あなたの知らない場所を発見!茨城おすすめ観光スポット80選

画像出典:jiratto

茨城県といえば、納豆や水戸黄門様がすぐに思い浮かぶことでしょう。ですが、ほかにもたくさんの魅力にあふれた県であることをご存知の方は少ないのでは?

そこで今回は茨城県の観光スポットに注目!定番の観光名所はもちろん、「え?こんな素敵な観光スポットもあったの?」と驚くような場所まで、茨城のおすすめ観光地をまとめてご紹介しちゃいます!一般にあまり知られていない街中から離れた秘境へは、茨城県の格安レンタカーを予約して車で向かうのがベスト!

この記事を読み終える頃には、茨城観光に行きたくなっちゃうかも⁉

[x] 閉じる

あなたの知らない場所を発見!茨城おすすめ観光スポット80選:目次

1.大洗磯前神社

出典:SumikoPhoto

なんとも珍しい3つの鳥居が存在する茨城県の神社。道路をまたぐ一の鳥居と、前に海を見据える二の鳥居、これだけでも見応えは十分ですが、観光の最大の目玉は「神磯の鳥居」です。

大洗海岸にそっとたたずむ茨城の名勝地。日の出と日の入りには太陽に照らされ、さらに神秘的な鳥居を見ることができますよ。特に元旦は人気で、初日の出を見ようと地方から訪れる観光者もいます。ただ冬場の海岸は寒さが厳しいため、車でのアクセスがおすすめ。

境内には拝殿や本殿など、文化財に登録されている貴重な建造物が多数あります。中にはかわいらしいカエルの像や大きな絵馬なども置かれているので、歴史を感じつつ境内の雰囲気も一緒に楽しんでくださいね。

2.国営ひたち海浜公園

出典:悦紀 岡田

茨城観光では外せない名所です。バラやコスモスなど季節によってさまざまな花が楽しめ、広大な敷地には観光時の見どころがいくつも詰まっています!

中でも「みはらしの丘」は必見。4月の後半から5月の半ばにかけてネモフィラが見頃をむかえ、スカイブルーの花畑が一面に広がります。晴れた日の空と花畑の真っ青な世界は息を飲む光景です。

さらに園内にはアトラクションが楽しめる「プレジャーガーデン」という施設もあります。観覧車やメリーゴランドなど遊園地ではお馴染みの乗り物から、ゴルフが楽しめるエリア、そして迷路まで!子どもと一緒に大人も楽しめるアトラクションが揃っています。

3.アクアワールド茨城大洗水族館

出典:@yb_woodstock

茨城でも人気の観光スポットといえばここ! およそ580種6万8000点もの海の生物を展示しているアクアワールド茨城大洗水族館は、日本屈指の規模を誇る大水族館。その館内は特徴的なテーマをもつ9つのゾーンに分かれており、どこも見応え満点です!

中でもやはり観光客に人気なのがイルカショー! 全天候型となるオーシャンシアターで開催される「イルカ・アシカオーシャンライブ」では、ダイナミックなジャンプはもちろん、3種類のイルカたちがビーチボールなどを使って可愛らしいしぐさを見せてくれますよ。

茨城県各所で販売されている前売り券を利用すれば入場料が10%割引になるので、是非購入してから観光に訪れてください! アクセスに関しては、那珂湊駅、または大洗駅からバスでおよそ6~15分程で到着しますよ。

4.かねふく めんたいパーク

出典:hirotomo t

明太子好きの方は茨城に集合! 明太子の有名店「かねふく」が運営するこちらの施設では、工場見学が楽しめるだけでなく、できたてで新鮮な明太子がなんと無料で試食できるのです!

さらに工場直売場ならでは明太子やかねふくの関連商品、オリジナルキャラクター・タラコン博士やタラピヨのグッズなども販売されています。これはもう茨城観光のお土産として購入するしかないですよね!

また、フードコートでは明太子を使用したグルメも味わえます。その大きさに驚く明太子おにぎりや、異色?の明太ソフトクリームなど、明太子づくしのグルメは必食! 周辺で茨城観光を楽しんだあとはこのめんたいパークで、心ゆくまで明太子を堪能しちゃいましょう。

5.大洗リゾートアウトレット

出典:commons.wikimedia.org

茨城観光のついでにショッピングを楽しみたい方は、是非大洗リゾートアウトレットへ。茨城県で初めてできたアウトレットモールで、施設内には60を超えるお店があり、ファッションはもちろん、海水浴場が近いことから水着を安く販売する店舗も!

お買い物を楽しんだあとのお食事は、室内バーベキューはいかがですか? 雨の日でも気軽にバーベキューが楽しめるとあって観光客に人気です!

また、茨城の名産品も売られているので、茨城観光の帰り道にお土産を買いに訪れるのも良いでしょう。ゆっくりとお買い物を楽しみたい方には、比較的空いている平日がおすすめですよ。

6.大洗マリンタワー

出典:taka_jp

茨城県大洗町のシンボルといえば、大洗マリンタワー! 1階のエントランスには海を紹介している展示やマリンシアターが設置されていて、海について学ぶことができます。そのあとは、高さが55mある3階の展望台へ登ってみませんか? 天気が良ければ茨城県のお隣にある日光や富士山が一望できちゃいます! 夜景はもちろんのこと、初日の出や花火を大パノラマで楽しむのもオススメですよ!

ちなみに2012年~2013年に放送されていたアニメ『ガールズ&パンツァー』で使用されたことから、ガルパンファンにとってたまらない茨城の観光スポットとなりました。現在でも聖地巡礼のルートのひとつとして、施設の方でもコラボを展開中です!

7.大洗サンビーチ海水浴場

出典:ヨシヒロ / PIXTA(ピクスタ)

茨城県下の海水浴場で圧倒的な集客数を誇る、大洗サンビーチ海水浴場。青く澄んだ海水と、真っ白な砂浜が続いている家族連れに大人気の観光スポットです! とても広い海水浴場で、海の家だけではなく、バーベキューができるエリアも完備。海風を感じながら楽しめるので、いつもと違った美味しさを生み出してくれるはず!

そしてバリアフリーの海水浴場としての施設も充実。1997年からどんな方でも安全に、そして快適に海を楽しめるようにという思いからはじまったもの。ビーチには車椅子用の更衣室などを完備していて、移動用の特殊車椅子の貸出やライフジャケットも貸してくれますよ。これなら安心して茨城観光に訪れることができますね。

8.那珂湊おさかな市場

出典:t-mizo

リーズナブルな価格で新鮮でおいしい魚介類を購入することができる「那珂湊おさかな市場」は、茨城観光に訪れたなら是非チェックしておきたいスポットです。関東屈指の観光市場として茨城県内だけではなく、遠方から訪れる観光客で賑わいます。

なかでもオススメなのが牡蠣! 買いやすい値段で、その場で食べることができますよ! 観光ついでにちょっと立ち寄って、新鮮な魚や牡蠣を持って帰るのも良し! 近くにある食事処や回転すしで海鮮類を楽しむのも良し! 茨城で新鮮な魚を購入したいと考えている方にはうってつけです。

茨城観光の定番「水戸」や「大洗」からも近い距離にあるので、観光途中にお腹が空いたら立ち寄ってみては?

9.水戸黄門像

出典:Kentaro Ohno

「水戸黄門」でお馴染みの徳川光圀公といえば、茨城県・水戸のご当地スター! その水戸黄門の像が実は水戸の各地に設置されているのをご存知でしたか? 実は市内だけでも8体の水戸黄門がいるんです! 駅周辺や市役所、千波湖など主要の観光スポットなどに設置されており、写真はまずみなさんがお目に掛かるであろう、水戸駅周辺にあるもの。

茨城にきたら水戸観光のついでに、ご老公の銅像を探しながら回るのも楽しいですよ! あなたは観光中に何体のご老公を見つけられますか?

