動植物との出会いと感動の連続!マダガスカルのおすすめ観光10選

動植物との出会いと感動の連続!マダガスカルのおすすめ観光10選

アフリカ大陸の南東、インド洋に浮かぶマダガスカルは、世界で4番目に大きな島で、1島で日本の国土の約1.5倍にもなります。アフリカ大陸よりもインドネシアとのつながりが強いとされ、アジアに一番近いアフリカといわれています。日本からの直行便はなく、島内の観光にはタクシーブルースというミニバスが多く利用されています。

現地で多用されている言語はマレー系のマダガスカル語。公用語はフランス語で、英語はほとんど通じません。11月から3月は雨期となり、移動に何倍もの時間がかかってしまうため、観光には乾季がおすすめ!キツネザルなど、多くの固有種の生物がみられる自然の宝庫です。

目次

動植物との出会いと感動の連続!マダガスカルのおすすめ観光10選

目次を閉じる

1.バオバブ街道

樹木をひっくり返したような面白い形をしたバオバブの木、『星の王子様』にも登場する有名な木が、マダガスカルのシンボルとしても知られています。このバオバブの木が立ち並ぶ並木道は、ここでしか見られない、いつまでもじっと静かに見ていたい忘れられない風景です。

バオバフが立ち並ぶその向こうに、真っ赤に染まる夕焼け空が広がる絶景に出会えたら、その美しさに言葉を失うことでしょう。2本が抱き合うように寄り添うツイスト・バオバブや、緑の葉に覆われた様子など、いろいろの表情も見せてくれるバオバブの木、ここだけの出会いがたくさんある観光地です。

2.イサロ国立公園

浸食された地層岩で出来上がった地形は、アフリカのグランドキャニオンと称されています。タクシーブルースで陸路を行くと、あたりにごつごつした岩山の景色が始まり、「イサロの女王」という奇妙な自然の造形美が迎えてくれたら、そこが入口です。

乾燥熱帯林とサバンナ気候の公園では、有名なキツネザルをはじめ、日本人にもなじみのある横っ飛びサルのベローシファカ、その他哺乳類や鳥類、カエルなどの多くの固有生物に出会えます。多くの観光客が、ガイド付ハイキングを楽しむ野生動物の宝庫!マダガスカル観光ではぜひ訪れてみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マダガスカルでおすすめの記事

マダガスカルのアクセスランキング