歴史が今も残る神秘の国スリランカ。魅力いっぱいのお勧めスポット5選!

まだまだ日本人には馴染みが薄いスリランカ。セイロンティーの産地として世界的にも有名ですが、紅茶だけじゃないんです!スリランカの観光スポットは、インド洋に面したビーチから数多くの世界遺産まで。実は、見どころいっぱいの国なんです。

小さな島国に秘められた不思議なパワー溢れるこの国は、知れば知るほど奥が深くその魅力に魅了される人が続出。今注目度急上昇中です。そんな不思議な魅力を持つスリランカを訪れたら見ておきたい、5つのお勧めスポットをご紹介します!

[x] 閉じる

歴史が今も残る神秘の国スリランカ。魅力いっぱいのお勧めスポット5選!:目次

1.シーギリヤロック(シーギリヤ)

出典: Amila Tennakoon

スリランカで外せない観光スポットの一つといえば、シーギリヤロック。写真や映像で見たことがある方も多いのではないでしょうか。一面に広がる広大なジャングルの中に突如現れる巨大な岩。その頂上には遠い昔に宮殿が建てられ、実際に当時の王が住んでいたと言われています。なぜこんなところに、そして一体どうやって作ったのか。見れば見るほど不思議な感覚に包まれること間違いありません。

▶紅茶の国・スリランカに行きたい!古代都市シーギリヤ観光おすすめスポット6選

そんな感覚に浸っていられるのも束の間、道はどんどん険しくなっていきます。岩肌に備え付けられたスリル満点のらせん階段を登ると、シーギリヤロックの目玉の一つ「美女の壁画」がお目見えします。千年以上も前に描かれたとは思えない鮮やかさ。頂上付近には元々獅子をかたどっていたと考えられている巨大な一対の足の部分が門柱のようにそびえ立ちます。ここにはスリランカの哀しい歴史の物語があるんだとか。異国の地で遠い日のロマンに思いを馳せてみるのも素敵ですね。

2.仏歯寺(キャンディ)

出典: Hafiz Issadeen

スリランカ中部の中心的な都市であるキャンデイ。そのシンボル的存在ともいえるのが、この仏歯寺です。その名が表すように、この寺院にはインドから持ってこられたとされるブッダの歯が安置されています。美しいキャンディ湖畔に佇むその仏閣には、常に大勢の参拝客が押し寄せ賑わいを見せています。

▶スリランカの古都、世界遺産・聖地キャンディの見どころをご紹介!

「ダラダー・マーリガーワ寺院」とも呼ばれる仏歯寺。1日に3回あるプージャと呼ばれる礼拝の時間には、仏歯が納められている部屋の扉が開放さえるため、地元の人や観光客が更に集まります。毎年8月には、ペラヘラ祭と呼ばれる祭が行われ、ブッダの歯を象の背中に乗せて街中を練り歩きます。その姿を一目見ようと、国内外から多くの見物客が訪れ街中がお祭りムードで盛り上がるのです。この時期に訪れればいつもと違った雰囲気が味わえるのでお勧めですよ。仏歯寺は神聖な場所なので、訪れる際は肌の露出は控えましょう。

3. 象の孤児院(ピンナワラ)

出典: Claudia Schillinger

キャンディのほど近く、ピンナワラという場所にスリランカ政府が運営している象の孤児院があります。キャンディからバスを乗り継いでも行けますが、少し分かりづらい場所なので、タクシーがお勧めです。こちらも、スリランカに訪れた人が必ずと言っていいほど立ち寄る人気のスポット。ここには、群れからはぐれた象や障害を持った象などが保護されていて、50頭以上が暮らしています。

施設内では、直接ミルクをあげられたり、象使いに先導された象の群れが行進して水浴びに向かう姿が見られたりと、珍しい体験がめじろ押し。象は檻や柵の中にいるわけではなく、飼育員が見張りをしているだけなので、間近に感じることができます。どの象も悠々としていて、なんだか幸せな空気に包まれています。普通の動物園とはひと味もふた味も違う異空間で癒されてみてはいかがでしょうか。

4.シンハラジャ森林保護区(サバラガムワ)

出典: commons.wikimedia.org

ライオンの王を意味する「シンハラジャ」は、スリランカに残る最後の熱帯雨林で、国立公園の中でも重要な場所としてユネスコの生物圏保護区や世界遺産として登録されています。保護区内は樹木やあらゆる生物の固有種の宝庫とされています。特に鳥類の固有種が多いことで知られており、その数は鳥類だけで20種程。ほかにも、珍しい昆虫や爬虫類にも遭遇できるチャンスもありますよ。植物が生い茂るジャングル内はスリル満点です。ただその特性上、野生動物に出会う機会はあまりないので、安全にジャングルを楽しめますね。

また、この地域は雨が降りやすいので、訪れる際はレインコートなど雨対策も忘れずに。日常生活から離れて自然の神秘を思う存分味わえるのは何とも贅沢ですね。時間があれば、ぜひ足を伸ばしてみてください。

▶スリランカ固有種の楽園!世界遺産シンハラジャ森林保護区

5. コロンボ国立博物館(コロンボ)

出典: commons.wikimedia.org

事実上のスリランカの首都と言われているコロンボは、西部にある大きな都市です。街中には高層ビルが立ち並び、道路は整備されていて、あちこちにショッピングモールが建ち並びます。ほかのどの町とも一線を画す街並みです。

▶熱気いっぱいの魅力あふれる街、コロンボのおすすめ観光スポット10選!

そんなコロンボの町の中でご紹介するこの博物館は、国内最大を誇る規模であると同時に最も古く作られた博物館でもあります。広大な敷地内にある、イギリス植民地時代を思わせるきれいな庭園を散策するだけでも、心が安らぎます。建物はコロニアル調で歴史を感じさせる素敵な建物。館内は仏教徒が中心であるスリランカらしく、仏教に関連する展示を中心にスリランカの歴史が学べる内容となっています。外の強烈な日差しに疲れたら、インドアで教養を深めてみるのも良いですね。

◎まとめ

スリランカの観光スポットはいかがでしたか?少しずつ知名度が上がってきているスリランカですが、まだまだ知られていない魅力がたくさんあります!神秘的で迫力ある景色を、ぜひ実際に目で見て肌で感じてみてください。不思議なパワーに魅了されること間違いなしです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

スリランカでおすすめの記事

スリランカのアクセスランキング