アントワープの観光はここ!訪れたいおすすめスポットを紹介!

画像出典:Mapics

アントワープの観光はここ!訪れたいおすすめスポットを紹介!

アントワープはベルギーの中でも2番目に大きな街です。そしてこちらのアントワープは、ひと言では言い表せない魅力にあふれた観光の街なのです。

例えばヨーロッパ屈指の港町という顔もあれば、画家ルーベンスの故郷として芸術の街である顔もある、さらにはいたる所にダイヤモンドが売られているダイヤモンドの街、といった観光に魅力的なたくさんの顔を持っています。しかし日本人に一番印象的なのが、あの『フランダースの犬』の舞台であるということではないでしょうか?

今回はそんな一言では言い表せない無数の魅力を持った、アントワープの観光におすすめのスポットを紹介させていただきます。

目次

アントワープの観光はここ!訪れたいおすすめスポットを紹介!

目次を閉じる

1:アントワープ中央駅

出典: commons.wikimedia.org

アントワープには、見た目は宮殿か大聖堂に間違えるほどの壮麗な駅があります。アントワープ中央駅です。

その美しさはヨーロッパでも随一で、鉄道の大聖堂と呼ばれるその絢爛な姿は、駅とは思えない観光スポットと言えるでしょう。こちらのアントワープ中央駅は多くの方が利用する、アントワープのメインステーションとして活躍しています。

そしてその美しさから多くの映画の撮影にも利用されています。もしかしたら、スクリーンの中で見たことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。観光のしがいがあるで、駅を利用しない方でも観光するために訪れる価値はありますよ。

また、こちらの駅周辺にはダイヤモンドのお店が数多くあります。さすがダイヤモンドの街、と言われる感じがしますよ。ぜひ、美しい駅の魅力を感じに観光してみてください。

2:グロート・マルクト

出典: commons.wikimedia.org

アントワープには美しい広場が多くあります。その中でもアントワープの名前の由来となった、英雄の像があり有名な広場があります。それがグロート・マルクトです。こちらのアントワープの広場は歴史的にも美しい建築物が広がる広場で、多くの観光客が訪れる人気観光スポットです。

そして、この広場の中心に英雄ブラヴォーの像の噴水があります。こちらの像は、英雄ブラヴォーが巨人アンティゴーンを退治したシーンを表現しています。その巨人の手を切り落として川に投げ入れようとしている場面です。そして、そのシーンから連想する古英語の「hand(手)+wearpen(投げる)」の音が転じ「Antwerpen(アントワープ)」となったと言われています。

諸説ありますが、こちらの伝説がアントワープの名を生み出したので、アントワープに訪れたのなら、一度は足を運びたい観光スポットと言えますよね。

3:アントワープ市庁舎

出典: commons.wikimedia.org

アントワープには16世紀に建てられた、歴史を感じる観光におすすめの市庁舎があります。それがアントワープ市庁舎です。こちらのアントワープの市庁舎は、ルネッサンス様式の左右対称が美しい魅力的な建築物。その外観は実に威風堂々としており、ヨーロッパの建築を感じたい方なら、ぜひ見ておきたい観光スポットです。

そしてこちらは先ほど紹介した広場、グロート・マルクトに建っているので、英雄ブラヴォーの像と一緒に写真を撮るのが定番となっています。その風景は実にマッチしているので、ぜひとも一緒の写真に収めてみてください。

また、こちらのスポットは『フランダースの犬』の主人公ネロが応募した、絵画コンクールの授賞式があった場所。日本人なら訪れたい観光スポットと言えるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アントワープでおすすめの記事

アントワープのアクセスランキング