世界有数の親日国!バングラデシュの人気観光スポット10選!

世界有数の親日国!バングラデシュの人気観光スポット10選!

目次

世界有数の親日国!バングラデシュの人気観光スポット10選!

目次を閉じる

5.コックス・バザール・ビーチ

出典: commons.wikimedia.org

コックス・バザール・ビーチは長さがなんと120kmもあり、世界最長のビーチといわれています。バングラデシュにはあまりバカンスのイメージがないかもしれませんが、その未知なる長さのビーチを求めて、数多くの観光客がコックス・バザール・ビーチを訪れます。

週末には、世界各国から訪問する観光客だけでなく、バングラデシュの若者たちやファミリーも集ってにぎわいを見せる、カラフルなビーチパラソルが並びます。バングラデシュ人の憧れのハネムーンスポットとしても人気があり、数多くの新婚さんが遊びにやってきます。ただし、バングラデシュは宗教的にビキニは良しとされていないので、女性は服のまま海にはいりましょう。

ビーチ周辺には屋台が立ち並び、バングラデシュならではの魚カレーや、カリカリに揚げたエビやカニなど、さまざまなグルメを楽しむことができますよ。また、長〜い海岸線に沈むゆく夕日はまさに絶景!シャッターチャンスも逃せませんね。

6.モエナモティ遺跡

出典: Toufique E Joarder

モエナモティ遺跡は、バングラデシュの首都ダッカから車で東に3~4時間の、クミッラという街にある遺跡です。人々であふれているダッカの街とは異なり、周囲には落ち着いた緑豊かな環境が広がっていて、市街の喧騒に疲れた方にもおすすめの観光スポットです。

7~13世紀にかけての仏教遺跡であるモエナモティには、多数の建物跡が見られます。日本であれば、遺跡を守るための立ち入り禁止ゾーンなどが数多く設けられていたりするもの。ですがこのモエナモティ遺跡では、「こんなとこまで立ち入りができるの?!」というくらい自由に歩き回ることができます。パネルによる展示も少なく一見何が何やらわからないこともありますが、バングラデシュ特有のユルさがあふれている遺跡といえるでしょう。

また、写真撮影も自由なので、多くの人がカメラで記念撮影を楽しんでいます。バングラデシュの歴史を物語るモエナモティ遺跡で、記念の1枚をとってみてはいかがでしょうか。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バングラデシュでおすすめの記事

バングラデシュのアクセスランキング