セルビア人国家の最初の首都!世界遺産「スタリ・ラスとソポチャニ」

画像出典:www.istockphoto.com

セルビア人国家の最初の首都!世界遺産「スタリ・ラスとソポチャニ」

「スタリ・ラス」とは「古いラス」という意味。ラスはセルビア人が打ち立てたラシュカという国の最初の都。現在のセルビアの南部、ノヴィ・パザルという都市の郊外に位置しています。9世紀から13世紀にかけて繁栄しした都市で、セルビアがユーゴスラヴィア連邦内の共和国だったころの1979年に、世界遺産に登録されました。

ソポチャニはスタリ・ラス南西の渓谷に臨む丘の上にあります。セルビアに現存する最も美しいフレスコ画をもつといわれるソポチャニ修道院や、セルビア最古の教会である聖ペトロ教会、王宮跡、ストゥポヴィ修道院などの遺跡が残されています。セルビアの美しい森の風景とともに、セルビアの古都の遺跡を楽しめる世界遺産です。

目次

セルビア人国家の最初の首都!世界遺産「スタリ・ラスとソポチャニ」

目次を閉じる

スタリ・ラスとソポチャニとは

出典: Golija

ラスにはもともとローマ時代の砦がありましたが、9世紀ごろにセルビア人の国ラシュカの都となりました。当時のセルビアにはほかにもいくつかの国がありましたが、ラシュカはそれらのなかで最も強かったと考えられています。とくにソポチャニの宗教施設群は、ラシュカが西欧とビザンツ帝国の交流の舞台となっていたことをうかがわせます。

しかし、13世紀にはほとんど人が住まないほどに廃れてしまいます。世界遺産に登録されている遺跡群は、すべてこの4世紀ほどの間につくられたものです。15世紀にはオスマン・トルコ帝国に征服され、ラスの東に新しくノヴィ・パザルの町が建設されました。

スタリ・ラスとソポチャニへのアクセス

世界遺産スタリ・ラスとソポチャニの最寄りの都市は、セルビアの首都ベオグラードの南230kmほどのところにあるノヴィ・パザルです。ノヴィ・パザルへは、まずベオグラードから列車に4時間ほど乗ってラシュカ(Raška)という街を目指します。ラスを都としていた国と同じ名前ですが、世界遺産からは直線でおよそ20km離れています。

ラシュカからノヴィ・パザルまでバスに乗ります。スタリ・ラスとソポチャニ、また構成資産の1つに含まれるジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院はいずれも郊外にあるので、徒歩で行くのは困難。ノヴィ・パザルからバスやタクシーを利用しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

セルビアでおすすめの記事

セルビアのアクセスランキング