ポルトガルの行ってみたい観光地16選 ここはヨーロッパの隠れた名所!

画像出典:artem evdokimov/shutterstock.com

皆さんはポルトガルと聞いて何をイメージしますか?大航海時代やバスコ・ダ・ガマ、カステラからクリスティアーノ・ロナウドなど、様々な事柄が思い浮かぶことでしょう。ポルトガルは、ヨーロッパの西の端、スペインと大西洋にはさまれた小さな国。歴史的に見ると日本とポルトガルの関係は深いですが、現在ヨーロッパの中ではあまりメジャーな観光地とは言えないかもしれません。しかし歴史を感じられる街並みが多く残され、見どころは満載です。今回はそんなポルトガルのオススメ観光地を定番から隠れた名所まで16ヶ所ご紹介します!

[x] 閉じる

ポルトガルの行ってみたい観光地16選 ここはヨーロッパの隠れた名所!:目次

1.リスボン 旧市街アルファマ地区

出典:fasiso

アルファマ地区はポルトガルの首都リスボンにある旧市街で、ポルトガル観光には欠かせない地区。1755年、リスボンでは大地震によって多くの建物が倒壊してしまいましたが、ここアルファマ地区は地震の影響をほとんど受けなかったため、昔の建物が数多く残されています。まるで迷路のように作られた細い路地に行き交うトラムは、まさにリスボンの象徴ですね。また、現在も市民が生活を営んでいる場所ですので、市場や公衆洗濯場などリスボン市民の生活を直に感じることができる場所も数多くあります。

また、アルファマ地区には、観光地としても名高いリスボン大聖堂やサンジョルジェ城など歴史的建造物も多く、見どころが盛りだくさんです!特に、丘の上に建つサンジョルジェ城は絶景スポットとして有名で、大西洋とオレンジ色の屋根が素敵なアルファマ地区の眺めは一見の価値ある美しさです。

2.ベレンの塔

出典:JOTA ENE

ベレンの塔は、リスボンの中心部から西に7kmほどの場所にあるベレン地区のテージョ川沿いに建っています。みなさんもご存知のバスコ・ダ・ガマの世界一周航海を記念して建てられた要塞で、石灰岩で建てられた小さいながらも凝った作りですので一見の価値ありですよ!

この塔は、テージョ川を行き来する船の監視に使用されていたとされ、現在でも大航海時代の象徴的な建築物なんです。下記のジェロニモス修道院とあわせて世界遺産に登録されており、多くの観光客が訪れます。

ここへの行き方は、リスボンからトラムまたはバスで約30分ほどです。美しい外観はもちろん、内部にある要塞ならではの大砲や牢獄、礼拝堂など見どころはたくさん。特に1階にある牢獄は、テージョ川の河口という立地を生かした潮の満ち引きを利用する水牢になっており、なかなか目にすることのないものですよ。

3.ジェロニモス修道院

出典:Kačka a Ondra

ジェロニモス修道院は、ベレンの塔とともに世界遺産となっているポルトガル建築の最高傑作。完成までおよそ300年もの月日を要したとされているだけあって、その大きさ、美しさは圧巻です。リスボンの観光地の中でも特に人気があり、年中観光客で賑わっています。

近くに、ジェロニモス修道院とベレンの塔に関係の深い、発見のモニュメントがあります。これは、エンリケ王子を記念して建てられたもので、エンリケ王子やバスコ・ダ・ガマ、マゼラン、フランシスコ・ザビエルなど日本でも知名度の高い人物が彫刻されておりあわせて見るのがオススメ。また、この修道院はエッグタルト発祥の地としても知られており、修道院近くの老舗店舗も要チェックの観光スポットです!

