ルーマニア北東部の都市ヤシは異文化の交差点!モルダヴィア文化に触れる旅

ルーマニア北東部の都市ヤシは異文化の交差点!モルダヴィア文化に触れる旅

GoToキャンペーンバナー

ルーマニアの北東部に位置するヤシは、プルート川の支流バフルイ川の河畔の町です。モルドヴァ共和国との国境に近く、かつてはモルダヴィア公国の首都でもありました。現在も交通の要衝として機能し、ルーマニア第二の人口規模を擁しています。

ヤシ市内の建物には、トランシルヴァニアなどから移住してきた、ドイツ植民者により作られたモルダヴィア文化の影響が残っています。中でも教会建築におけるモルダヴィア様式は、16世紀後半にペトル公が建立したガラタ修道院や、トレイ・イェラルヒ教会などによく表れていると言われています。

また19世紀後半からは多数のユダヤ教徒がヤシに移り住んだことから、ユダヤ教の教会も今でも残っています。こうした、異文化が混ざり合った歴史的文化にふれる観光スポットを紹介しましょう。

目次

ルーマニア北東部の都市ヤシは異文化の交差点!モルダヴィア文化に触れる旅

目次を閉じる

1.文化宮殿

ヤシにある、文化的遺産の一つです。この宮殿はヤシの中心地にあり、ランドマーク的な存在です。また、ゴシックやネオ・ゴシック、そしてバロック様式と、いくつかの建築様式できています。モルダヴィアの古代首都としての存在感が感じられる観光名所です。

文化宮殿とは、「モルダヴィア国立総合博物館」の通称です。現在、文化宮殿内には4つの博物館(歴史館・美術館・民族館・科学館)と修復部があります。文化宮殿はもともと、1434年にモルダヴィア公の居館として建設されました。その後、19世紀初頭には公太子の居住地となりました。1880年1月15日に、ヤシの大火で街は消失してしまい、この宮殿もなくなってしまいました。

1906から1925年の間にルーマニア王フェルディナンド1世によって再建され、行政機関として機能していましたが、現在では博物館となっています。特に素晴らしいのは、宮殿のロビーや贅沢な調度品の数々。そして壮麗な階段です。モルダヴィア公の間は、とくに豪華なことで人気があります。観光で訪れた際はじっくり時間をとって、ゆっくりと館内を歩いてまわってみてください。

2.モルダヴィア歴史博物館

出典: Costel Slincu

ヤシの文化宮殿内にある4つのミュージアムのうちの1つです。モルドヴァ歴史博物館では、新石器時代後期にルーマニアで興ったククテニ文化から、現代までの歴史に関する資料を展示しています。古代の土器や装身具など遺跡関連の資料の展示から、中世時代の戦闘に使う甲冑や武器、トルコ支配時代の衣装などもあります。

また、当時の生活様式や暮らしぶりが分かる家財道具なども数多く展示されています。ほかにもオルゴールやピアノ、蓄音機など、楽器や音楽器材のコーナーも。ルーマニアに影響を与えた諸外国にかかわる時代ごとの道具を通じて、複数の文化が複雑に入り混じっていった経緯が見られる観光スポットです。

3.美術館

ヤシの文化宮殿内にある4つのミュージアムの1つ。1860年に開館し、以来ルーマニア最大の美術館として続いています。ルーマニアの作家の作品を中心に、ルーマニア三大画家(アンドレスク、グリゴレスク、ルキアン)や、ルーマニア美術に影響を与えたフランス印象派など、数多くの収蔵作品を擁しています。

16世紀に描かれた肖像画など時代が古いものから、ルーマニア近現代の作家のものまで、この美術館ではルーマニアの美術史にかかわる作品を一度に見ることができるます。展示作品のみならず、館内のゴシック調を思わせる柱などの装飾やステンドグラスも、鑑賞の価値がありますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ヤシでおすすめの記事

ヤシのアクセスランキング