直島と小豆島のちょうど中間!豊島の魅力的な観光スポット6選 

画像出典:shimanto / PIXTA(ピクスタ)

直島と小豆島のちょうど中間!豊島の魅力的な観光スポット6選 

現代アートの島として有名な直島やオリーブの産地として有名な小豆島の間に挟まれている豊島。あまり聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの島でもアートが有名だったり特産品がたくさんあったりと、観光地としておすすめの島なんです!今回はそんな豊島のおすすめ観光スポットを紹介します。

目次

直島と小豆島のちょうど中間!豊島の魅力的な観光スポット6選 

目次を閉じる

1.日本はもちろん海外でも有名「豊島美術館」

出典: cotaro70s

豊島の東部、唐櫃港から歩いて20分程度のところにある豊島美術館。ここは2010年に建築家の西沢立衛氏とアーティストの内藤礼氏の手によって作られた美術館です。少し小高い場所にあるこの美術館の周りは、棚田などの豊かな自然と調和し、美術館自体が一つの作品となっています。

この美術館のメイン作品は湧き出す水の動きを見ること。小さな水滴が徐々に形を変えてゆっくりと流れていき、1日をかけて集合体である泉を作っていきます。入った人によっても感じ方は変わり、すぐに出ていかれる方もいれば、ずっとここで水滴を見ていられるという方もいらっしゃいます。近くにはカフェスペースがあるのでそちらで休憩するのもおすすめですよ。

2.古民家の中に入ると独特な空間に「豊島横尾館」

出典: commons.wikimedia.org

豊島の家浦港からほど近い町中に位置する豊島横尾館は、美術家の横尾忠則氏と建築家の永山祐子氏が手がけた美術館です。古民家を修繕して作られたこの建物は、母屋と倉、そして納屋の3つで構成され、一つの作品のような美術館となっています。

横尾氏は「生と死」を題材とする作品が多く、豊島横尾館ではそのテーマで描かれている作品が多く点在。来館された人たちにも生と死を感じ、考えさせられるような作りになっています。特に窓には赤色のガラスがはめ込まれていて、日常と非日常の境目にいるかのような錯覚に陥ります。入館料金は510円ととてもお得なのに、独特な空間を味わうことができるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

3.カフェ?ギャラリー?不思議なお店「てしまのまど」

家浦港からも近い「てしまのまど」は、豊島のワークショップや散策など、様々な活動を共有する場として愛されているお店です。店内には島で使われている道具やアート作品なども展示されていて、とても賑やかでどこか懐かしい雰囲気のお店となっています。

てしまのまど自体はカフェというわけではなく、喫茶部がここで活動しているんだそう。カフェのような、ギャラリーのような……そんな不思議な空間を楽しめます。島の食材をふんだんに使用した手作り感溢れる定食を味わえたり、豊島の特産品の一つでレモンをたっぷり使用している手作りパンが購入できたり、色んなことを堪能できるお店。ゆっくり寛ぎたいという方にピッタリですよ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

土庄町でおすすめの記事

土庄町のアクセスランキング