4.ペーナ宮殿

出典:www.GlynLowe.com

リスボンから電車で40分ほどのところにあるシントラには、「シントラの文化的景観」として4つの文化財が登録されています。シントラ駅からはその世界遺産に含まれるムーアの城跡やペーナ宮殿、シントラ宮殿を周遊するバスが運行されているのでとても便利ですよ。

その中でもオススメな観光地が、ペーナ宮殿です。宮殿と聞くと重厚で石造りの建築物を想像しますが、ここは一風変わっていて、とってもカラフルで可愛らしいんです!19世紀のロマン主義を代表する建築物で、建築手法はゴシック、イスラム、マヌエルなど多種にわたります。建築手法に詳しい方はもちろん、そうでない方も全体がいろいろな種類の装飾方法で作られているとを感じることができるでしょう。館内は撮影禁止ですが、外観とは雰囲気の異なる内装もぜひご覧ください!

5.レガレイラ宮殿

出典:www.GlynLowe.com

世界遺産シントラ文化的景観に含まれる宮殿をもう一つご紹介します。シントラの世界遺産の中でも特徴的なレガレイラ宮殿は、12世紀に建てられた王族の別邸を元にした建築物。カラフルでかわいらしいペーナ宮殿とは異なり、忌々しくも神秘的な外観が人気を集めています。

また、近年ではまるで外観と内部ともにRPGのダンジョンのようだと話題を呼んでいます。地下洞窟や正体不明のモニュメント、回転扉など不思議な仕掛けがたくさん。レガレイラ宮殿ではポルトガルの歴史を体感できるのはもちろん、ゲームやおとぎ話の世界にいるような感覚をも味わうことができますよ。

6.ロカ岬

出典:André P. Meyer-Vitali

ユーラシア大陸最西端の地、ロカ岬。その先には遙かなる大西洋が広がります。ポルトガルの詩人、ルイス・デ・カモンイスの詠んだ詩の一部「ここに地終わり海始まる」という文面がポルトガル語で刻まれた石碑が建っており、ロカ岬のシンボルとなっています。かつての大航海時代のポルトガルに思いを馳せることができるでしょう。

近くのインフォメーションセンターでは、ユーラシア大陸最西端に到達した証として証明書を発行することができます。せっかくの機会なので、ポルトガル観光の思い出として手に入れてみてはいかがですか?

なおシントラからバスでおよそ40分のところにあり、リスボンから日帰りも可能となっています。

7.アゲダ 傘祭り

出典:hero-danke-bitte

ポルトガルの絶景としては、2012年から毎年7月からおそよ2ヶ月間開催されているアゲダの傘祭り“Umbrella Sky Project”も見過ごすことはできません。アゲダはリスボンから電車で3時間半ほど北上したところにある小さな町で、毎年傘祭りの時期になると国内外からたいへん多くの観光客が訪れます。アート作品として色とりどりの傘が道の上に吊るされた光景は、一度はどこかで目にしたことがあるかもしれませんね。

一カ所だけにとどまらず町のあらゆるストリートに傘が飾られており、それぞれが異なった特徴あるデザインで、見るものを飽きさせません。いろいろな模様を探しながら街を散策するだけで存分に楽しむことができます。町中にはカフェやレストランも多くあるので、かわいらしい傘を見ながらのんびりと休憩するのも良いですね。

8.コスタノヴァ

出典:manuelfouce & anaramos

上述のアゲダ近郊にあるビーチリゾート地がコスタノヴァです。メインストリートには、カラフルなストライプで彩られたかわいらしい家が立ち並んでおり、その特徴的な柄からパジャマシティなんて呼ばれることも。また大西洋沿岸の町ゆえに魚市場があり、海の幸は絶品です。夏季にはアゲダの傘の道と、ここコスタノヴァでポルトガルリゾートを満喫するのはいかがですか?

