韓国で一番あつい街!大邱で自然と歴史を満喫できる観光スポット20選

画像出典:hb/PIXTA(ピクスタ)

韓国で一番あつい街!大邱で自然と歴史を満喫できる観光スポット20選

GoToキャンペーンバナー

目次

韓国で一番あつい街!大邱で自然と歴史を満喫できる観光スポット20選

目次を閉じる

3.玄風郭氏十二旌閭閣(ヒョンプン クァクシ シビチョンリョガク)

「玄風郭氏十二旌閭閣」は、大邱広域市の文化財にも指定されている歴史ある建造物です。「旌閭(チョンリョ)」とは、特別な行いに対して国がその功績を称え褒美として村に門を建ててあげること。玄風郭氏はなんと、一族で12もの旌閭を与えられた大変珍しい一家なのです。(氏の前に付いている「玄風」とは本貫を表します。)

それらをすべて集めた「玄風郭氏十二旌閭閣」では現在、2つの碑石と12の扁額を見ることができます。朝鮮戦争で一部が破壊されてしまったため復元されている部分もありますが、これは一見の価値あり。あまり知られていない大邱の歴史を辿る観光スポットですので、散策がてら気軽に訪れてみてくださいね。

4.大邱オッコル村

その昔、身分階級の最上位に位置していた両班(ヤンバン)。その両班の生活ぶりを垣間見ることができる観光スポットが「大邱オッコル村」です。この村は別名「慶州崔氏宗家(キョンジュ チェシ チョンガ)」と呼ばれており、その名の通り崔氏が造りました。

村に向かう途中に迎えてくれるのは、樹齢350年を誇るというケヤキたち。現在は保護樹として守られていますが、当時は村に邪気が入ってくるのを防ぐために植えられたものでした。荘厳な雰囲気の中で佇むケヤキの大木からは、パワーさえも感じることができますよ。

村の家屋は一部改装されているものもありますが、ほとんどが当時の姿のまま。中でも大邱最古の家屋「百弗古宅(ペクブルコテク)」は、両班生活の研究において重要な資料となっていることから、市の民俗資料にも指定されています。韓服体験や民俗遊びなどの体験コーナーもお見逃しなく。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

大邱でおすすめの記事

大邱のアクセスランキング