自然と歴史の宝庫、美しきヨルダンのお勧め観光スポット10選

画像出典:www.istockphoto.com

自然と歴史の宝庫、美しきヨルダンのお勧め観光スポット10選

目次

自然と歴史の宝庫、美しきヨルダンのお勧め観光スポット10選

目次を閉じる

3:死海

出典: 撮影者:David Spinks/flickr

死海といっても実は海ではなく塩分濃度が30%という塩湖で、生物が棲めないまさに死の海です。普通の海の塩分濃度は3%なので約10倍!試しにちょっと舐めてみたくなりますが、やめておいた方がいいですよ、塩辛いを通り過ぎて苦い!どうやってこんな塩湖ができたか気になりますよね。死海の海抜はなんとマイナス423mで全ての水の最終地点。流れ出る所がなく、溜まった水がどんどん蒸発していき濃い塩分が残ったのです。

いざ湖の中へ!本当にプカプカ浮いてしまって泳ごうとしても無理なくらいです。ただし最初は10分程度にしておきましょう。体に虫刺されなどの傷があったらしみて大変なので要注意ですよ。お次は泥パック、たっぷりと顔や体に塗ってみましょう。乾いたらまた死海に入って洗い流します。天然ミネラルたっぷりの泥パックの効果はいかに?本格的に泥パックや塩マッサージをしたい方は死海沿いにずらりと並ぶホテルのスパがお勧めです。

4:マイン温泉

出典: 撮影者:Rob/flickr

死海エリアにあるマイン温泉は、大きな滝から流れ出る珍しい温泉として観光客のみならず、地元の人にも人気を集めています。その歴史はとても古く、ローマ帝国時代のヘロデ王が通っていたとも言われています。マイン温泉の源泉は谷から流れて地下にある溶岩の隙間を通りながら熱されていき、その温度は145度になるそうです。滝から流れ落ちた先にある温泉の温度は42.3度で日本人には丁度いいお湯加減ですよね。

アンマンから日帰りの温泉利用も可能ですが、一泊だけでも宿泊して温泉リゾートを楽しんでみてはいかがですか?近年、Evasonホテルがシックスセンスグループ傘下に入り改装されて高級スパリゾートに生まれ変わりました。マイン温泉のシンボルである大きな滝はこのホテルの敷地内にあるんですよ。洞窟を利用した天然のスチームバスやエステでのんびり。温泉以外に何もないマインですが、その何もないを楽しむ事が最高の贅沢になるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ヨルダンでおすすめの記事

ヨルダンのアクセスランキング