また、この町で生まれたのが、ポルトガルを代表する陶器メーカー「COSTA NOVA」です。最近、注目されてきていて、日本でもおしゃれなセレクトショップなどで扱っているそうです。 海を感じさせる青が特徴の食器で、手作り感のあるシンプルなデザインです。街には販売店がたくさんありますので、お土産にもぴったりですよ。

9.ポルト リベイラ地区

出典:Rubén Hoya

ポルトガル第二の都市ポルトは、リスボンから電車でおよそ3時間、飛行機で1時間の場所にあります。ポルト歴史地区は全体が世界遺産に登録されており、その中のリベイラ地区は昔ながらの色とりどりの家が並び情緒あふれるエリアとなっています。

リベイラ地区はドウロ川の岸辺にあり、ショップやカフェ、レストランの集まる場所で、いつも観光客や地元の人たちで賑わっています。オープンレストラン、オープンカフェになっているところが多く、ドウロ川を眺めながらの食事は格別ですよ!ショップでは、手刺繍小物、アクセサリー、アズレージョなどポルトガルならではの雑貨が売られていて、お土産探しにはもってこいです。

ドウロ川でのボートクルーズも人気で、川を優雅に下りながらリベイラ地区の美しい景色を眺めるのも素敵です。また、川沿いから一つ路地を入れば、住宅が立ち並ぶ一角に入ります。地元の人たちの生活を感じるのも、旅の醍醐味ですよね。

10.レロ・イ・イルマオン

出典:Michał Huniewicz

レロ・イ・イルマオンは、ポルトにある小さな書店。なんと世界で3番目に美しい書店と言われており、世界遺産のポルト歴史地区の一角を形成しています。その美しさから映画ハリーポッターのロケ地に使用されたことでも知られる、ポルトの主要な観光地です。

隣の建物と接するように建てられている白色のネオゴシックスタイルの比較的小さな建物の中には、レトロで幻想的な世界が広がっています。凝った装飾が施された店内には、天国への階段と呼ばれている赤い絨毯の引かれた大きな螺旋階段があり、魔法の世界に入り込んでしまったような錯覚にとらわれますよ!1階、2階ともに棚にはびっしりと本が並べられ、料理本やガイドブックなどから専門書までさまざまな本が置かれています。

なお、ハリーポッターの作者J・K・ローリングは、ポルトガルに住んでいたことがあり、その際この書店にもよく訪れていたそうです!ハリーポッターファンにとってはたまらない観光地ですよね。

11.ドン・ルイス1世橋

出典:Bernt Rostad

ポルトのランドマークのひとつ、ドン・ルイス1世橋。グレーの骨組みが美しいその橋は、パリのエッフェル塔の設計者の弟子が設計したもので、今からおよそ130年前に建設されました。この橋は二重構造になっており、アーチの下が車用の橋、上にはメトロが通っており、歩行者用の通路もあります。

橋上はポルトの街並みが一望できる絶景スポットとして多くの観光客で賑わいます。丘の上にオレンジ色の可愛い家々が並ぶ光景は、ジブリ映画 魔女の宅急便の舞台となったと噂されているとか。その噂通り、ジブリの世界のような風情ある街並みは、時間を忘れさせてくれるほど素敵ですよ。

また、夜になると橋全体がライトアップされ、幻想的な光景が広がります。ライトアップされた美しいドン・ルイス1世橋の姿、そして橋の上から見るポルトの夜景をあわせて堪能してみてくださいね。

12.アルマス聖堂

出典:Martin

ポルトにあるアルマス聖堂は、柱など建物の要の部分以外がすべてアズレージョに覆われた特徴的な建物。アズレージョとはポルトガルやスペインで見られる伝統的なタイルのことで、細部まで非常に凝って造られた柄が美しく、芸術作品としても高い評価を得ています。アズレージョが織りなすひとつひとつの絵にそれぞれテーマが決められており、それをじっくり見ているだけでじゅうぶん楽しめますよ。

アズレージョは他の教会や、ポルトのサン・ベント駅でも見ることができます。街中の土産物店には家庭に飾れる大きさのアズレージョがたくさん売られているので、ポルトガル観光の紀念としてひとつ購入してみるのもおすすめです。