10.水戸黄門まつり

出典:Tomoaki INABA

茨城に水戸黄門様ご一行の姿を拝見しに行きませんか? このおまつりは昭和36年から続いている催しで、毎年3日間に渡って行われています。期間中には水戸黄門パレードをはじめ、市民カーニバルや神輿連合渡御、山車巡など、さまざまなイベントが楽しめます。

メインとなる水戸黄門パレードは、芸能人がゲストとして参加することから観光客にも大人気! さらに千波湖で行われる花火大会では特大ミュージックスターマインがフィナーレを飾るなど、水戸黄門まつりは忘れられない茨城観光の思い出になることでしょう。

11.笠間稲荷神社

出典:taken_spc

年間およそ350万人もの方が訪れる笠間稲荷神社は、日本三大稲荷のひとつに挙げられる茨城の神社です。商売運や仕事運、金運にご利益があるといわれ、茨城県内でも屈指のパワースポット!境内には国の重要文化財になっている本殿をはじめ、歴史ある建造物が点在しています。

また、この神社は藤の名所としても知られており、樹齢400年にも及ぶ「二株の藤」や県の天然記念物に指定されている「八重の藤」が見どころ。開花の時期に合わせて茨城観光のプランを立ててみるのもオススメです。

稲荷神社ということで、置物としても使えるキツネ型をしたかわいいおみくじもありますよ。是非、茨城観光の記念に引いてみてくださいね。

12.常磐神社

出典:ACM / PIXTA(ピクスタ)

茨城県屈指の観光スポット「偕楽園」のすぐ近くにあり、9代目藩主再昭公と、水戸黄門でおなじみの徳川光圀公が祀られている、水戸最大の神社。事業繁盛や家内安全、交通安全、厄払いなどのご利益が期待されています。また、お守りもユニーク! 水戸黄門にちなんだ葵紋の印籠をかたどったお守りがあり、観光として訪れる方々に人気です!

ちなみにここは茨城県内でも、初詣の参拝者数が多いことで知られていますよね。この時期には露店も出るのでとっても賑わっていますよ! 偕楽園に訪れたついでに、常磐神社で参拝する観光ルートもおすすめです。

13.常陸国出雲大社

出典:commons.wikimedia.org

出雲大社がここ茨城県にもあることをご存知でしたか? 笠間市にある常陸国出雲大社は、恋愛成就で有名な島根県にある出雲大社から分霊され、1992年に鎮座された比較的新しい神社。「だいこくさま」として親しまれていて、縁結びや厄除けのご利益があるそう。また、近年では茨城県内のパワースポットして、観光客からも注目されています。

観光時の見どころは大社造りの本殿。 日本最大級の大きな締め縄がかかっている拝殿はまさに圧巻です!境内にはほかにもガラス工房や現代アートギャラリーなどがあるので、参拝の後はぜひ散策してみてくださいね!

14.水戸城址

出典:ja.wikipedia.org

水戸黄門こと徳川家光がいた、水戸藩の居城として知られる水戸城址。日本屈指のスケールを誇る土の城の集大成でもあります。その空堀はまさに巨大! なかでも本丸と二の丸の間の空堀を走るJR水郡線は、茨城を代表する観光珍景としても有名となりました。

近年整備が進められている水戸城址ですが、藩校弘文館や薬医門などかつての姿をそのまま残す歴史遺産も豊富です。また、地形の高低差をみなが城内を散策すれば、石垣のいらない鉄壁の城だった理由がわかるかも! 茨城県水戸市のシンボルとして市民に愛された城を是非観光しに訪れてみてください。

15.好文亭

出典:TANAKA Juuyoh (田中十洋)

日本三名園のひとつであり、茨城を代表する観光名所「偕楽園」の中にある好文亭は、徳川斉昭が設計したもの。2層3階建て構造の好文亭と、北側にある奥御殿からなっています。造られた当初は、家臣および領内の方々を集め、詩歌や慰安会を行っていたそう。

好文亭に観光で訪れたなら、是非チェックして欲しいのが襖絵! 色彩豊かな襖絵や四季折々の絵が描かれており、見応え抜群なんです!そして、眼下に広がる千波湖を眺めながら行われる茶会も、観光の際には是非体験しておきたいところ。由緒ある空間で行われる茶会で、茨城県の歴史に思いを馳せてみては?

16.偕楽園

出典:Kentaro Ohno

茨城観光といったら誰しもがイメージするであろう、切っても切り離せない超定番な観光名所! 金沢の兼六園、岡山の後楽園と共に日本三大名園のひとつに挙げられるのが、茨城県水戸市にある偕楽園。江戸時代、徳川斉昭公により休養の場所として開園しました。

そんな偕楽園を観光する際に特に注目して欲しいのが梅! 約3000本、100種類以上の梅が植えられていて、開花シーズンには沢山の観光客が綺麗に咲く梅花を楽しみに訪れます。梅の見ごろに合わせて開催される「梅祭り」を皮切りに、四季折々の花たちが季節の訪れを知られてくれますよ。

他にも徳川斉昭が設計した「好文亭」や、癒やしスポットとしても人気で夜にはライトアップされる「孟宗竹林」など、茨城県の名物ともいえる観光スポットが目白押し! アクセスは水戸駅からバスを使えば約20分で到着できます。

17.水戸梅祭り

出典:Kentaro Ohno

梅の名所として全国的に名を馳せている、茨城県水戸市の偕楽園で行われている一大観光イベント。春の訪れを祝うお祭りで、毎年全国各地から観光客が訪れます。園内には100種類以上の梅が3000本以上植えられており、梅の花が一面に広がる光景はまさに圧巻! 様々な品種があることから、長期間にわたり観梅を楽しめるのも嬉しいですよね。

期間中は梅酒祭りやキャンドルナイトや打ち上げ花火など、イベントが盛りだくさん! 昼には梅を見ながら梅酒を嗜み、夜にはキャンドルのあたたかな光に包まれた梅を見て癒される…なんて観光プランも素敵ですよ。

18.保和苑

出典:wonderstory/Flickr

大悲山保和院・桂岸寺の隣に設けられた保和苑は、水戸光圀公がその名をつけたとされる庭園。茨城県内屈指のあじさいの名所であり、見頃を迎える初夏にはおよそ100種、6000株もの色鮮やかなあじさいを堪能することができます。

また、その時期に合わせて「水戸のあじさいまつり」が盛大に催され、期間中にはモデルさんを呼んでの無料撮影会やさまざまイベントが企画されています。ちなみにこちらの庭園はペット同伴OKなので、茨城観光に訪れた際は一緒に庭園散策を楽しんでくださいね。

19.弘道館

出典:jun560

水戸藩の9代目藩主・徳川斉昭によって開設された弘道館は、日本遺産にも制定されている日本で最も大きい茨城県水戸市の藩校。こちらでは学問や武芸をはじめ、幅広い分野においての教育が行われ、徳川慶喜も幼少期にここで学んだといわれています。

国の重要文化財でもある正門や正庁、至善堂のほかに、敷地内には多くの梅の木が植えられており、徳川斉昭の『弘道館に梅花を賞す』という漢詩が有名。また、玄関前に植えられた「左近の桜」は宮内庁から贈られたもので、開花シーズンを狙って茨城観光にくれば、弘道館との見頃なツーショットを写真に収めることができますよ!

