韓国で一番あつい街!大邱で自然と歴史を満喫できる観光スポット20選

画像出典:hb/PIXTA(ピクスタ)

韓国で一番あつい街!大邱で自然と歴史を満喫できる観光スポット20選

韓国屈指の観光都市・ソウルや釜山に次ぐ「韓国第三の都市」と呼ばれている大邱(テグ)広域市。大邱という名前は「広い平野、大きな丘」という意味を持っており、その名の通り大都市ながら豊かな自然を持ち合わせているのが魅力です。周辺が山に囲まれた盆地であるため、夏は暑く冬はとっても寒いのが特徴。
その地形を活かして栽培される「大邱りんご」は、韓国でもトップクラスの人気を誇っています。今回は、そんな大邱の魅力あふれる観光スポットを厳選して20ヶ所ご紹介していきます。

目次

韓国で一番あつい街!大邱で自然と歴史を満喫できる観光スポット20選

目次を閉じる

1.国立大邱科学館

大邱にある科学館の中でも、特に規模が大きいことで知られているのが「国立大邱科学館」です。館内は複数のエリアに分かれており、プラネタリウム投影館や企画展示室、子供の館、科学技術館、産業館など見る人を飽きさせない展示内容で人気を博しています。

実際に触れたり体験しながら学べるので、よりリアルに、そしてより身近に科学を感じられるのがうれしいところ。日本でも人気のプログラミングや天体観測、理科実験、おもちゃ作りなど体験プログラムが充実しているのも魅力です。お子様が遊びながらできるものばかりなので、ぜひ参加してみてくださいね。

2.アルテ寿城(スソン)ランド

日本統治時代の1925年に農業用水の供給用として造られた寿城池。実はこの池を作ったのは、開拓民として岐阜県から移住してきた日本人なんです。約10年の歳月をかけて造られた寿城池により、大邱市はそれまで苦しめられていた干ばつや洪水被害から逃れることができるようになりました。

「アルテ寿城ランド」は、そんな寿城池を中心として形成されたテーマパークです。現在は大邱市民の憩いの場として、観光客も多く訪れる人気観光スポットとなっています。遊園地には、小さな子供が楽しめるゴーカートから大人も大興奮の絶叫マシーンまで、20種類以上ものアトラクションが揃っています。

動物と触れ合える体験農場やアイスリンクもあり、老若男女問わず幅広い年齢層が楽しめるのが魅力。寿城池でボートに乗るも良し、遊園地で思い切りアトラクションを楽しむも良し。写生大会に訪れる学生に混ざって、美しい景色を描いてみるのも良いでしょう。きっと素敵な思い出になりますよ。

水辺では光と水がコラボした噴水ショーが行われており、特に夜のショーは必見です。時間をあわせてぜひ訪れてみてください。周辺には高級レストランやおしゃれなカフェもあり、デートにもおすすめです。

3.玄風郭氏十二旌閭閣(ヒョンプン クァクシ シビチョンリョガク)

「玄風郭氏十二旌閭閣」は、大邱広域市の文化財にも指定されている歴史ある建造物です。「旌閭(チョンリョ)」とは、特別な行いに対して国がその功績を称え褒美として村に門を建ててあげること。玄風郭氏はなんと、一族で12もの旌閭を与えられた大変珍しい一家なのです。(氏の前に付いている「玄風」とは本貫を表します。)

それらをすべて集めた「玄風郭氏十二旌閭閣」では現在、2つの碑石と12の扁額を見ることができます。朝鮮戦争で一部が破壊されてしまったため復元されている部分もありますが、これは一見の価値あり。あまり知られていない大邱の歴史を辿る観光スポットですので、散策がてら気軽に訪れてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

大邱でおすすめの記事

大邱のアクセスランキング