13.コインブラ大学

出典:Chris W

ポルトガル中部にある都市コインブラにあるコインブラ大学は、ポルトガルで最も歴史のある大学です。コインブラはリスボンより北のセントロ地方にあり、電車で2時間ほどで行くことができます。コインブラ大学はヨーロッパ屈指の伝統と歴史を誇る名門大学で、世界遺産にも登録されています。

この大学で特に注目なのが、図書館です。重厚で、黄金に輝く豪華な図書館となっており、とっても素敵なんですよ!蔵書は歴史的にも重要なものも数多く、16世紀から18世紀の書物が30万冊もあると言われています。また、図書館のの天井には見事なフレスコ画が描かれており、豪華な図書館をさらに美しい場所にしています!

その他に、コインブラ大学の制服であるカパと呼ばれる黒いマントの制服も特徴のひとつ。卒業式など、イベントシーズンにはカパを着た大学生の姿を見ることができます。

14.ディアナ神殿

出典:Philip Larson

ポルトガルのエヴォラは、旧市街全体がユネスコの世界遺産に登録されている歴史的遺産の残る街です。リスボンからバスで90分ほどで到着します。こぢんまりとした町で、白壁を基調とした建物が立ち並んでおり、教会や大聖堂、水道橋、大学などの観光スポットがあります。

そんなエヴォラの街のシンボル的な建造物が、ディアナ神殿なんです。ローマ神話に登場する月の女神ディアナに捧げて建立されたため、この名前になったと言われています。この神殿は、ローマ時代の遺跡で、遺跡としては比較的保存状態がよく、14本の柱が現存しています。

15.ポンタ・ダ・ピエダーデ

出典:Alain MICHEL

ポルトガルの南部のアルガルヴェ地方は、年間300日ほどが晴天で温暖な気候のため、夏のバカンスを楽しむ場とは最適。アルガルヴェ地方の代表的な町のひとつであるラゴスは、リスボンやポルトと同じく、多くの観光客が訪れるエリアとして有名です。

そんなラゴスにあるポンタ・ダ・ピエダーデという岬は、ごつごつした褐色の岸壁や洞窟と透明度の高いエメラルドグリーンの海とのコントラストが美しい場所です。イタリアの青の洞窟のような、海の色が綺麗なブルーに見える神秘的な洞窟もあるんですよ!ボートでの周遊ツアーが充実しているので、ぜひ参加してみてくださいね。

この岬の近くには、アメリカのニュースサイト、ハフィントン・ポストで、おそらく地球上で一番美しいビーチとして紹介された場所などたくさんの美しい観光スポットがあります。ぜひのんびりポルトガルの海の絶景をお楽しみください。

16.オビドス

出典:arbatax1917

ポルトガルのリスボンからバスで北へ1時間ほど行ったところにあるオビドスという村は、ポルトガルで最も美しい村といわれており、観光地として人気。その美しさから谷間の真珠と称えられています。城壁に囲まれたこの村には、中世の面影を残す白壁の家々が軒を連ね、とってもメルヘンチックでかわいい雰囲気ですよ。

毎年春にはチョコレート祭り、7月には中世市場が開催されるイベントの多い村で、クリスマスシーズンにはクリスマスタウンと呼ばれるほど毎年思考を凝らしたクリスマス飾りが施されます。

その中でもチョコレート祭りは、もともと村の名産であったジンジャーニャというサクランボのリキュールをチョコレート製のカップに入れて味わうことが人気となり、祭りに発展したそうです。リスボンからアクセスの良いこの村に、ジンジャーニャを味わいに行ってみてください。素敵な思い出になること間違いなしですよ!

◎まとめ

ポルトガルのオススメの観光地をご紹介しました。ポルトガルは、北から南まであちこちに観光スポットが存在しますが、国土面積が小さく、交通網が整備されているため短期間で周遊できることができます。ヨーロッパ屈指の穴場とも言われるポルトガルにあなたも行ってみませんか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ポルトガルでおすすめの記事

ポルトガルのアクセスランキング