マヤの歴史が息づく中米グアテマラのおすすめ観光スポット15選

画像出典:HMEDIA/shutterstock.com

マヤの歴史が息づく中米グアテマラのおすすめ観光スポット15選

目次

マヤの歴史が息づく中米グアテマラのおすすめ観光スポット15選

目次を閉じる

9. アルコ・デ・サンタ・カタリーナ(アンティグア)

出典: commons.wikimedia.org

アンティグアの中央公園からメルセー教会へと伸びている石畳の素敵な通りにある時計台です。名前の通りアーチ(アルコ)を描いた門の上に時計台があり、アンティグアに来る観光客はまずここで素敵な写真を撮りたいとこぞってここに来ます。周囲にはお土産屋、レストランが並び、売り子さんたちが観光客に声をかけ、いつも賑わっています。夜はライトアップされてコロニアルの古都がよりロマンチックに輝きます。

▶ コロニアル建築が残るカラフルな世界遺産、アンティグア・グアテマラ

しかし、ここの時計台は晴れた昼間も賑わっています。それは富士山に似たアンティグアのシンボル、アグア火山(標高もほぼ同じ!)と時計台を一緒に収めた絶景を見るため。昼と夜、どちらの姿のぜひ見ておきたいですね。

10. メルセー教会(アンティグア)

出典: Diego Grandi/shutterstock

時計台を通り過ぎて石畳通りの突き当りに、素敵な黄色い外観が目を引くメルセー教会があります。正面入り口のバロック様式の装飾はメキシコからわざわざやってきた漆喰職人によって造られました。それだけ凝った造りですから米大陸の宗教美術史のなかでも取り上げられるくらい有名な教会なのです。地震の多いアンティグアでは20以上の教会の廃墟がありますが、メルセー教会は内部の一部が廃墟になっているのみでかなりきれいな状態を保っている建造物です。

都市の大聖堂とは違って厳かな雰囲気を醸し出しているというわけではありません。時計台に近いこともあり、教会前の広場にはたくさんの食べ物屋台が出ていて観光客で賑わっているので、コロニアルの観光都市の一景観として重要な役割を果たしています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

グアテマラでおすすめの記事

グアテマラのアクセスランキング