ヨーロッパ周遊にもアクセス抜群!ステキなベルギーおすすめ観光地14選

ヨーロッパ周遊にもアクセス抜群!ステキなベルギーおすすめ観光地14選

GoToキャンペーンバナー

目次

ヨーロッパ周遊にもアクセス抜群!ステキなベルギーおすすめ観光地14選

目次を閉じる

10.コーレンレイ、グラスレイ(ゲント)

ベルギーのゲントという街は、中世にはブルージュと張り合っていた交易の街です。船で織物などの貿易品が運び込まれていた場所で、旧市街の中心にほど近いレイエ川の西岸がコーレンレイ、東岸がグラスレイと呼ばれています。コーレンレイ、グラスレイとは、それぞれ穀物河岸、香草河岸を意味しています。両岸にはベルギーらしい彫刻の施されたギルドハウスが建ち並び、ゲントを象徴する美しい川縁の風景を見ることができます。

ギルドハウスは、富を得た商人の家でしたが、現在はレストランやカフェなどとして利用されています。また、ゲントの街はレースやゴブラン織りといった工芸品でも有名な街です。ゴブラン織りは中世の時代にタペストリーとして飾ることが多かったそうですが、現在はランチョンマットやポシェットなどの小物が作られています。コーンレイ、グラスレイの美しい街並みを散策しつつ、ゲントらしい工芸品のお店に立ち寄るのも楽しいですね。

11.聖バーフ大聖堂(ゲント)

出典: Jun Suganuma

ベルギーのゲントの中でも有名な観光スポットの一つに、聖バーフ大聖堂があります。その理由は、ベルギー7大秘宝のひとつ、15世紀に描かれたヤン・ファン・アイク作の祭壇画である『神秘の仔羊』が所蔵されているからです!ベルギー7大秘宝と聞けば、とても気になりますよね。

この絵画は輝く子羊を礼拝している様子が描いていて、とても緻密な絵画として有名です。細部まで描かれた絵画は26枚のパネルで構成されていますが、そのうちの1枚は1934年に盗難にあったそうで、現在も複製のままとなっています(2016年11月現在)。

ベルギーの緻密に描かれた秘宝は、一見の価値ありですよ!

12.イーペルの猫祭り(イーペル)

出典: odlog

ブリュッセルから電車で約2時間、ベルギー西部にある町イーペルで3年に1回開催されるお祭りが、イーペルの猫祭り(カッテンストゥッツ)です。最近、日本でも猫人気が高まり、ペットとして飼っている方が増えていますよね。

そんな猫好きにはたまらない、猫だらけのお祭りです。起源は、織物産業が盛んだったイーペルの町にネズミが大量発生し、駆除のために猫を大量投入したところ、猫の数が増えすぎでしまい、鐘楼から猫を落としたことが始まりとされています。それ由来した、猫投げという鐘楼から猫のぬいぐるみを投げるイベントもありますよ。とてもユニークで、面白いですよね。

お祭りは、パレード、猫投げ、魔女の火あぶりという流れで行われ、全長50mを超える大きな猫の王様シープルと王妃ミネケ・プスが登場し、とても盛り上がります。パレードにはミュージカルのキャッツのような猫メイクをした人がたくさん登場し、一般のお客さんも猫の被り物をして楽しんでいますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ベルギーでおすすめの記事

ベルギーのアクセスランキング