20.春風萬里荘

出典:@yb_woodstock

自然豊かな茨城県笠間市にある芸術村で、ここには芸術家のアトリエが集まっています。中でも一際存在感のある建物が「春風萬里荘」。読み方は「しゅんぷうばんりそう」です。ずっしりとした茅の屋根が歴史の重みを感じさせるこの民家は、芸術家の北大路魯山人がアトリエとして利用していたといわれています。

目の前に広がる庭では一年を通して四季折々の自然風景を楽しむことができ、茨城観光に訪れた方の心を癒やします。梅や桜、もみじなどが歴史ある建物とあいまった姿は美しく、風情を感じさせる光景は観光に訪れる価値ありですよ。

21.七ツ洞公園

出典:ja.wikipedia.org

1999年に茨城県水戸市が開設した、イギリスの雰囲気漂う庭園が広がる公園。どのスポットにいってもまるで風景画のような景観で、歩いているだけでもワクワクします!

なかでもオススメなのが、英国風景式庭園! イングリッシュローズをはじめとしたバラが咲いてます。そんな七ツ洞公園では様々なイベントを開催されています。例えば2016年の5月にはケルティックフェスティバスが開催。どのお店もオシャレで、思わず写真を撮りたくなってしまうほどです。

他にも再生事業として「ふしぎの国のティーパーティー(2015年)」など、イギリス風庭園に見合ったイベントが目白押し! 茨城観光へ行く前は、イベント情報も要チェックですよ!

22.水戸芸術館

出典:ja.wikipedia.org

アート作品の展示だけではなく、コンサートなど様々な目的で使用されている茨城県水戸市の文化施設。市制100周年を記念して創建された「水戸芸術館」のシンボルは、ユニークな形をしたアートタワー! 高さ100mあるタワーの展望台からは水戸市内を一望することができますよ。

この施設で是非注目してほしいのがパイプオルガン! 美しい音色は毎週末、無料のコンサートで聴けるので、気になる方は観光の予定を合わせて訪れてみてくださいね。

多岐に渡る用途で使用されている茨城屈指の観光スポットで、アートな時間を過ごすのもいいかもしれません。

23.笠間芸術の森公園

出典:AMAO / PIXTA(ピクスタ)

茨城で芸術にふれられる観光地をお探しの方は、ここ笠間芸術の森公園へ。広大な敷地には工芸体験ができる施設や美術館、大学があります。さらに公園内のいたるところに芸術作品が! 変わった形のオブジェやイスなど、探して歩くのも楽しいです。

そのほかにも水遊びできる小川や、ひなまつりなどのイベントが開催される広場、遊具も充実。秋には紅葉を眺めることができ、一年を通して私たちを楽しませてくれますよ。

まさに「芸術の秋」を過ごすのに最適な場所。今年の秋は茨城県・笠間芸術の森公園で芸術にふれる素敵観光をぜひ!

24.茨城県立歴史館

出典:ムー / PIXTA(ピクスタ)

茨城の歴史をめぐる観光プランを立てるなら、茨城県立歴史館は外せません。一番の魅力はやはり展示物! 「茨城の歴史をさぐる」では、茨城の歴史をテーマごとに分けて展示しています。その時代で注目すべき事柄がピックアップされているなど、わかりやすい展示が魅力。

そのほかにも、昔使われていた家具や道具を展示しているコーナーや、敷地内には歴史的建造物も複数あり、それぞれ違った方面から茨城の歴史を学ぶことができます。

こういった貴重な品を展示はもちろん、敷地内の自然も魅力。秋に開催される「いちょうまつり」では、木々のライトアップを見ることもできます。博物館としてだけでなく、茨城の魅力を存分に感じられる観光スポットです。

25.茨城県近代美術館

出典:髙橋義雄 / PIXTA(ピクスタ)

茨城県に位置する、千波湖の湖畔に建っている美術館。明治以降の日本の芸術を中心とした、約3400点以上の美術作品が収蔵されています。その作品を見るのはもちろんですが、年間スケジュールを確認して「企画展」にいくのはいかがでしょうか?

定期的に内容を代えて行われており、幅広い年代の方に楽しんでもらえるようなイベントがたくさん! 過去には、『ウルトラマン展』が行われ、ファンにはたまらないレアなものまで出品されていたとか。

さらに11月下旬頃に行われる「マルシェドノエル」は、フランスのクリスマスマーケットをイメージしたもので大盛況! 可愛らしいお店が立ち並びます。どのお店も一点物が多いため、お気に入りを見つけて茨城観光の記念に買っていくのも良いですね。

26.千波湖

出典:Kentaro Ohno

市民の憩いの場としてだけでなく多くの観光者が訪れる、茨城県水戸市にある千波湖。その魅力は、季節によって移り変わる風景です。春には桜、夏には花火大会、秋には紅葉を眺めることができます。遊歩道がしっかり整備されているので、千波湖の自然に包まれながらジョギングやランニング、そしてサイクリングを楽しむことができますよ。

観光する上でもうひとつ注目してほしいのが冬! ここ千波湖はオオハクチョウの飛来場所としても知られています。およそ50羽ものオオハクチョウが水面を優雅に泳ぐ姿はまさに可憐。近くに寄ってきてくれることもあるので、観光時にはカメラの準備もお忘れなく!

27.筑波山

出典:kyohei ito

茨城のシンボルともいわれる筑波山。標高が877mと低く、初心者でも気軽に登山を楽しめることから、茨城県を訪れる観光客にも人気のスポットです。登山中に出会える自然美も魅力のひとつで、この筑波山には1000種類を超える植物が生息しています。

また、紅葉の名所としても知られており、秋には山全体が温かみのある色に染まり、絶景を見せてくれます。赤や黄色に染まった木々の間から覗く関東平野はまた格別ですよ。

登山コースがいくつか用意されていますが、登山または下山のみケーブルカーやロープウェイを利用することもできます。行きはロープウェイから景色を楽しみ、帰りは茨城県内の自然と触れ合うという観光プランもオススメです。

28.筑波山神社

出典:Nao Iizuka

関東の霊峰であり、日本百名山にも名を馳せる茨城県つくば市の筑波山をご神体としている神社。縁結びや家内安全、夫婦和合、子授けなどにご利益があるとのことです。これは、この神社に祀られている伊弉冉尊(いざなぎのみこと)と伊弉諾尊(いなざみのみこと)が結婚して神々が生まれたことから来ています。

東京ドーム80個分という広大な敷地にある筑波山神社は、茨城県内のパワースポットとして観光客からも人気があります。なかでも境内にある「大杉」は要チェック! 樹齢800年もの大杉は、見るだけで思わず参拝しちゃうほど迫力満点です! 筑波山の入り口にあるので、頂上へ登る前に参拝してみると良いでしょう。

29.牛久大仏

出典:en.wikipedia.org

牛久大仏はまさに、茨城県を代表する観光名所。ブロンズ製の立像大仏で、その全長はなんと120mもあるんです! 立ち入りが可能な大仏様の胎内には写経体験などが楽しめる5つのフロアが設けられており、展望台からは東京の観光名所・東京スカイツリーや富士山が一望できますよ!

また、お盆の時期に行われる「万燈会」なる宗教行事では大仏様がライトアップされるほか、万燈行列などさまざまなイベントへの参加が可能。あなただけの為に花火を打ち上げてくれる「奉納花火」は、観光の思い出として申し込みする価値ありですよ!

茨城観光の際には是非訪れて、大仏様のその大きさと迫力を間近に感じてみてくださいね!

