フランス最古で最大の港町!マルセイユでおすすめの観光スポット27選

画像出典:trabantos

フランス最古で最大の港町!マルセイユでおすすめの観光スポット27選

フランスを代表する観光都市パリとリヨンに次ぐ、第三の都市として知られるマルセイユ。フランス最大級の港を有するマルセイユは、地中海の貿易の拠点として栄えた輝かしい歴史を持つ港湾都市です。その歴史はなんと約2600年。古くから栄えてきた港町らしく、マルセイユにはエキゾチックな雰囲気を楽しめる観光スポットがたくさんあります。2013年には欧州文化都市にも選ばれ、歴史スポットに加え多くの文化施設が増えつつあるマルセイユ。パリのリヨン駅からTGV(高速鉄道)で3時間と、気軽に足を運べるのも魅力です。それでは、フランス最古の港湾都市マルセイユでぜひ訪れたいおすすめの観光スポットをご紹介していきましょう。

目次

フランス最古で最大の港町!マルセイユでおすすめの観光スポット27選

目次を閉じる

1.ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院

出典: Sergey Novikov/Shutterstock

「ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院」は、マルセイユの小高い丘の上に佇むローマ・ビザンチン様式の聖堂です。教会から眺める青い海と街並みは素晴らしく、絶景スポットとしても人気を博しています。大聖堂の塔には金色に輝く聖母像がそびえ立っており、まるでマルセイユの人々を見守っているかのようです。

内部の壁には美しいモザイク画が描かれているほか、柱には特徴的な紅白の縞模様が施されています。港町として栄えたマルセイユの聖堂だけあって、航海の無事を祈る船の模型もたくさん見られますよ。壁には第二次世界大戦時に受けた銃弾の跡もあり、マルセイユの歴史も垣間見られる観光地となっています。

聖堂は毎朝7時に開くので、朝の礼拝に参加してみるのも良いでしょう。朝日に照らされるマルセイユの街並みも見逃せません。マルセイユの長い歴史に触れながら地中海の絶景をも楽しめる、そんなマルセイユを代表する観光スポットです。

2.マルセイユ旧港

出典: S-F/Shutterstock

フランス最古の港として有名な「マルセイユ旧港」。19世紀までは貿易の中心として活躍しましたが、現在は小型船舶用のヨットハーバーとして使用されています。そんな旧港の名物といえば、中央にあるベルジュ埠頭で開かれる市場。水揚げされたばかりの新鮮な魚介類のほか、石鹸やお茶など様々な品物が並びます。

日本でもお馴染みのサバやマグロに始まり、オマール海老やムール貝、ウツボ、カキ、タコなどマルセイユ自慢のシーフードが並ぶ様子は見ているだけでも楽しいですよ。旧港周辺にはレストランもたくさんあるので、本場の味を堪能してみるのもおすすめです。中でも名物のブイヤベースはぜひ食べておきたいですね。

もう一つ、マルセイユの名物として有名なの物といえば石鹸。色とりどりのかわいらしい石鹸は、マルセイユの定番土産としても高い人気を得ています。天然素材だけで作られている上、体だけでなく全身に使えるのもうれしいところ。雑貨類が目当ての方は、午後から市場へ行ってみると良いですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マルセイユでおすすめの記事

マルセイユのアクセスランキング