狂気と孤独に満ちた王が作った空中宮殿、世界遺産の古代都市シギリヤ

画像出典:www.istockphoto.com

狂気と孤独に満ちた王が作った空中宮殿、世界遺産の古代都市シギリヤ

世界遺産のシギリヤは、スリランカで人一番人気の観光スポット。スリランカのジャングルの中から突然現れる巨大な岩は、見る者を圧倒させます。そして古の時代に作られたとは思えないような、今なお美しく残る壁画や宮殿跡は見ごたえがあります。そんなスリランカの世界遺産、古代都市シギリヤを紹介しましょう。

目次

狂気と孤独に満ちた王が作った空中宮殿、世界遺産の古代都市シギリヤ

目次を閉じる

古代都市シギリヤとは

シギリヤ(シーギリヤ)はスリランカの中部州、マータレーにある遺跡です。この世界遺産は5世紀にカッサパ1世によって造られ、空中宮殿や高度な水路施設、さらに庭園などがありました。

ギリヤロックはジャングルにそびえ立つ高さ200mの巨大な岩山。疑心暗鬼から父親を殺し、弟からの復讐を恐れたカッサパ1世は、空中宮殿を建造します。美しいシギリヤ・レディの壁画で飾り、権力の象徴である立派なライオンの入口を構えましたが、最後には恐れていた弟に攻め入られてしまい、自害してしまいます。

そんな悲劇の歴史をもつシギリヤには、今も王宮跡や美しいシギリヤ・レディ、ライオンの入口の一部など、見どころがたくさん残っています。

古代都市シギリヤへのアクセス

古代都市シギリヤへは首都コロンボからバスで約6時間。キャンディからだと約2時間半、ポロンナルワから約2時間、アヌラーダプラ、シギリヤ市街からは約1時間です。これらの世界遺産の都市を回るツアーもあるので、利用すると便利。他にもツーリストカーが一番早くて楽ですが、公共交通機関に比べるとかなりの額になります。

古代都市シギリヤのおすすめポイント①王宮跡

出典: www.istockphoto.com

世界遺産の一部であるシギリヤロックの頂上には、1.5ヘクタールにも及ぶ王宮がありました。兵舎や住居、会議室や玉座などの名残を今も見ることができますが、その中でも一際目立つのが王のプールです。今でこそ雨水が貯まっているだけですが、かつては水を汲み上げる驚きの技術がありました。

さらに頂上からの眺めも圧巻です。どこまでもひろがるスリランカの緑のジャングルは、かつてここが王宮だった頃とそう変わってはいません。孤独だったカッサパ1世に思い馳せるのもいいのではないでしょうか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

スリランカでおすすめの記事

スリランカのアクセスランキング