本庄市周辺のオススメ観光15選。埼玉県の最北地域を遊びつくそう!

画像出典:カクさん / PIXTA(ピクスタ)

本庄市周辺のオススメ観光15選。埼玉県の最北地域を遊びつくそう!

GoToキャンペーンバナー

埼玉県北端の市である本庄市。かつて中山道の宿場町として栄えた本庄の周辺は、今もJR高崎線や八高線、関越高速道路が貫通する交通の要地です。近年では、上越・北陸新幹線の本庄早稲田駅もできたことにより、都心からのアクセスがぐっと良くなりました。

養蚕もさかんだった本庄市内には、各時代の歴史観光スポットが点在。同じく養蚕業の観光名所である、群馬県の世界遺産・富岡製糸場も近いので、併せて訪ねるのがオススメです。

また、本庄市では産業と観光の連携を図っていて、見学ができる有名企業の工場もあるんですよ。さらに近隣の神川町や上里町、美里町まで足を延ばせば、花の観光スポットやブルーベリー摘みが楽しめる観光農園なども!そんな本庄市周辺の観光地を15か所ご紹介します。

目次

本庄市周辺のオススメ観光15選。埼玉県の最北地域を遊びつくそう!

目次を閉じる

1.塙保己一記念館

2015年にリニューアルオープンを迎えたばかりの塙保己一記念館(はなわほきいちきねんかん)は、現在の本庄市児玉町出身の江戸時代の国学者・塙保己一に関するミュージアム。保己一は7歳で失明し、15歳のときに学問を志して江戸に上り、以後国学の発展に大いに貢献した人物です。

館内には、保己一の遺品や全666冊にも及ぶ代表著作『群書類従』など、さまざまな貴重な史料が展示されています。あのヘレン・ケラーが人生の目標にしたといわれる、全盲の国学者・塙保己一。本庄市が生んだ偉人の生涯を、観光の手始めに訪ねてみませんか。

2.高窓の里

出典: カクさん / PIXTA(ピクスタ)

本庄市の南部、本庄市児玉町の小平地区は、古くから養蚕が盛んな地域。高層階で蚕を飼育する際に温度や湿度を調節するため、屋根の一部が突き出した独特の建築様式をもった家々が建ち並んでいます。この「高窓(たかまど)」の古民家が寄り集まっていることから「高窓の里」と呼ばれるようになり、本庄市の重要な観光資源となっています。

出典: www.photolibrary.jp

集落を見下ろす高台に建つ百体観音堂も、合わせて観光してもらいたいおすすめスポット!日本三大さざえ堂の1つに数えられているこの観音堂は、巻き貝のサザエのようならせん構造で、登るときと下りるときで同じ道を通ることがありません。誰ともすれ違うことなく、らせん状の通路を上がって下がる。そんな不思議な体験を本庄市で味わってみてください。

3.本庄市立歴史民俗資料館

本庄の貴重な歴史的建造物を訪ねながら、本庄観光のプレ学習もできてしまう施設が、この歴史民俗資料館です。明治16年に建てられた旧本庄警察署を修築したもので、白壁に瓦葺、そしてエンタシス風の青い外柱が見事に調和した、和洋折衷の美しい外観が目を引きます。

館内では、古代から中世、宿場町として発展した江戸時代から明治維新後の近代化の時代まで、本庄の歴史にまつわるさまざまな資料を展示。とくに、全国的にみても珍しい、笑った表情の埴輪は必見ですよ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

本庄でおすすめの記事

本庄のアクセスランキング