30.つくば牡丹園

出典:TaKa / PIXTA(ピクスタ)

牡丹はもちろん、芍薬(シャクヤク)やツツジ、あじさいなどの花々が楽しめる茨城の植物園です。赤や白、ピンクなど多彩な色の花たちが、観光客を含め多くの方の目を楽しませています。さらに園内には「ぼたん茶屋」があり、花を眺めながらお茶をいただく贅沢なひと時を過ごすことができますよ。

また、冬に見られる雪景色も必見! 真っ白な雪によって牡丹の鮮やかさがより一層引き立つ姿は、観光にくる価値ありですよ。アクセスは常磐線「牛久駅」から運行しているバスが便利。つくば牡丹園の最寄りは「茎崎若栗バス停」です。

31.つくばエキスポセンター

出典:ja.wikipedia.org

茨城県つくば市といえば、科学万博が開催された地でもありますよね! その記念として建てられたつくばエキスポセンターはH-IIロケットの実物大模型が目印となる施設で、科学や技術に関する展示物をメインに扱っています。

施設内で特に人気なのが、世界最大級となるドーム型プラネタリウム! 星空の生解説やオリジナル番組など、子供から大人まで楽しめる上映プログラムが用意されています。ほかにも参加型のイベントやワークショップ、特別展・企画展なども開催されており、何をしようか迷ってしまうかも?

つくば市にある他の研究施設も観光するという方は、「つくばサイエンスツアーバス」の利用がオススメ。こちらの施設の入館料も割引になるなどお得ですよ。

32.JAXA筑波宇宙センター

出典:commons.wikimedia.org

日本で宇宙開発を担っているJAXAの中枢的な役割を担っているのが、茨城県のつくば市にある宇宙センター。ここでは宇宙飛行士の訓練や人工衛星の開発などが行われており、日本の最先端宇宙テクノロジーがたくさん詰まっています。

施設内には美しい地球を縮小した展示物や、かつて開発した人工衛星が飾られているスペースドームがあり、見応え抜群! 子供だけではなく、大人も大興奮すること間違いなしですよ! そして、なんとワンコインで宇宙飛行士の体験ができちゃう見学コースでは、実際に訓練をしている施設を見れますよ。

茨城の中でも意外と穴場といえる観光スポットなので、宇宙に興味がある方は行く価値ありですよ!

33.ミュージアムパーク茨城県自然博物館

出典:commons.wikimedia.org

自然環境の目線で歴史を学ぶことができる、見所満載の博物館。最近では茨城の観光スポットとして人気があり、注目されています。

館内は身近な環境問題に結びつくような構成となっており、お子様がいる方は自由研究にぴったり。中でも展示されている、動くティラノサウルスは迫力満点! 巧妙な造りは大人でもびっくりするはず!

また、野外の施設も充実。自然経験や水遊び、化石発掘体験などをすることができます! 他にも四季折々の花がある遊歩道や、広大な敷地の芝広場があり、アクティブ派やのんびり派にも楽しめますよ! 茨城観光の際は冒険したつもりで、家族揃って楽しんじゃいましょう!

34.茨城県つくば美術館

出典:hiroshi / PIXTA(ピクスタ)

茨城県のつくば駅からほど近い場所にある、緑豊かな公園内に「茨城県つくば美術館」は設けられています。茨城県近代美術館の分館として知られており、この観光スポットには貸しギャラリーがあります。個展やグループ展など、普段はあまり見られない展示物は見応え抜群!

他にもお子様連れにおすすめしたいお絵かきCGコーナーや、子供向けプログラムが視聴できるビデオライブラリーなど、充実した設備が完備。また、土曜日に行われている無料講座は観光時に要チェック! 館長や学芸員が実施しているので、身近にアートを感じられるでしょう。

アートに触れた後は、周辺にあるミュージアムショップやカフェなどを訪れてみても良いかもしれませんね。

35.茨城県フラワーパーク

出典:おひさま / PIXTA(ピクスタ)

茨城県フラワーパークといえば、お花が堪能できる茨城のおすすめ観光スポット。季節によって園内の雰囲気はさまざまに変化します。芝桜やバラ、ボタンなど見頃の異なる花々が多品種にわたり植えられていることから、どの時期に観光にきてもその美しさは衰えません。

特にバラ園は見もので、世界中のバラが所狭しに植えられています。代表的な真っ赤なバラからピンクや黄色、オレンジなど、どこを見渡しても色鮮やか! バラのトンネルをくぐれば、まるで異国にいるような優雅な気分になれるでしょう。つかの間、茨城にいることを忘れてしまうかも?

休日や、目玉のバラ園が見頃を迎える時期は観光客などで多少混雑しますが、園内が広々としているので気にせずのんびりと観賞できますよ。

36.洞峰公園

出典:ja.wikipedia.org

中心に洞峰沼がある大きな公園です。その広大な敷地には、テニスコートや野球場、さらにプールまで併設されています。プールは温水なので年中楽しめるのも嬉しいポイント! お友達と思い切り体を動かすのも良いですが、アスレチックや遊具なども充実しているので、子どもと一緒にレジャーを楽しむこともできますよ。

また、公園内に植えられた木々は松やイチョウ、桜など品種はさまざま。どの季節に訪れても自然の美しさを感じることができるでしょう。茨城屈指のレジャースポットといわれる洞峰公園。あなたなら誰とどんな観光を楽しみますか?

37.亀城公園

出典:commons.wikimedia.org

茨城でお花見が楽しめる観光スポットを挙げるなら、「亀城公園」を忘れちゃいけません! 刈谷城の城跡を利用してできたこの公園は、桜の花見客がとても多いことでも有名。ここの桜を見るために、県外から観光客が訪れるほどなんです! 開花時期の夜にはぼんぼりの淡いライトアップもあり、昼とはまた違った顔を見せてくれますよ。もちろん夏になると咲く睡蓮や蓮の花も一見の価値あり!

他にも多くの史跡が残っているので、見応えがあるオススメ観光スポットです。アクセスはJR刈谷駅からバスを使うと目の前で止まってくれるので、大変便利ですよ。

38.霞ヶ浦

出典:SumikoPhoto

茨城県の湖といえば「霞ヶ浦」を想像する方も多いはず。茨城県全体の約3分の1を占めており、全国で2番目に大きな面積を持つ湖です。遊覧船やバス釣りなどのアクティビティを楽しむことができる、茨城の定番観光スポットのひとつなんですよ。

水深約4mと浅瀬ですが、ワカサギやハゼ、ブラックバスなどが釣れることから、近年では釣り人にとって有名な場所。湖畔には釣り専門ショップも点在しているほど!

茨城でのんびりと釣りを楽しみたい方や、水辺でゆったり過ごしたい方にうってつけ! 豊かな自然に恵まれた霞ヶ浦で、観光気分を満喫しましょう!

39.霞ヶ浦ふれあいランド

出典:barman / PIXTA(ピクスタ)

水をテーマにした茨城県行方市の施設で、中には霞ヶ浦ふれあいランドのシンボル「虹の塔」や「玉のミュージアム」など、思考を凝らした展示物が盛り沢山! とくに「虹の塔」では、360度の大パノラマを満喫できます。茨城の観光名所・霞ヶ浦や筑波山、そして晴れた日には富士山も見ることができるんです!

また、併設されている「水の科学館」では、地球の水がいつ生まれたかわかる展示物や、実際に水力に関して体験エリアもあるので、特に家族連れにオススメしたい観光スポット。ちなみに、夏の暑い日にオススメなのが「親水公園」! 水遊びOKの「ざぶざぶけいりゅう」がありますよ。

茨城観光の合間に訪れた際は暑さも吹っ飛ぶような冷たい水で、おもいっきり遊びましょう!

