ポーランドの世界遺産「アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制絶滅収容所」

画像出典:Michal Chmurski/shutterstock

ポーランドの世界遺産「アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制絶滅収容所」

ポーランド南部の町オシフィエンチムは、ドイツ語でアウシュヴィッツといい、世界中にその名が知られています。ここには第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによって100万以上の人々が犠牲になった、ヨーロッパ最大の絶滅収容所がありました。ユネスコの世界遺産委員会は、二度と同じような過ちが起こらないようにという願いを込めて、1979年に世界遺産リストに登録。

ユネスコの公式な分類ではありませんが、日本では広島の原爆ドームとともに「負の世界遺産」と呼ばれることが多く、人類が犯した大きな過ちを現代に伝える大切な世界遺産です。

目次

ポーランドの世界遺産「アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制絶滅収容所」

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチス・ドイツの強制絶滅収容所とは

出典: Kamil Zelezik/shutterstock

1933~45年まで続いたナチス・ドイツによる、人種差別の絶滅政策で犠牲者を最も多く出した強制収容所です。アウシュヴィッツ第1強制収容所は、1940年にオシフィエンチム市に造られました。囚人数の増加と共に収容所は拡張され、翌年にはオシフィエンチム市から3kmほど離れたブジェジンカ村に大規模な「アウシュヴィッツ第2強制収容所ビルケナウ」を建設。さらに1942~44年にかけて「第3強制収容所モノヴィッツ」、周辺にも40以上の補助収容所が造られています。

1942年春からは実際にユダヤ系市民の絶滅計画が開始され、ガス室や死体焼却場が稼働。1945年までにアウシュヴィッツに収容された人は、28ヵ国約130万人にも及び、そのうち約110万人が犠牲になりました。犠牲者の約90パーセントがユダヤ人で、その大半は毒ガス室で殺害されています。アウシュヴィッツ収容所には『アンネの日記』で有名なアンネ・フランクや、囚人の身代わりになって亡くなった長崎のコルベ神父も収容されていました。

世界遺産アウシュヴィッツ強制収容所へのアクセス

出典: commons.wikimedia.org

オシフィエンチムは、クラクフの西75kmほどのところにあり、クラクフ中心部からバスで1時間~1時間半ほどです。見学時間は最低でも3時間半、セキュリティチェックなどの時間を入れるとアウシュヴィッツ強制収容所への訪問には1日必要です。また時期によっては、ガイドツアーに参加しないと入場できないため、予めツアーで参加されることをおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ポーランドでおすすめの記事

ポーランドのアクセスランキング