、降水量が少ないのは、1月~4月です。

グアムの免税について

グアムには消費税がありません。そのため、ショッピングを楽しみに行く方も多いのではと思います。しかし、グアムで免税品を購入しても、日本に持ち帰ったときに、税が課される場合があります。例えば、購入金額が20万円を超えているときは、課税対象です。さらに、お酒やタバコについては数量による制限があるので、詳しくは日本の税関のHPなどでご確認ください。

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 店舗によって売上税(GRT)が6%、ホテル税が11%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

グアムの通貨とチップ

画像の出典元: flic.kr

通貨について

グアムの通貨はアメリカ合衆国と同様にアメリカドルが使われています。紙幣は1,5,10,20,50,100ドルの6種類。硬貨は主1,5,10,25セントの4種類あります。

チップについて

グアムは日本と異なり、サービスをしてくれた人にチップを渡す習慣が根付いています。渡す金額の目安としては、ホテルのボーイに荷物を運んでもらった時は、荷物1つに1ドル。ルーム・メイドには1泊ごとに、机に1ドル置いておきましょう。また、タクシーやレストランでは料金の10~15%がチップの金額の目安です。ただし、日本人観光客が多いので、レストランなどではチップの料金が会計に含まれていることがあります。請求書にService Chargeの金額が記されていれば、チップが会計に含まれているということなので覚えておきましょう。

旅のお役立ち情報

グアムのコンセント形状はtype-a

グアムの電圧とコンセント

グアムの電圧は110~120Vです。そのため日本の電化製品は、長期間の使用で故障や火災の原因になります。念のため、変圧器を用意しておくといいでしょう。また、ほとんどのホテルにドライヤーは備え付けられています。なお、コンセントは3穴ですが、日本のプラグを使用することが可能です。

77

グアムのネット環境

グアムでは近年、ホテルやファストフード店で無料のWi-Fiスポットが充実しました。店舗の入口の看板などで、分かるようになっているので、賢く活用しましょう。わざわざ無料Wi-Fiスポットを探すのが面倒という方には、Wi-Fiのレンタルがオススメです。ネットを使って、便利に楽しくグアムを過ごせます。

103

グアムの飲料水

グアムは石灰質の台地であるため、水道水にも石灰質がたくさん含まれています。そのため飲むことは可能ですが、水道水は硬水です。ミネラルウォーターを飲みたい方は、スーパーなどで購入するといいでしょう。

文化・宗教・マナーについて

グアムの文化

グアムにはマリアナ諸島の先住民が培ったチャモロ文化があります。バレンバトゥーザンというひょうたんを使った楽器を使った演奏や神話を表現した舞踊など、伝統文化が今でも受け継がれています。また、グアムの文化に強い影響を与えたのがスペインです。グアムを植民したスペインの文化が、ファッションや建築様式から見ることができます。

グアムの宗教

現在、グアムの人口の約85%がカトリック教徒です。しかし、17世紀のヨーロッパ人の入植以前では、祖先の霊を信仰していました。

グアムのマナー

グアムでは公共の場やホテルでの喫煙が禁止されています。またビーチでのタバコのポイ捨ても罰金の対象になるので、要注意です。さらに、グアムではあいさつにも気をつけましょう。お店に入った時には「Hi」と言い、商品を触る時はひとこと店員に声をかけるようにしましょう。また、マナーではありませんが、お酒についてもルールがあります。21歳未満の飲酒やビーチでの飲酒の禁止。そしてお酒の販売する時間など、細かいルールがあるので、事前に確認しておくといいでしょう。

グアムの食文化

画像の出典元: flic.kr

グアムに古くから伝わるチャモロ料理は、辛味と甘味と酸味が一緒になった料理。ターメリックやアチョーデといった調味料が使われています。そのチャモロ料理の代表格がケラグエンです。ケラグエンは魚介類やチキンをレモンやココナッツでマリネにしたもので、グアムではポピュラーな存在です。他にも、お米をアチョーデで味付けしたレッドライスや、グアム風の春巻きのルンビアなど、種類も豊富。チャモロ料理はホテルの食事や専門店など、多くのシーンで食べることができます。

グアムの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: goo.gl

グアムの主要観光地

グアムの観光スポットといえば、やはりビーチが目玉です。ホテル通りの近くにあるタモンビーチは、多くの観光客で賑わいます。恋人岬と呼ばれる名所も人気の観光スポット。美しい海と海岸線を眺めることができるので、まさに恋人と訪れたい場所です。他にもイパオビーチなど、キレイな魚と一緒に泳げるビーチがたくさんあります。 また、現地の文化に触れる観光スポットとして、チャモロビレッジも欠かせません。屋台では料理を提供しているだけでなく、お土産などを買うのにもオススメです。グアムの観光は、青い海と独自の文化を楽しむのが定番です。

グアムの世界遺産

グアムには世界遺産はありませんが、有名な遺跡のラッテ・ストーンがあります。キノコのような形をしているサンゴ石のラッテ・ストーンは、グアムの先住民チャモロ人によって作られました。しかし、ラッテ・ストーンは作られた目的など、未だに多くの謎に包まれています。 また、グアムは太平洋戦争の激戦地でした。そのため、島内には防空壕など、多くの戦跡が残っています。太平洋戦争博物館では日本軍の戦闘機を展示しており、戦地だったグアムを知ることができます。 そして、アプガン砦もグアムの遺産として有名な場所。スペインがグアムを統治していた時代にチャモロ族の反乱に備えて建てられたスペイン軍の砦の跡です。太平洋戦争では日本軍が砲台や弾薬庫としても使用しました。このアプガン砦にはスペイン軍の大砲のレプリカが飾られており、当時のようすを再現しています。アプガン砦は高台にあるので、ここからの海の眺めは壮観です。他にも、スペイン古橋や聖母マリア大聖堂など、スペイン統治時代の面影が今も残っています。

