地下100mの塩の芸術、ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩抗

地下100mの塩の芸術、ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩抗

クラクフ南東15kmの場所に1978年に世界遺産として最初に登録された12件のうちの1件であるヴィエリチカ・ボフマン王立岩塩抗があります。ヴィエリチカは中世より本格的に塩の採掘を開始し700年もの歴史を持つ、世界で最も古い岩塩抗の一つです。中世より「白い金」と呼ばれるほど重要だった塩は、ポーランド王国の財政を支えてきたのだとか。そんなヴィエリチカの地下では多くの抗夫が働いていたのですが、敬虔深い彼らは塩を掘ると共に美しい礼拝堂や彫像などの芸術品も掘り出したのです。

光のささない地下空間に広がる素晴らしい作品を見ようと、年間100万人もの人々がここを訪れてきます。このヴィエリチカ岩塩抗は全てガイドツアーで見学することになっており、全9層ある採掘抗の中で3層目の地下135mまでの部分が観光コースとなっています。そんなヴィエリチカ岩塩抗をご紹介いたします。

目次

地下100mの塩の芸術、ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩抗

目次を閉じる

ヴィエリチカ・ボフニア岩塩抗とは?

クラクフ近郊にあるヴィエリチカ岩塩抗は中世よりポーランド王国の財源となっていた、世界最古の岩塩抗です。現在は洪水の恐れがあり操業を停止してしまっているのですが、近年まで700年にも及び稼働していたんですよ。深さ327m、9層からなり坑道の総延長は300kmにもなる巨大な岩塩抗が1978年に世界遺産として登録されました。このヴィエリチカ岩塩抗は歴史があるだけでなく、地下には素晴らしい塩の芸術品があるのです。

ヴィエリチカ岩塩抗は数人ずつのガイドツアーによってのみ見学することができます。300段以上の螺旋階段をグルグルと地下帝国へと降りて行くと、中には思いもよらない景色が!塩の採掘に使用していた道具はもちろん、なんと抗夫達が岩塩で作った礼拝堂や教会、なんと美しいシャンデリアまであるんです!およそ20の部屋に次々と現れる歴史や神話をモチーフにした彫像群はまさに世界遺産に相応しい芸術作品ですね。

この塩の地下礼拝堂は現在も日曜日のミサや結婚式、イベントなどで使われています。ぜひ、ポーランド屈指の世界遺産である観光スポット、ヴィエリチカを訪れてみて下さい!

ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩抗へのアクセス

1、クラクフ中央駅よりヴィエリチカ・リネク(WIELICZKA RYNEK KOPALNIA)までは電車で30分ほどです。その後、ヴィエリチカ岩塩抗までは徒歩で約5分です。

2、クラクフ中央駅前のGaleria 前より市バスが出ています。最寄りの停留所はWIELICZKA KOPALNIA SOILです。バスのほうが電車より本数が多いのですが、終点ではないのでご注意下さい。約40分で到着します。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ポーランドでおすすめの記事

ポーランドのアクセスランキング