絶対一度は見るべき大自然の宝庫南米アルゼンチンの世界遺産11選

画像出典:Deni Williams (CC BY 2.0)

絶対一度は見るべき大自然の宝庫南米アルゼンチンの世界遺産11選

南米アルゼンチンには首都のブエノスアイレスから日本でも有名なワイナリーを周るツアーなど多種多彩な観光スポットがたくさんあります。そのような都市的な観光地も当然魅力的なのですが、最近の観光客から人気なのが日本ではとても体験することができないような大自然。

それらの多くはユネスコの世界遺産に登録されています。現在アルゼンチンでは文化遺産が6件、自然遺産が5件ユネスコ世界遺産に登録されています。今回はそんなアルゼンチンで登録されている世界遺産をご紹介します。

目次

絶対一度は見るべき大自然の宝庫南米アルゼンチンの世界遺産11選

目次を閉じる

1.グアラニーのイエズス会伝道所群

出典: Juan (CC BY 2.0)

「グアラニーのイエズス会伝道所群」は、17世紀にこの地に住んでいたグアラニ―族をキリスト教化するためにイエズス会によって築かれた伝道所の跡地です。こちらのイエズス会伝道所はアルゼンチンだけでなくブラジルやパラグアイにも存在しています。1983年にはブラジルのサン・ミゲル・ダス・ミソンイスが単独で世界遺産に登録され、翌年にアルゼンチン側のミシオネス州内にある4か所の伝道所が世界遺産として拡大登録されました。

アルゼンチンの人気観光スポットからも日帰りで訪れることもできる場所があるので、ぜひイグアスの滝への観光の日数を若干増やしてでも訪れておきたい世界遺産の一つですね。

2.リオ・ピントゥラスのクエバ・デ・ラス・マノス

出典: マリアーノ

「クエバ・デ・ラス・マノス」は、サンタクルス州にある洞窟で、1999年に世界遺産に登録されました。「(多くの)手の洞窟」を意味する名前の通り、洞窟には多くの手の跡が残された洞窟壁画で有名です。こちらに描かれた壁画は約9000年前ほどから先住民族によって描かれたものであり、成人としての通過儀礼として考えられています。また、この洞窟のある場所はパタゴニア地方に位置しグランドキャニオンを彷彿とさせる壮大な大地が広がっています。

アルゼンチンの人気観光地域としてのパタゴニア地方への観光に訪れるのであるのならばその他の世界遺産と共に、ぜひともこの貴重な文化遺産も観光コースに組み込んでみてはいかがでしょうか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アルゼンチンでおすすめの記事

アルゼンチンのアクセスランキング