40.牛久自然観察の森

出典:TANAKA Juuyoh (田中十洋) / Flickr

ここ牛久自然観察の森では、茨城県牛久市の自然と動物を身近に感じることができます。敷地内には豊かな緑が広がり、のんびりと自然観察を楽しめます。一番の見どころはネイチャーセンターと呼ばれる施設。生き物たちの展示コーナーや、木のおもちゃで遊べる広場「うっしっし」などがあります。

「うっしっし」のおもちゃは、日本各地と海外から集められているもの。積み木や木馬など、定番な木のおもちゃから本格的な木の機関車まで! 子どもが夢中になって遊んでしまうものばかり揃っています。

遊びながら子どもと一緒に自然や生き物について学ぶことができる嬉しい施設! 茨城観光で子ども心を掴むなら、ぜひ牛久自然観察の森へ。

41.シャトーカミヤ

出典:ja.wikipedia.org

明治36年から続く茨城県牛久市のワイン醸造場。日本初の本格的なワイン醸造場で、ブドウも自社栽培で醸造から瓶に詰めるまでの工程を全て行うこだわりよう!

そして、実はワインだけではなく、シャトーカミヤではビールもあるんです! 園内にあるレストラン「ラ・テラス・ドゥ・オエノン」では、できたてホヤホヤのクラフトビールを飲むことができますので、ぜひお試しあれ!

現在はこの施設内にある旧醸造場3棟は、国が指定する重要文化財になっています。ワインだけではなく建造物も歴史的価値があるので、お酒が苦手だったり飲めない人でもきっと楽しめる茨城の観光スポットです。

42.あみプレミアム・アウトレット

出典:photozou.jp

茨城にあるあみプレミアム・アウトレットはアメリカの西海岸をイメージした街並みが特徴で、安くお買い物ができるスポット。幅広い年代が満足できるように、バラエティーに富んだショップが軒を連ねます。アウトレット価格なので、普段は高くて買えなかった欲しいものも見つかるかも?

アクセスはインターチェンジからほぼ直結!車を持っていない方も、JR荒川沖駅からシャトルバスが出ています。片道は料金が発生しますが、復路は無料で使えるチケットをもらえるので、とってもお得! 観光スポットとして気軽に立ち寄れる点も高ポイントです。

43.土浦全国花火競技大会

出典:ja.wikipedia.org

毎年、涼しくなり始めた10月頃に開催されている茨城県・土浦の花火大会。この花火大会は、全国各地から集まった花火職人による渾身の花火が打ち上げられ、優勝をかけて競われるという大きな特徴があります。

迫力満点な場所で、座ってゆっくりと花火を見たい! という方にオススメしたいのが、河川敷に設置される座敷席。抽選ですが、当選したら席の確保が保証されるので、場所取りをする必要もなくなりますよ! 毎年8月上旬頃に抽選が開始されるので、10月に茨城観光を考えている方は参加してみては?

44.鹿島神宮

出典:ja.wikipedia.org

茨城観光を計画するなら、必ず訪れるべし! 関東で最も古いこの神社は武甕槌大神を御祭神としており、仕事や人生において総合的な開運力にご利益があるとされる茨城県最強のパワースポットなんです!

鮮やかな朱色が目を惹く楼門など、社殿7棟が国の重要文化財。地震を起こす大ナマズの頭を押さえているといわれる霊石・要石や禊の場として知られる御手洗池は、運気がアップするスポットとして要チェックですよ!

また、この神社では鹿を神の使いとしており、開運出世や物ごとの始まりに縁起が良いとされる人気の「鹿島立守」にも鹿の姿が描かれています。
サッカーチーム「鹿島アントラーズ」の選手も必勝祈願に訪れる鹿島神社。茨城を観光しにきたその足で、強運を手に入れましょう!

45.カシマサッカースタジアム

出典:ja.wikipedia.org

Jリーグ「鹿島アントラーズ」の本拠地として知られる、茨城県鹿嶋市にあるカシマサッカースタジアム。現在でも「サッカーの聖地」として確固たる地位を築き、多くの観戦客や観光客が訪れています。

試合観戦も良いですが、せっかく訪れたのなら周辺にある「カシマサッカーミュージアム」を観光してはいかがでしょう? 鹿島アントラーズの軌跡や、FIFAワールドカップの歴史を知ることができるほか、代表選手のサイン入りユニフォームや公式球も見れますよ!

スタジアムまでのアクセスは、バスを使えばなんと東京から直行可能! 2時間ほどで現地まで到着できます。電車を利用した際は最寄りの「JR鹿島サッカースタジアム」駅から徒歩2分と、大変便利です。

46.港公園展望塔

出典:nightfly / PIXTA(ピクスタ)

茨城で夜景が見れる穴場な観光スポットを探している方に是非オススメしたいのが、港公園展望塔です! 鹿島で夜景が見れるスポットとして、密かな人気を集めています。国際貿易港としても知られている茨城県の鹿島港を中心とした、工業地帯を一望することができるオススメのスポットなんです!

高さ約52mの展望台からは見晴らしの良い景色が一面に広がります。晴れていれば太平洋の水平線や、利根川、そして富士山まで見えますよ。

観光スポットとしてはさほど人は多くないので、大切な人と素敵なひとときが過ごせちゃうかも?

47.鹿島灘海浜公園

観光はもちろん、デートにもおすすめな茨城県鉾田市の鹿島灘海浜公園。広大な芝生や、子どもが喜ぶ遊具、そしてここには美しい海を眺められるスポットがいくつもあります!

特にボードウォークと見晴らしの丘は必見です。ボードウォークは木で作られた歩行者用の橋。海はもちろん、竹やぶなどの自然も一緒に楽しめるのが魅力です。

そして見晴らしの丘は、その名の通り海と公園内を見渡せる高台に位置しています。小さな鐘も設置されているので、恋人同士で鳴らすのもロマンチックですね。

そのほかにも食事を楽しめる施設や無料のドッグランなどがあるので、併せてお楽しみください。駐車場もあるので、観光だけでなく車にランチボックスやレジャシートを積んでピクニックを楽しむ…なんていうのも良いかもしれません。

48.水郷潮来あやめまつり

出典:ja.wikipedia.org

毎年、あやめの開花時期にあわせて開催されている「水郷潮来あやめまつり」は、昭和26年より続いている歴史あるイベント。色鮮やかなあやめが咲くなか、様々な催し物が開催されています。なかでも「嫁入り舟」は要注目の観光イベント!

昭和中期まで実際に行われていたものを再現しており、ライトアップされたあやめ園の中にある川岸を本物の花嫁が通ります。この光景が見れるのは期間中のみ! 昼とはまた違う風情を楽しめます。

アクセスはなんと東京駅からも行くことができるんです! バスで約1時間30分ほどで、あやめ祭りの会場となっている水郷潮来に到着できますよ。開催時期に合わせて茨城観光を計画し、是非水郷の落ち着いた風情を存分に楽しみましょう!

49.竜神大吊橋

出典:Fumiaki Yoshimatsu

竜神峡の景色を楽しむならぜひ、茨城県常陸太田市にある竜神大吊橋へ! 竜神ダム上に架けられているこの橋は全長375mと、歩行者のみ使用する橋の中では日本最大級の長さ。

対岸には「木精の鐘」という施設があり、その中の「愛の鐘」は観光に訪れるカップルに大人気! 二人で押さなければならないボタンを一緒に押すことでその音色が竜神峡に響き、ますます愛が深まるかも!

また、竜神大吊橋にきたら忘れちゃいけないのが、最大で100mの高さとなるバンジージャンプ! 観光客はもちろん、多くのバンジーファンが訪れる茨城の有名スポットなので、参加を希望する方は事前にネット予約するのがオススメ。同日2回目は初回より料金が安く、お得にバンジージャンプができますよ!

