変化に富んだジブチの観光地6選!『猿の惑星』のロケ地や珊瑚礁の島へ

画像出典:www.shutterstock.com

変化に富んだジブチの観光地6選!『猿の惑星』のロケ地や珊瑚礁の島へ

ジブチ共和国は、アフリカの角(Corn of Africa)と呼ばれるアフリカ北東部に位置し、紅海の出入口を押さえる要衝の国です。国土面積は四国の1.3倍くらいで人口は約90万人、1977年にフランスから独立しました。ジブチといえばエメラルドグリーンの綺麗な海!ダイバー憧れの紅海で、ジンベエザメに出会えるかもしれません。月面を思わせるアブ湖や塩分濃度約35%のアッサル湖、砂漠、希少な動物が棲息する森まで、変化に富んだ魅力的な観光地がたくさんあるジブチ。ネイチャー系の旅人には必見の絶景ポイントを含む、ジプチの観光スポットを6選でお届けします。

目次

変化に富んだジブチの観光地6選!『猿の惑星』のロケ地や珊瑚礁の島へ

目次を閉じる

1.アッサル湖

出典: Benlilkon93 (CC BY-SA 4.0)

火口湖の「アッサル湖」は、世界で3番目に大きな塩湖です。塩湖と聞いて思い出すのは、中東にある死海ですよね。塩分濃度約30%もある死海での浮遊体験は有名ですが、アッサル湖の塩分濃度は、なんと死海を上回る約35%!

ジブチに、なぜこんな塩湖ができたのでしょうか?アッサル湖には約10km東のタジュラ湾から海水が流入しています。アッサル湖の海抜はマイナス153mほど。標高の高い山は気温が低いのと逆に、海抜が低くなるほど気温は高くなります。行き場を失った海水は高温と灼熱の太陽に照らされてどんどん蒸発していき、濃い塩分を含んだ水だけが残る、という仕組み。湖畔は小さな塩の結晶に覆われていて、遠くから見るとまるで雪が積もっているように見えます。

出典: Blofeld of SPECTRE (CC BY-SA 3.0)

アッサル湖の塩は周辺の遊牧民にとって重要な収入源で、採掘された塩はラクダのキャラバンでエチオピアまで運ばれて行きます。真珠のように丸い塩は、かわいくてお土産におすすめですよ。

アッサル湖へのアクセスはジブチ市内から約120km、車なら1時間半ほど。道路も舗装されていて、日帰り観光も可能です。

2.アブ湖

出典: Rolf Cosar (CC BY 3.0)

ジブチとエチオピアの国境にまたがる「アブ湖」は、周辺に6つある塩湖の1つです。煙突のような形の石灰岩(トラバーチン)が連なり、そこから漏れる硫黄臭の噴煙と湧き出る高温の温泉が織り成す光景は、まさに異次元の世界。この絶景は、まるで月面か他の惑星のようです。そのため、映画『猿の惑星』のロケ地にもなりました。

アブ湖に流入するアワッシュ川から灌漑用の水を引いたために水位が減少したため、完全に干上がった部分やぬかるんだ湖底を歩くなんていう体験もできちゃいますよ。朝に行くと、ケニアから飛来してエサを探すフラミンゴの群れを見かけることもあります。

そんなアブ湖にアクセスするには、ジブチ市街地から5時間以上も4WDの車でいかなければなりません。アブ湖とアッサル湖を1泊2日で観光するツアーなどを利用すると良いでしょう。アブ湖の奇岩群を臨むキャンプサイトで宿泊して満点の星空を眺めたり、朝日を見たりしながらジブチの大自然を心ゆくまで満喫できます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ジブチでおすすめの記事

ジブチのアクセスランキング