珍しい動植物が多数生息しているコートジボワールの世界遺産!

画像出典:Roman Yanushevsky/Shutterstock

珍しい動植物が多数生息しているコートジボワールの世界遺産!

コートジボワール共和国(通称コートジボワール)は、大自然に恵まれた西アフリカの国です。公用語はフランス語。フランス植民地時代の歴史的な町並みが残っている地域が対象の歴史都市や、絶滅危惧種などの珍しい動植物が生息している国立公園など、自然遺産3つと文化遺産1つの世界遺産が登録されています。今回はコートジボワールの世界遺産についてまとめました。

目次

珍しい動植物が多数生息しているコートジボワールの世界遺産!

1.グラン・バッサムの歴史都市

出典: commons.wikimedia.org

コートジボワール南東部、南コモエ州の古都「グラン・バッサム」。フランス植民地時代の歴史的な町並みが残っている地域を対象とし、「グラン・バッサムの歴史都市」という名で2012年に世界文化遺産登録されました。コートジボワール初の世界文化遺産です。

1893年に首都となったグラン・バッサムは植民地開発の拠点として大きな役割を果たしていました。しかし黄熱病の影響により人口が減少。1900年にはバンジェルヴィルに遷都されてしまうことに。その後もエブリエ潟沿いにあるアビジャンが成長したため、グラン・バッサムの地位は下がってしまいました。

1970年代以降から歴史的建造物群の保存や修正が意識されるようになって、グラン・バッサムには今でも歴史的建築物が多く残っています。世界遺産に登録された歴史を感じられる町並みや、海水浴場などが有名なグラン・バッサムは観光スポットとしても人気です。

2.ニンバ山厳正自然保護区

出典: commons.wikimedia.org

ギニアとコートジボワールにまたがっている「ニンバ山」の主要部分などを含む「ニンバ山厳正自然保護区」は、1981年にギニアに含まれている範囲が世界自然遺産に登録され、翌年の1982年にはコートジボワール領内も登録されました。標高1752mのニンバ山は、コートジボワールとギニアで最も高い場所になります。180平方kmもの範囲がニンバ山厳正自然保護区のエリア。熱帯雨林やサバンナなどがあります。

ここにはダイカーやジャコウネコ、ニシコモチヒキガエルといった珍しい動物が生息していて、その数なんと500種類以上。さらに、2000種以上の様々な植物も生育しています。厳正自然保護区になっているため、残念ながら観光客などの立ち入りは禁止されていますが、大自然が広がる美しい世界遺産です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コートジボワールでおすすめの記事

コートジボワールのアクセスランキング