50.竜神峡

出典:photozou.jp

茨城県内でアウトドアが楽しめる観光スポットとしてオススメしたいのが、竜神峡! 竜神川の侵食によって形成された渓谷で、ここでは、季節にあわせて様々なイベントが開催されています。

たとえば、毎年4月の中旬から5月の中旬まで行われている「鯉のぼりまつり」では、約1000匹の鯉のぼりが竜神峡の上を優雅に泳ぎます。そして秋に行われる「紅葉まつり」も目玉イベントのひとつ。

毎年、紅葉が始まる11月上旬頃から行われていて、撮影スポットとして沢山の観光客が訪れます。他にも沢山のイベントがあるので、茨城観光へ行く前はイベント情報も要チェックです!ハイキングついでに眼下に広がる水のせせらぎに癒やされましょう!

51.袋田温泉

出典:vichie81

茨城県の観光名所「袋田の滝」のすぐ近くにある温泉。アルカリ性の湯質で、肌にやさしく柔らかいお湯として多くの観光客などから親しまれています。

なかでもどこか懐かしい思い出をテーマにした、おしゃれな旅館「思い出浪漫館」は袋田温泉でも大人気! 他にも、民芸調で重厚感満ちた「関所の湯」や隠れ家的な宿「滝美館」などもありますよ。宿泊ももちろんおすすめですが、紹介した3つの旅館では日帰りで温泉を楽しむことができるので、お好みに合わせて選択してくださいね。

袋田の滝でマイナスイオンを存分に浴びた後は袋田温泉で旅の疲れを癒やす…なんて観光プランもおすすめです。

52.袋田の滝

出典:shihina

茨城県の観光名所を聞かれて、袋田の滝を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 日本三名瀑のひとつに数えられてるこの滝は、高さ120m、幅73mという、何とも見応えのある大きさ! 岩壁を4段に流れ落ちる様子から、「四度の滝」という別名で呼称されることもあります。

滝の目前には2ヶ所の観瀑台が設けられており、どちらも絶好の写真ポイント! ライトアップ以外にも季節によってさまざまな表情をみせてくれるこの滝は、秋には紅葉、冬には滝自体が凍結しロッククライミングが楽しめますよ! 日帰りのバスツアーなどを上手に利用して、是非観光に訪れてみてくださいね。

53.月待の滝

出典:Odyssey

茨城の名所・袋田の滝を観光しにきたら、こちらの滝もご一緒にどうぞ! 高さ17m、幅12mとなる月待ちの滝は、三筋に流れ落ちる様子が印象的な観光スポット。最近ではあの人気グループ「嵐」の櫻井翔さんが滝行を行ったことでも有名ですよね。

この滝の魅力は何といっても、滝の裏まで行けること。裏側から滝を眺める…なんて、中々できそうでできない貴重な体験ですよね!

思う存分マイナスイオンを浴びた後は、近くにあるお店「もみじ苑」で流しそうめんをいただいてみてはどうですか? 時期ものになりますがみんなで楽しめること間違いなしなので、観光の際には是非訪れてみてくださいね。

54.磯原海岸

出典:夕凪 / PIXTA(ピクスタ)

色濃く緑が生い茂る天妃山を望め、シンボルの二ツ島を近くに見据える磯原海岸。景色はもちろん、澄んだ海と白い砂浜が魅力です。周辺にはホテルも充実していることから、夏には海水浴を楽しもうと多くの観光者が訪れます。

そして釣りスポットとしても人気! 海水浴から釣りまで1日中レジャーを楽しめるのは嬉しいですよね。茨城観光の締めくくりとして、夕日に照らされた迫力ある二ツ島を眺めるのもおすすめです。

55.六角堂

出典:IbaGeo

海に飛び出た岩場の上にひっそりと立つ赤塗の建物。場所の珍しさも去ることながら、歴史好きにも愛される茨城の観光スポットです。ここ六角堂は、日本の文人であった岡倉天心が手がけた建物。岡倉天心は日本美術の発展に大きく貢献したとして、日本史の教科書にも登場する偉大な人物です。

そんな彼のゆかりの地として人気を集める六角堂ですが、実は現在ある建物は再建されたもの。東日本大震災の被害を受け、新たに建て直されました。夜に行われるライトアップでは、昼間とはまた違った幻想的な六角堂を見るチャンスです!

56.花貫渓谷

出典:shihina

茨城の観光で四季折々の景観を満喫しながら森林浴をしたい方は、ここ「花貫渓谷」はいかがですか? ちょっとしたハイキングを楽しみたい方にはうってつけの観光スポットなんです! 花貫川が山の地表を侵食してできたこの観光スポットは、大小様々な滝や淵が連なっていて、美しい景観が見れる場所。夏には新緑、秋には色鮮やかな紅葉が楽しめますよ。

また、秋には紅葉まつりも開催。川沿いに覆い茂った葉が、赤や黄色に色づく時期に訪れるのがベスト! 川のせせらぎを聞きながら、遊歩道で紅葉狩りを楽しむのもいいですね。

57.阿字ヶ浦海水浴場

出典:ja.wikipedia.org

茨城でも指折りの海水浴場です。およそ1.4kmにわたって続く海岸は、夏になるとカップルや家族連れ、観光客で大賑わい! その最大の魅力は立地にあります。周辺には観光スポット・国営ひたち海浜公園や大型ショッピングセンター、さらには宿泊施設も揃っており、1日に茨城県内のさまざまなスポットをめぐりたいという方にぴったりです。

夏になると海の家も設置され、お食事を楽しむこともできます。人気のスポットということもあり、昼間は混雑するので比較的空いている夕方頃、ふらっと海を眺めに訪れるのも良いですね。

58.雨引山楽法寺(雨引観音)

出典:commons.wikimedia.org

「雨引観音」とも呼ばれる雨引山楽法寺は、観光だけでなく安産祈願に訪れる方も多い茨城県桜川市のお寺。安産や子育てに関するご利益があるといわれており、お守りとお札がセットになっている「安産御守」はこのお寺の代表的な御守です。

また、3000株ものあじさいが楽しめるスポットとしても有名で、6月に開催される「あじさい祭」はオススメの催し。梅雨時期の観光も色鮮やかなあじさいを見れば、きっと楽しい気分になりますよ! さらに境内では孔雀が放し飼いにされており、運が良ければ羽根を広げた見事な姿が間近で見られるかもしれません。

59.アサヒビール茨城工場

出典:ja.wikipedia.org

茨城県守谷市にある、東京ドーム9個分の広さを有するアサヒビール茨城工場。こちらの工場見学ではビールが製造される工程などが学べるだけでなく、一人3杯までビールの試飲ができるんです! これはもう、ビール好きなら行くしかないですよね!
関東平野が見下ろせる地上60mのアイムタワーでいただく、できたての看板商品「アサヒスーパードライ」は、無料のおつまみも相まってそれはもうたまらない美味しさですよ!

観光の際には、守谷駅から運行している無料の送迎バスを利用するのがオススメ。アサヒビール茨城工場で、思う存分ビールを堪能しちゃいましょう!

60.ネーブルパーク

出典:Noriko425 / PIXTA(ピクスタ)

茨城県でアクティブな観光をしたい方にうってつけ! ネーブルパークの魅力は、他の公園より群を抜く遊具の多さです! パーク内には大規模なアスレチックと地下迷路があり、家族連れやカップルにもピッタリ。地下迷路では、ヘルメットを被って約173mの冒険へ…! ワクワクするような造りは、大人でも楽しめるはずです。

そして忘れちゃいけないのが、パーク内にあるポニー牧場! 引き馬や乗馬など、馬と楽しく触れ合えることができる観光におすすめのスポットです。他にもバーベキュー場やログキャビン付きのキャンプ場など、充実した施設も魅力的! 自然と共存したネーブルパークで、忘れられない茨城観光の思い出を作りましょう。

61.日立シビックセンター

出典:Hiroshi Ishii

茨城県の日立市にある文化センター「日立シビックセンター」は、科学館や音楽ホール、プラネタリウム、図書館など様々な施設が入っています。市民の憩いの場として親しまれているこのスポットは、茨城観光へ訪れようとしている方にも是非オススメしたい施設です!