グアムのお土産について

グアムの定番のお土産といえば、グアムビールやパンケーキミックス、チョコレートが有名です。また、コーヒーも人気のお土産です。さらに、食品以外にも雑貨もオススメ。カラフルなポーチやオシャレなデザインのナンバープレートは、グアムに訪れたいい記念になります。

グアム行き航空券利用者の声

成田⇔グアム 20代女性

彼氏と入籍するので、結婚指輪を購入がてらグアムに行ってきました。もう3回目なのでツアーではなく旅費を少しでも抑える為に、格安航空券を利用しました。私たちが利用した飛行機はなんと日本航空でした。旅行の日程をどうにでも合わせられたので、運よく最安値で購入できたのだと思います。夜間のフライトですと空港のショップもほとんど閉鎖してしまい、第二ターミナルの空港ラウンジで出発までゆっくり過ごせたので快適でした。日系の旅客機はサービスも世界屈指で、何といっても嬉しいのは、アルコールの飲み放題です。2人とも酒豪なので、キャビンの方が心配して声をかけてくださる程飲んでしまいました。軽食もほんとに美味しくて申し分ない程のフライトでした。あっという間に現地に到着して、入国手続きへ進むと、深夜の時間にも関わらず行列を作っていました。空港からはタクシーでタモンの街へ行き、アウトリガーホテルに到着。1月の旅行だったので寒い日本からたったの3時間くらいでこんなにも常夏の島にこれるのが何度来ても驚くほどです。ひと昔は日本人客ばかりでしたが今は中国人の旅行客で賑わってるなぁという印象が強いです。何はともあれ今回の旅行は格安航空券を探してホントによかった旅行で大変満足しています。

セントレア⇔グアム 20代男性

大学の卒業旅行で男3人でグアムへ行きました。バイトで旅費を稼いだりと、みんな学生なので、出来るだけ格安な旅を希望していました。仲間の1人が格安チケットをネットで検索して、ツアーよりも全然安くいく事ができました。自分たちが搭乗した飛行機はデルタ航空の夜間の便でした。機内はほとんど日本人ばかりで、夜の便ともあってかとても静かでした。テンションはマックスでしたが、いい大人なのでここはおとなしくと映画を観て過ごしました。多少の英語力ですが、入国審査もスムーズに通過して、自分の荷物を持っていざ常夏のリゾートへ!4日間の滞在期間でしたが毎日ビーチで日焼けをし、現地の食事を堪能しながら最後の学生生活を満喫しました。名残惜しみながら日本へ帰国の便へ。離陸すると段々と小さくなっていく島を見ながら来月から頑張って社会人になろうと心に決めました。休暇と機会があればまた行ってみたいです。

羽田⇔グアム 60代男性

グアムに住んでいる娘の家に、女房と二人で旅行がてらに行くことになりました。宿は用意してくれてるので航空券だけ自分で探しました。お恥ずかしい話、現在は仕事を退職して時間をあり余していますが、今まで旅行など行ったことがなかったので、飛行機事体が初めてでした。格安航空券を利用することに抵抗はありましたが、安い事に越したことはないと思い切って購入しました。我々が利用した航空会社はユナイテッド航空というアメリカの旅客機で、日本語も通じると言われたので安心しました。何もかもが初めてで緊張しましたが、カウンターでの丁寧な説明を受けて次第に緊張がほぐれてきました。ですが、搭乗していざ離陸となるとやはり怖いものです。シートベルトサインが消えるまで二人とも無口でこのまま落ちてしまうのではないかと不安で張り裂けそうでした。そんなのもつかの間、機内では映画を観たりリラックスが出来てつい寝てしまいました。あっという間に到着し、空港には娘が迎えに来てくれて無事に異国の地を踏んだのだとホッとしました。海外が初めてでしたが、いろんな国へ行ってみたくなり海外旅行にハマりつつあります。格安航空券を利用するとこんなにも安く旅行が出来るのかと知り、次の行先を検討中です。また、利用させて頂きます。

グアム旅行 よくあるFAQ

グアムはいつがベストシーズンですか?

料金が安くなるのは、年明け過ぎた1月から2月ごろ、GWや3月の春休みごろも比較的恵まれた天候です。

グアムへ行くときの服装は半袖だけでいいですか?

グアムは一年中温暖な観光に恵まれるため、外出時は半袖で十分です。しかし店内などかなり冷房が利いているため、羽織ものを持ち歩くことをおすすめします。

ベビーカーは機内に持ち込めますか?また料金はかかりますか?

原則機内に持ち込むことはできません。ですが、機内持ち込み手荷物許容量の枠内の大きさに折りたためるベビーカーであれば、折りたたんだ状態で持ち込み、または無料で持ち込み可能です。ただし、無料手荷物許容量を超える場合は超過手荷物料金のお支払いが必要です。
また、航空会社、シートクラス、行き先によって異なりますので事前に確認することをお勧めします。