旅人たちをも魅了する!ベネズエラのおすすめ観光スポット5選

画像出典:Andreas Lehner

旅人たちをも魅了する!ベネズエラのおすすめ観光スポット5選

GoToキャンペーンバナー

今回ご紹介させて頂くのは、日本から遠く離れたベネズエラと言う国です。ベネズエラという名前で浸透していますが、正式名称はベネズエラ・ボリバル共和国と言うんですよ!場所は南米の北部に位置し、東にはガイアナ、西にはコロンビア、そして南にブラジルと国境を接しています。北部はカリブ海と大西洋に面しているので、ビーチもあるのが魅力的!

ベネズエラの首都「カラカス」は南米大陸屈指の大自然の宝庫。おすすめの観光スポットが沢山あるので、たっぷりと満喫する事ができるでしょう。ぜひあなたもベネズエラへ旅行することがあれば、こちらをご参考にして頂ければ幸いです。思い出に残る楽しい旅になりますようにお手伝いします。

目次

旅人たちをも魅了する!ベネズエラのおすすめ観光スポット5選

目次を閉じる

1.アウラ・マグナ(講堂)

出典: de.wikipedia.org

最初にご紹介するのは、アウラ・マグナという講堂です。2000年に世界遺産となった大学都市カラカスには、建築家であるカルロス・ラウル・ビリャヌエバ氏と仲間たちで作られた学園都市があります。

オリンピック・スタジアム、アウラ・マグナ講堂にはアメリカの彫刻家であるアレキサンダー・カルダー氏が作った代表的な作品「雲」が屋内のプラザ内に飾られているんですよ!講堂にいながらアートを体感できる空間です。

2.ボリバル公園

出典: es.wikipedia.org

次にご紹介する観光スポットは、カラカスの中心地、旧市街地にあるボリバル公園です。教会や昔の映画館、市庁舎やシモン・ボリバルの博物館があり、快適に過ごせるので散策するのに大変人気があります。ボリバル公園の中心に建っているのが、ボリバル像。彼の名前は「シモン・ボリバル(ボリーバル)」と言い、この地の歴史的な重要人物です。彼はベネズエラで生まれ育ち、ベネズエラの人々のために戦い抜いた革命家だったのです。

シモン・ボリバルはベネズエラだけでなく、南米にとって大変重要な人物でした。実はボリビアという国名の由来にもなっているんですよ。どれだけ彼が偉大で、慕われているのかが分かりますよね。ちなみにシモン・ボリバルの生家は現在、博物館になっています。周辺の観光スポットと併せて、訪れたい公園です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ベネズエラでおすすめの記事

ベネズエラのアクセスランキング