なかでも科学館は家族連れの方にぴったり! 実際に自分の体を使って、科学の不思議について体感できますよ。リアルで迫力満点なので、大人でも楽しめるはず!

また、せっかく訪れるなら毎日行われているプラネタリウムはいかがでしょうか? 全編生解説がついていて、より臨場感が高まりますよ!ただし、毎月最終月曜日が平日の場合ははビシックセンターの休館日で開いていないので、観光で訪れる際には要注意です。

62.石岡のおまつり

出典:commons.wikimedia.org

ちょうどお盆が終わった頃に開催されている、茨城県石岡市のおまつり。正式名称は「常陸國總社宮例大祭」といい、関東三大祭のひとつで全国各地から観光客が訪れます。格式ある神輿を始めとした、豪華な山車や獅子などが市内の中心を練り歩きます。他にも仁羽(みんば)という曲で使用されているひょっとこの祭面にも注目! お面を付けた踊り手が曲に併せてユニークな踊りを披露してくれますよ。

「お正月やお盆に帰省をしないけど、お祭りの時には帰る」といわれているほど、茨城県出身者にとって思い入れのある催しです。

63.潮騒の湯

茨城で観光をした後に、オーシャンビューを眺めながらゆっくりと温泉に浸かりたい方は「潮騒の湯」はいかがでしょう?

血行促進の促しなどの効果が期待できる「化石海水」を含んだお湯に浸かりながら、オーシャンビューを楽しむことができちゃう「展望大露天風呂」があるんです! 他にもサウナやジェットバスも完備しているので、お好みに合わせて温泉を楽しんでくださいね。

ちなみに大洗町は「ガルパン」でお馴染みの『ガールズ&パンツァー』の舞台として知られている観光地。もちろん「潮騒の湯」も携わっていて、コラボした限定グッズなどがあります! 聖地巡礼のひとつとして、また違った角度でも人気がある観光スポットです。

64.大野潮騒はまなす公園

出典:ocasek / PIXTA(ピクスタ)

茨城県鹿嶋市に位置する大野潮騒はまなす公園は、お子様がいる人には特にオススメしたい観光スポット。

その理由は、海に向かって滑り落ちる「ロング滑り台」があるからです! スタート地点からは地平洋を望むことができ、海に向かって滑り落ちる爽快感は迫力満点で、大人の方にもこの感覚はぜひ味わって欲しいところ。約150mある滑り台は、この公園にきたなら是非試してくださいね。

そしてもうひとつ、とっておきの観光スポットが「プラネタリウム」。最新技術が搭載されているプラネタリウムで、ゆっくりと落ち着いたひとときを過ごしてくださいね。

65.大洗サンビーチキャンプ場

出典:ヨシヒロ / PIXTA(ピクスタ)

茨城で丸一日アウトドアを楽しみたい! そんな方にぴったりなのが、海水浴場からほど近い場所にある大洗サンビーチキャンプ場です。敷地や施設はしっかりと整備され、駐車場もあるので荷物が多くても安心!場所によっては茨城の海を臨みながらバーベキューを楽しむこともできますよ。

そしてこのキャンプ場には大学も併設されており、体験イベントが実施されることも! カヌーや釣りなど、大洗の自然を活かした体験ばかりなので、茨城観光の際は併せてチェックしてみてください。また、近くには「潮騒の湯」という温泉もあるので、1日の疲れを癒やしに立ち寄るのもおすすめです。

66.フォレストアドベンチャーつくば

茨城県に位置する筑波山神社の近くにあるフォレストアドベンチャーつくばでは、全56種類ものアクティビティがあり、1日中遊べます。なかでも木の上を空中散歩できるジップランドというアスレチックはこの施設の目玉! 梅林を眼下に渡るので、迫力があります。

また、身長が110cm以上の方からチェレンジできる「キャノピーコース」は小さなお子様連れの方にもぴったり! 料金も通常の「アドベンチャーコース」より安く、気軽に遊べます。普段は体験することのできないアトラクションばかり! たまには大自然のなか、体を思いっきり動かして遊ぶ…といった観光スタイルもオススメです。

67.フォレストパークメロンの森

実は茨城県はメロンの生産量および栽培面積が日本一ということを知っていましたか? そんな茨城を代表するフルーツ「メロン」を満喫したい方は、フォレストパークメロンの森への観光がオススメ!

ハウスの中に足を踏み入れると、メロンの甘い匂いが漂います。メロンのシーズンは5~7月と9月中旬~10月下旬にかけて。この時期にはメロン狩りができるので、たくさん味わいましょう! 他にも秋にはさつまいもの収穫を体験することができたり、幅広い年代の方が楽しめるような魅力が凝縮された観光スポットです。

ちなみにオススメしたいシーズンは、9月中旬から10月にかけて。この時期に合わせて観光にくれば、メロンだけではなくさつまいもも楽しめるので、ぜひお試しください!

68.つくばわんわんランド

出典:Kazuhiro Tsugita

お家で犬を飼っている方必見! 茨城県つくば市にある「わんわんランド」は犬のためのテーマパークです。その名の通り、観光で連れてきた犬の散歩をすることもでき、ドッグランでおもいっきり遊ばせることができます!

そして、飼っていない人には朗報! 施設内には90もの犬種で500匹もいるワンちゃんの中からレンタルすることができ、お散歩などを楽しめちゃうんです! お気に入りの子を見つけて充実した1日を過ごしましょう。

他にもかわいいワンちゃんたちが出る「わんわんステージ」や、ワンちゃんと一緒に遊べる「わんぱく広場」など、好きな方にはたまらない茨城の穴場観光スポットです。ただし、近年では口コミなどで高い評価を受けているので訪れるなら今!

69.サイバーダインスタジオ

出典:ja.wikipedia.org

茨城県つくば市に建つ大型ショッピングモール「イーアスつくば」の中に、「サイバーダインスタジオ」はあります。中に入ると近未来のような空間になっていて、まるでタイムスリップしたかのような世界観が広がる観光スポットです! 最新テクノロジーなどを見学することができます。

なかでも、ロボットスーツ「HAL®」の装着体験がオススメ! まるで漫画からできてたかのようなフォルムは、見るだけでも圧巻です! これをつけると身体機能が増幅されるとか。最先端のロボット技術を肌で感じることができますよ。これからの未来をここ、茨城で感じるのもアリです!

70.ラクスマリーナ

キャンプ場やヨットなど、バラエティ豊かなアクティビティを完備する、茨城県土浦市の施設。とくにヨットに関しては、茨城県内でも歴史のあるマリーナのひとつなんですよ。

未経験の方でも乗れるように工夫された小型ヨットがあるのでぜひお試しください! 湖の風を感じながら乗るヨットは、きっと日頃の疲れも癒やしてくれるはず…! もちろんヨットだけではなく、カヌーもあるのでゆっくりと霞ヶ浦観光を満喫したい方にはこちらがおすすめ。

たくさん遊んだ後は、施設の中にある足湯はいかがでしょうか?天然温泉なので1日の疲れもリフレッシュできますよ!霞ヶ浦へ観光しにきた際は、見るだけではなく、体を使っておもいっきり遊んでみませんか?

