南米のおへそ!?急成長中のパラグアイのお勧め観光地5選!

画像出典:Arcadiuš

南米のおへそ!?急成長中のパラグアイのお勧め観光地5選!

ブラジル、アルゼンチン、ボリビアに囲まれた内陸国であるパラグアイは、北側には希少な動物が生息する湿地帯、南側には世界遺産や世界第2位の発電力を誇る水力発電所などたくさんの魅力溢れる観光地があります。

パラグアイは南米の中心部に位置することから、特に首都アスンシオンには南米を旅行する観光客が中継地点として訪れます。先住民族のグアラニ族とスペイン文化がうまく交じり合った素朴でのんびりとした雰囲気が流れるパラグアイのお勧め観光地をご紹介します。

目次

南米のおへそ!?急成長中のパラグアイのお勧め観光地5選!

目次を閉じる

1.モンダウの滝

出典: FF MM

パラグアイの瀑布として有名なモンダウの滝は、高さ40メートルの3つの滝と小さなたくさんの滝が見られる迫力満点の観光スポットです。

先住民族のグアラニ族の休憩所だったと言われているモンダウの滝へは、後ほどご紹介するイタイプダムや、日本でも人気の観光地、イグアスの滝からも近いシウダー・デル・エステから行くことができます。

周辺はあまり観光地化されておらず、イグアスの滝と比べて落ち着いた雰囲気。水の豊富なパラグアイならではの観光地でマイナスイオンをたっぷり浴びてきてください。

2.ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

出典: Niels Mickers

ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群は、18世紀に設立されたパラグアイに残るイエスズ会の伝道所の遺跡。パラグアイ唯一の世界遺産であり、多くの観光客を集めています。

伝道所はパラグアイの原住民にキリスト教を広めるために作られた集落で、ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナ遺跡は地元ではトリニダー遺跡と呼ばれ、教会や学校、集会所、博物館、住居などを見ることができます。遺跡へはアルゼンチンとの国境にある街、エンカナルシオンからバスかタクシーで40分ほどで、トリニダー遺跡からヘスース・デ・タバランゲへは20分ほどです。

二つの遺跡間の移動にはタクシーが便利ですが、周辺をゆっくり見ながら観光したい人には自転車のレンタルサービスを利用するのがおすすめ。またエンカナルシオンから観光ツアーも出ています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

パラグアイでおすすめの記事

パラグアイのアクセスランキング