出典:Eduard Marmet

イタリア屈指のおとぎの国!世界遺産アルベロベッロのトゥルッリ

B! LINE

イタリア南部の「アルベロベッロ」は、イタリアをブーツに例えるとちょうどヒールの付け根部分に当たる街です。この街にある「トゥルッリ」と呼ばれるこの地方の伝統家屋群が、世界遺産「アルベロベッロのトゥルッリ」として1996年に登録されました。

トゥルッリという建物は、石灰岩を積んで漆喰を塗った白壁と、円すい形に石灰岩を積み上げたとんがり屋根が特徴。この街には1400を超えるといわれるトゥルッリがあり、現在も住宅として使われています。ホテルなどに利用しているところもあるので、世界遺産に宿泊することもできますよ。そんな世界遺産の街、アルベロベッロのおとぎの国へご案内しましょう。

アルベロベッロのトゥルッリとは?

出典:Pug Girl

アルベロベッロの属する南イタリアのプッリャ州では、白壁に円すい形の屋根を持つ、先史時代から伝わる伝統家屋があります。アルベロベッロには「トゥルッリ」と呼ばれるこの家屋が密集していることから、「アルベロベッロのトゥルッリ」として1996年に世界遺産に登録されました。

トゥルッリというのは、イタリア語「トゥルッロ(部屋1つに屋根が1つ)」の複数形。言葉どおり、仕切りのない1つの部屋ごとに屋根が1つあるというシンプルな構造のトゥルッロをつなげてトゥルッリは構成されています。元々はすぐに屋根を壊して無くせるようにしたことがこの建築方法の由来でした。その理由には、家屋に課せられる税から逃れるため、農村の統制のためなど、諸説残っています。

アルベロベッロへのアクセス

出典:en.wikipedia.org

バーリは、南イタリアの主要幹線の中心地。アルベロベッロへのアクセスは、バーリ中央駅から私鉄「スド・エスト(SUD-EST)」を利用すると便利です。1時間に1本ほどある直通電車でも、乗り換えの必要な電車でも、所要時間はそれほど変わりません。

【バーリまでの行き方】
・ナポリからバスで約3時間
・ローマから飛行機で約1時間、国鉄なら約4時間
・ミラノから飛行機で約1時間半

「アルベロベッロのトゥルッリ」のおすすめポイント①:街の中を散策

出典:Andrea Passoni

アルベロベッロはトゥルッリによって世界的に有名な街となりました。今では年間100万人を超える観光客が、この世界遺産の光景を見るために訪れるといわれているイタリアでも人気急上昇の観光地です。

アルベロベッロの街は大きく分けて、リオーネ・モンティ地区とアイア・ピッコラ地区​に分かれており、リオーネ・モンティ地区は1000軒ほどのトゥルッリがある商業地区、アイア・ピッコラ地区は400軒ほどのトゥルッリがある住宅地区になっています。

簡易な建物でありながら、夏は涼しく、冬は暖かいのがトゥルッリの特徴で、住宅地区には多くの方が実際に住まわれています。観光する際には住民の方に迷惑をかけないように、不思議でかわいい世界遺産トゥルッリの街を散策してみましょう。

「アルベロベッロのトゥルッリ」のおすすめポイント②:リオーネ・モンティ地区​

出典:Güldem Üstün

約1000軒ものトゥルッリが密集しているリオーネ・モンティ地区は、トゥルッリがレストランやカフェ、ショップやホテルなどに利用されているアルベロベッロの商業地区。アルベロベッロに来る観光客がまず訪れる場所で、世界遺産のトゥルッリで宿泊したり、食事や買い物ができるにぎやかなエリアです。

マルテッロッタ広場から通りを抜けたところにトゥルッリが立ち並ぶ場所があります。本当におとぎの国のようなステキでかわいらしい場所ですよ。トゥルッリの屋根に見かけるハートなどの模様は、災い除けを意味しています。

アルベロベッロの名物は、オレキエッテという耳たぶのような形のパスタと、カヴァテッリという細長い貝のような形のショートパスタです。ジェラートも美味しいので、世界遺産の景色を見ながら食べてみてくださいね。

「アルベロベッロのトゥルッリ」のおすすめポイント③:サンタントニオ教会​

出典:Alfonso Minervino

サンタントニオ教会は、リオーネ・モンティ地区にあるトゥルッリでできたプーリア・ロマネスク様式の教会。この世界遺産「アルベロベッロのトゥルッリ」には1400軒以上のトゥルッリがありますが、トゥルッリを利用した教会はアルベロベッロでここだけです。

1926年に建てられ、トゥルッリの屋根にギリシア十次式設計という縦と横の長さが同じ十字形の内部というデザインが特徴的。トゥルッリは1階建てのものがほとんどのため、アルベロベッロでもひときわ大きな建物です。とはいうものの、こじんまりとした世界遺産トゥルッリの雰囲気が漂う教会で、内装は簡素な白壁。アーチ型の柱があり、祭壇はキリストの像を囲むような見事な絵が飾られています。サンタントニオ教会は、この世界遺産「アルベロベッロのトゥルッリ」の中でも特徴的な建物ですのでぜひ訪れてみてください。

◎まとめ

イタリア屈指のおとぎの国、世界遺産「アルベロベッロのトゥルッリ」をご紹介しました。アルベロベッロは伝統的家屋、トゥルッリが密集している街。白壁にとんがり屋根が可愛いらしく、世界的に有名になったトゥルッリで宿泊できるホテルもありますし、トゥルッリの町並みから徒歩数分の所にホテルなどもあります。夜は昼間とはまた違ってロマンチックなムードが漂って魅力的なので、ぜひディナーや散策に出かけてみてくださいね。

南イタリアは治安があまり良くないイメージがありますが、アルベロベッロは治安がいいことで知られています。イタリアの大きな観光都市からは離れていますが、わざわざ行く価値があるおすすめの世界遺産です。