大自然を満喫!南米フランス領ギアナのおすすめ観光スポット6選

画像出典:JuliasTravels

大自然を満喫!南米フランス領ギアナのおすすめ観光スポット6選

フランス領ギアナをご存知ですか?このブラジルとスリナムの間に位置するギアナは南米の中でも比較的治安が良好で、国のほとんどはアマゾンの森に覆われていることからエコツーリズムの楽園とも呼ばれています。

また、ギアナの観光地は自然だけにとどまりません。監獄としての仄暗い歴史を肌で感じられる遺跡や、1月~3月に行われるカーニバルなど、様々な楽しみ方ができるのも特徴です。ここは訪れる人々の自然・文化・歴史など様々な興味を満たしてくれることでしょう。今回はそんなフランス領ギアナの魅力を観光地とともにお届けします。

目次

大自然を満喫!南米フランス領ギアナのおすすめ観光スポット6選

目次を閉じる

1.マロニ川のクルーズ

出典: Neman

ギアナの2大河川のうちのひとつ、マロニ川のクルーズは最もおすすめしたいフランス領ギニア観光のひとつです。アマゾンの森を河川から眺めれば、ジャングルを冒険しているような感覚を味わえるはず。またギアナに暮らすインディアンなどの少数民族の世界を垣間見ることもできるのです。

大自然と原住民の文化に触れることもできるリバークルーズを体験せずにギアナは語れません!クルーズは1時間のものから数日に渡るものまであります。日程を調整してぜひ体験してみてくださいね。

2. 流刑地の収容所跡

出典: Sébastien MAENNEL

マロニ川の近くでもう1つおすすめしたいのが流刑地の収容所跡。今は楽園として知られるギアナですが、その昔、フランス史上最悪の監獄があったことでも有名な地域でもあります。お隣の国スリナムとの間にあり、全ての捕虜がギアナで最初に到着した場所として知られています。

個人で見学することもできますが、入り口にあるツーリストインフォメーションでツアー(英語もしくはフランス語)を申し込むことをおすすめします。悪魔の島と呼ばれた由来や歴史を聞きながら、当時の風景に想いを馳せることができますよ。

なお、サリュー諸島には「この地に流されたら二度と出ることはできない」と言われた、ギアナ内で最も悪名高いとされる監獄の跡地があります。時間に余裕のある方は、ぜひあわせて観光してみてくださいね。

3. コー湿原地帯

出典: Cayambe

ギアナの首都カイエンヌの南東にあるのはコー湿地帯。ここは自然保護地区にも指定されている野生動物たちの楽園なのです。コー湿地帯では野生の美しい草花と水地帯を見ることができます。また色とりどりの鳥の住みかでもあるので、日本では見ることのできない珍しい鳥に出会えることでしょう。

コー湿原地帯は約10万ヘクタールとかなり広大なので、ツアーに参加するのが効率的。ツアーは中上級者向けのトレッキングツアーから初心者が安心して参加できる短時間のものまであります。ご自身の体力と相談して選んでみてくださいね。

4. カイエンヌのカーニバル

出典: Didwin973

毎年1月から3月、ギアナの首都カイエンヌの町ではカーニバルが行われます。カーニバルといえばお隣のブラジル、リオデジャネイロのカーニバルが世界的に有名ですが、ここカイエンヌのカーニバルも見逃すことはできません。18~19世紀の女王トゥルルを模した女性達が見られるのはギアナならでは。全く露出をしていない女性を見つけたらそれがトゥルルの装いです。

期間中には街中で様々なイベントが開催されますが、パレードが見られるのは日曜日。スケジュールをしっかりチェックして、南米のお祭り気分を存分に味わってみてください!

5.ギアナ宇宙センター

出典: amanderson2

ギアナ宇宙センターはギアナ北部の町クールーにあるロケット発射基地。1968年の稼動から幾度もロケットの発射地として使われてきました。ギアナ宇宙センターの見どころを余すことなく堪能したいという方には、無料で催行されるツアーがおすすめ。

言語はフランス語ですが、広い敷地内をめぐるこのツアーではロケットの発射台やオペレーションルームの様子やロケットなど視覚で宇宙を感じられるものが満載なので、フランス語がわからない人でも十分に楽しめます。なおこのツアーは人気なので早めに電話やメールなどで予約を入れておくと良いでしょう。ここギアナでテクノロジーの最先端、宇宙の世界を覗いてみませんか?

6. ギアナ北部でウミガメの産卵を見る!

世界中で絶滅危惧種に指定されているウミガメですが、世界でも有数のウミガメが産卵するビーチを有するギアナ北部の海辺の町アワラ=イヤリマポでは、実際にウミガメの産卵を目にすることができます。

ウミガメの産卵シーズンは例年3月~7月となっており、この時期に訪れると運が良ければ産まれたばかりのウミガメが海に向かって歩いていく姿を見られるかもしれません。見学する際のルールは距離をとって静かに見守ることです。新しい命の瞬間はあなたの旅を一層特別なものにしてくれるでしょう。

◎まとめ

フランス領ギニアはあまり馴染みのない地域ではありますが、大自然から歴史、文化、最先端テクノロジーまで数え切れない魅力が詰まっているのです。貿易風で過ごしやすい気候であることと、治安も比較的落ち着いているので南米デビューに良い場所かもしれません。アクセスに時間はかかりますが、一生忘れることのできない景色を目にすることができるはずです。新しい世界を感じる旅に出てみませんか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

フランス領ギアナでおすすめの記事

フランス領ギアナのアクセスランキング