セネガルを楽しむ上でおさえておきたい観光スポット6選!

セネガルを楽しむ上でおさえておきたい観光スポット6選!

サハラ砂漠の西南端に位置しているセネガル共和国。首都ダカールの名前はかつてパリ・ダカール・ラリー、通称パリダカの最終目的地としてご存知の方もいらしゃるかと思います。この西アフリカの最西端にある国は15世紀中期からヨーロッパ諸国による植民地の影響を今もなお残しています。

フランスの植民地から独立後も良好な関係を続け、社会情勢が不安定とされるアフリカ諸国の中では政治的な安定が保たれ、比較的治安が良い国とされています。また、国内にはセネガルの魅力が詰まった観光スポットが数多くあり、今回はその中でもぜひ訪れたいスポットをご紹介させていただきます。

目次

セネガルを楽しむ上でおさえておきたい観光スポット6選!

目次を閉じる

1.ゴレ島

出典: commons.wikimedia.org

セネガルの首都ダカールの沖合3kmにある小さな島で、ダカールの港からフェリーでおおよそ20分ほどの沖合にあります。フェリーは1時間か2時間半ごとに出ています。島に着くと色鮮やかな建物と砂浜があり観光客と地元の人々でにぎわいを見せています。ゴレ島が人々を惹きつける理由としては過去に奴隷貿易の拠点であった暗い歴史を残しているからです。

島内にある奴隷の収容や売買がされていた「奴隷の家」と奴隷たちが売り渡される前にくぐる「帰らずの扉」は人類の負の遺産として歴史的に大きな価値を有することから、1978年にゴレ島が世界遺産として登録されました。ダカールからほど近く、色鮮やかで異国情緒あふれるリゾート地として楽しむのと同時に忘れてはならない歴史の一部を知ることができます。セネガルを訪れた際にはおすすめの観光スポットです!

2.ラック・ローズ

ラック・ローズはセネガルの首都ダカールから北西約40kmにある湖で、正式にはレバト湖と呼ばれています。湖面の色が鮮やかなピンク色に変化することで知られセネガル国内屈指の観光スポットであります。ラック・ローズへの行き方としては市内のポスト・チャーロイと呼ばれるバス停から出る73番バスで終点の湖まで片道2時間ほどで行くことができます。バスが不安な方は市内からのツアーやタクシーでも行くことをオススメします。

湖面がピンク色になる原因としては湖に生息している藻類が影響しており、11月から6月の乾期のよく晴れた日差しの強い日に鮮やかなピンク色になります。また、湖は塩湖であり湖畔では塩の収穫作業も見ることができます。塩分濃度の高さから死海のようにかんたんに浮くことができるので、旅のいい思い出にピンクの湖面に浮かんでみるのもいいかもしれませんね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

セネガルでおすすめの記事

セネガルのアクセスランキング