71.大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラ

茨城でキャンプをしたいと思っている方に是非オススメしたいのが、大子広域公園の中にあるオートキャンプ場「グリンヴィラ」! 日本オートキャンプ協会が主催している格付けでは、5つ星キャンプ場として認定されました。そのため、繁忙期にあたる夏には予約でいっぱいになってしまうほど大人気の観光スポットなんですよ!

施設内には、温泉施設や温水プール、アスレチックなど、みなさんがイメージするキャンプ場の概念を覆した設備が完備されていて、なおかつ綺麗なんです! おもてなしも行き届いており、5つ星に選ばれる理由も頷けますね。

茨城を観光するなら「日本一のキャンプ場」として名高いグリンヴィラで、素敵なひとときが過ごしてみませんか?

72.かみねレジャーランド

広い遊園地ではなく、昔ながらのほのぼのとしたところで遊びたいなら、茨城県日立市のかみねレジャーランドへ! かみね公園の中にある施設で、約17個のアトラクションを安い値段で遊ぶことができます。程よい広さで乗り物もまとまって集結しているので、小さなお子様がいる方でもあまり疲れずに遊べる観光スポットです。

迫力満点のジェットコースター「ドリームコースター」は、この園内の目玉アトラクション。苦手じゃない人は是非試してみてくださいね!ゆっくり観光を楽しみたい方はかみね遊園地のシンボル「大観覧車」はいかがでしょうか? 高さ30mの頂上から見る、茨城県日立市内と太平洋は圧巻です。

73.かみね動物園

出典:ja.wikipedia.org

茨城県日立市にあるかみね公園の敷地内に設けられた、太平洋が望める動物園。園内には人気のレッサーパンダやベンガルライオン、カピバラなどが展示されており、エサやり体験やイベントなどを通して、動物たちを身近に感じることができます。

また、夏の時期だけではありますが、「夜の動物園」が開催されることも! 昼間とは違う、夜ならではの生態が見れますよ。レジャーランドと共通の割引入園券を購入すれば入園料が割引になるので、どちらも観光プランに入れて思いきり楽しんじゃいましょう!

74.茨城県天心記念五浦美術館

日本の渚100選および、日本音風景100選のひとつとなる「五浦海岸(いづらかいがん)」の入江と、松林が見られる景勝地に建っている北茨城市内の美術館。岡倉天心や横山大観をはじめとした、五浦を愛した作家たちの実績を称える意味を込めて、1999年に開館され、現在でも観光客を始めとした多くの方から愛されています。

そんな茨城県天心記念五浦美術ですが、かつて東日本大震災の復興を目的とした展覧会で「ウォルト・ディズニー展」を開催したことで、話題になりましたね。約700点もの展示物は多くの方を魅了! なかには本邦初公開の貴重な愛用品などもあり、数多の観光客が訪れたそうですよ。

75.野口雨情記念館(北茨城市歴史民俗資料館)

童謡『赤い靴』や『シャボン玉』が有名な作家・野口雨情の故郷である、茨城県北茨城市にある記念館。ここには、歴史民俗資料館も併設されていることから、「北茨城市歴史民俗資料館」と呼ばれることもあります。

記念館に到着すると、まず野口雨情像がお出迎え。ここに歩み寄ると、なんと『シャボン玉』のメロディーと共に本物のシャボン玉が無数に出てきて、観光客をあたたかく迎え入れてくれます。また、中にある野口雨情のコーナーには、数々の作品のほかにも、民謡普及のために行っていた全国行脚や、家族に宛てた手紙、書籍などが展示されています。

野口雨情の代表作が一挙に見れるので、茨城観光の際には訪れる価値ありですよ!

76.ワープステーション江戸

出典:ja.wikipedia.org

ワープステーション江戸は、茨城県のつくばみらい市にあるロケ施設。有料ですが一般人にも公開されていて、観光におすすめのスポットです。最近では、大河ドラマ『真田丸』の撮影もここで行われているんですよ。

江戸から昭和時代までの街並みをモチーフとしたセットは歩いているだけでも、まるでタイムスリップしたかのよう! 観光しにきた記念にお堀や太鼓橋といった豊富な景観をバックに写真撮影するのも良いですね。ちなみに、ロケ実施中は施設内で交通規制が行われることもあるので注意しましょう。

77.明治みるく館

meijiチョコレートや明治エッセルスーパーカップでお馴染みの株式会社明治。ここ茨城県守谷市には、明治が製造を行う「明治みるく館」という工場があります。現在は「明治なるほどファクトリー守谷」としてリニューアルされ、工場見学が可能です。

見学の流れは、映画を鑑賞した後、製造を専用の通路から見学、そして展示室へと向かいます。そのほかにも、原寸大の牛の模型を使って乳しぼりの擬似体験ができたり、乳酸菌や栄養についても学ぶことができる、まさに「なるほど!」な施設です!

入園も無料なので茨城観光の合間にふらっと立ち寄るにもぴったり。予約は電話にて受け付けているので、観光のプランが立ったらお早めに!

78.ひょうたん美術館

全国でも珍しいひょうたんの美術館が、ここ茨城県小美玉市にあります。およそ5000個ものひょうたんと、そのほか陶器や武具などの貴重な品々を展示。さらに美術館自体も100年前に造られた建造物とあって、とことん歴史が感じられる施設です。

そんなひょうたん美術館を彩るのが美しい自然たち。紅葉やサルスベリ、ツワブキなど、季節ごとにさまざまな表情を見せてくれます。金木犀の甘い香りが漂う9月は特におすすめの観光シーズン! 自然風景とともに、秋の訪れを香りでも楽しめますよ。

ひょうたんの漬物やストラップなど、ひょうたん美術館ならではのユニークなお土産も充実しているので、茨城観光の記念に購入してみてはどうですか?

79.つむぎの館

出典:グレーチャート / PIXTA(ピクスタ)

今なお息づいている2000年の歴史と伝統を感じてみませんか? 茨城の観光スポット「つむぎの館」は、結城袖のミュージアムとして2006年にオープン。長年、問屋として商いをしていた奥順が、創業100年を記念した「もっと沢山の方たちに結城袖を知ってもらいたい」というアツい想いから作った施設だそう。

館内には資料はもちろんのこと、結城袖製品を扱うショップや染織体験ができる工房などを完備。さらに、季節によっては浴衣染め体験や、着付け体験、ひなまつりなどのイベントも実施しています。

アクセスはJR結城駅から徒歩10分と、駅からもあまり離れていない点も嬉しいですよね。茨城観光の際には是非、結城袖の歴史に触れてみてください。

80.水郷県民の森

広大な敷地と自然を有する、茨城県潮来市の平地林です。特に、敷地内にある木製デッキと吊橋はおすすめのスポット! 湖面に近い木製デッキでは自然を間近に感じることができ、85mの吊橋から森林を眺めれば開放的な気分を味わえるでしょう。

そのほかにも、自然をテーマにしたビジターセンターや古墳群など見どころ満載! そしてその敷地の規模から音楽祭や4時間耐久リレーマラソンといったイベントにも利用されています。茨城の穴場観光地「水郷県民の森」で、自然を間近に感じる癒やし旅をどうぞ!

◎まとめ

テーマパークから名勝地、そしてお祭りまで! 茨城のおすすめ観光スポットをとことん挙げてみました。アクティビティが楽しめる観光地がある一方で、歴史にふれられる施設や自然も多数ご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? この記事が茨城観光を予定しているあなたの手助けになれば幸いです。

茨城県内の観光スポットなら季節を問わず楽しめるのはもちろん、あなたの気分にぴったりな観光プランが見つかるはずですよ! 次の休日は茨城で、あなたらしい素敵な時間をお過ごしくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の茨城行き格安航空券

茨城でおすすめの記事

茨城のアクセスランキング