フレスコ画の最高傑作!セルビアの世界遺産、ストゥデニツァ修道院をご紹介します

画像出典:Iuliia Kudrina

フレスコ画の最高傑作!セルビアの世界遺産、ストゥデニツァ修道院をご紹介します

目次

フレスコ画の最高傑作!セルビアの世界遺産、ストゥデニツァ修道院をご紹介します

目次を閉じる

ストゥデニツァ修道院のおすすめポイント③ : クラリェヴォ

出典: master2 / istock

クラリェヴォは世界遺産のストゥデニツァ修道院の観光の拠点となる町。近くには1206年に創設されたジチャ修道院があり、ここは初代セルビア国王の戴冠式が行われた場所として知られています。また13世紀頃に造られた中世の城塞都市マグリッチなどの観光スポットがあります。どれもセルビアを代表する観光名所なので、併せて訪れてみてくださいね。

「クラリェヴォ」とは「王の町」という意味で、19世紀末にセルビア王国の初代国王ミラン1世の時代に名付けられたそうです。市街地には聖サヴァ広場、国立博物館、聖三位一体聖堂、19世紀の邸宅であるゴスポダル・ヴァシン・コナックなどがあります。

◎まとめ

世界遺産ストゥデニツァ修道院や同じくセルビアの世界遺産のソポチャニ修道院は、静かな山奥にあります。アクセスはたいへんですが、当時の最高傑作といわれたフレスコ画を鑑賞できるのは価値ある体験といえますね。また世界遺産ストゥデニツァ修道院周辺には遺跡がいくつかあるので、 クラリェヴォの町を拠点にこれらの遺跡を訪ねるのもおすすめですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

セルビアでおすすめの記事

セルビアのアクセスランキング