リトアニアに行ったなら見るべき観光地&世界遺産厳選5選!

リトアニアに行ったなら見るべき観光地&世界遺産厳選5選!

バルト三国でいちばん南に位置するリトアニア共和国。九州と四国を足したほどの大きさの小さい国ですが、リトアニアには魅力的な観光地がたくさんあります。リトアニアの歴史を感じられるヨーロッパの雰囲気抜群の観光地や、世界遺産もあるんですよ。

リトアニアは映画『杉原千畝』の舞台となった国でもあり、美しい町並みや観光地の数々に、主演の唐沢寿明さんも夢中になったそうです。

今回はそんな素晴らしい小国リトアニアで、特に見ていただきたい観光地5選をご紹介します!

目次

リトアニアに行ったなら見るべき観光地&世界遺産厳選5選!

目次を閉じる

1.ビリニュス旧市街

リトアニアの首都ビリニュスは、リトアニアで一番人気のある観光地で、旧市街は世界遺産に登録されています。中世ヨーロッパにタイムスリップしてきたかのような町並みで、雰囲気のある路地やかわいらしい家屋等、フォトジェニックな場所がたくさんある観光地です。写真を撮るのが好きな方、インスタグラムなどのSNSで素敵な写真をアップしたい方には、是非おすすめです。

ビリニュス旧市街には古き良き中世ヨーロッパの建築物がぎっしり詰まっているので、歩いて見ているだけで楽しい気分になってきます。ビリニュスはバルト三国の中で唯一内陸にある首都で、旧市街にはアップダウンが激しい道もあります。古い町並みなのでそこまで舗装されておらず、道の多くも石畳でできているので、ゆっくりこの素晴らしい風景を楽しみたい方は、歩きやすい服装・靴で観光することをおすすめします。

2.聖ペテロ・パウロ教会

出典: upload.wikimedia.org

リトアニアの首都ビリニュスの旧市街から、20~25分ほどバスに乗ると訪れることができるのが、聖ペテロ・パウロ教会です。リトアニアの人気観光地の一つで、真っ白な天井の漆喰彫刻は息を飲むほどの美しさ。ずっと見ていると、違う世界にきてしまったかのような錯覚に襲われそうなほどです。

1668年から、30年もの歳月をかけて作られたリトアニア一美しいと行っても過言ではない、この聖パテロ・パウロ教会はロシアからの解放を記念して建てられたものです。美しい天井画には、戦争の歴史を描いたものもあり、悲しい歴史を感じることもできますし、この悲しみが美しさをさらに際立たせているような気持ちにもなる、いろいろな心を呼び起こしてくれる、おすすめの観光地です。美しさに圧倒される教会なので、リトアニアに観光に訪れた際は是非立ち寄ってみてください!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リトアニアでおすすめの記事

リトアニアのアクセスランキング