世界遺産!スイスアルプス・ユングフラウ・アレッチの楽しみ方をご紹介

画像出典:Jan Remund

世界遺産!スイスアルプス・ユングフラウ・アレッチの楽しみ方をご紹介

スイスと言えば誰もが思い浮かべるスイスアルプス。なかでも、アイガー・メンヒ・ユングフラウの3名峰を中心としたユングフラウ一帯は、美しさが際立った山岳景観と、約半分が氷河が覆われているという特徴をもつエリア。地球の環境変化がわかる貴重な場所としても評価され、2001年に「ユングフラウ・アレッチ・ビエッチホルン」として世界遺産に登録。2007年には対象の区域を広げて「スイスアルプス・ユングフラウ・アレッチ」と名称が変更されました。

ここではユングフラウ鉄道やユングフラウヨッホ駅、アレッチ氷河など代表的な場所について詳しくご紹介するとともに、スイスアルプスをハイキングで楽しむ魅力もお伝えしたいと思います。

目次

世界遺産!スイスアルプス・ユングフラウ・アレッチの楽しみ方をご紹介

スイスアルプス、ユングフラウ、アレッチとは?

出典: en.wikipedia.org

スイス観光のハイライトにもなっているのが、アイガー・メンヒ・ユングフラウという4000m級のユングフラウ三山をユングフラウ鉄道で観光するルートです。

クライネ・シャイデック駅を出発したユングフラウ鉄道は、次の「アイガーグレッチャー駅」を過ぎると、アイガーとメンヒの山の中に掘ったトンネルの中に突入!アイガー北壁は映画でも有名なクライマー憧れの三大北壁のひとつですが、その真ん中あたりに「アイガーヴァント駅」があることに驚きを隠せません!上り電車は観光できるよう5分ほど停車してくれるので、ぜひアイガー北壁にあけられたガラス窓からの絶景を見に行きましょう。逆に、クライネ・シャイデックからでも視力の良い人なら、アイガー北壁にある窓を見ることができます。

クライネシャイデックから約50分、4つ目の駅がユングフラウ鉄道の終点「ユングフラウヨッホ駅」です。標高約3454mにあるヨーロッパ最高地点の鉄道駅、まさに「トップ・オブ・ヨーロッパ」。ここから、さらに高速エレベーターで上がった標高3571mのスフィンクス展望台からは、銀世界が広がる絶景を見渡すことができますよ。

出典: Steve Collis

ユングフラウの山頂を見て左手に見える壮大な大河こそが、アルプス山脈最大の「アレッチ氷河」。厚さ約900mともいわれるアレッチ氷河はゆっくりと、約22kmにわたり延々とゆっくり流れています。

スイスアルプス、ユングフラウ鉄道駅へのアクセス

出典: shaochu7588

ユングフラウ観光の一番麓の町はインターラーケンです。ここから鉄道で、西回り(ユングフラウに向かって右回り)ならラウターブルンネンで、東回り(ユングフラウに向かって左回り)ならグリンデルワルドで乗り換えて、ユングフラウ鉄道の始発駅「クライネ・シャイデック」へ向かいます。

【西回り】インターラーケン⇔ラウターブルンネン⇔クライネ・シャイデック
【東回り】インターラーケン⇔グリンデルワルト⇔クライネ・シャイデック

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

スイスでおすすめの記事

スイスのアクセスランキング