アドリア海に臨むザダルの観光名所10選!欧州で行きたい1位に輝いた街!

画像出典:bigguns / PIXTA(ピクスタ)

アドリア海に臨むザダルの観光名所10選!欧州で行きたい1位に輝いた街!

ザダルは、アドリア海に面したクロアチアのダルマチア地域にある港町。2016年の「European Best Destinations (ヨーロッパのベスト観光先)」で、なんと1位に選ばれたんですよ!ちなみに2位はギリシャのアテネ、3位はブルガリアのプロブディフでした。1991年のクロアチア独立戦争で大きな打撃を受けましたが、その後の復興は目覚ましく、今では東ヨーロッパ観光の主要エリアとして人気を集めています。ここでは、そんなザダルの見逃せない観光スポットをご紹介しましょう。

目次

アドリア海に臨むザダルの観光名所10選!欧州で行きたい1位に輝いた街!

目次を閉じる

1. ザダルの平和の象徴!「海のオルガン」と「太陽への挨拶」

出典: bigguns / PIXTA(ピクスタ)

岬の街ザダル先端の遊歩道パセオ・マリティモには、観光名所の「海のオルガン」と「太陽への挨拶」があります。海のオルガンは、海岸の階段の下方に70mに渡って35のパイプを配置したもの。波が階段の岸壁に当たると空気がパイプに流れ、さまざまな音色を奏でるようになっています。

海のオルガンの隣には太陽への挨拶があり、地面にはめ込まれた太陽電池のパネルが、夜になると色とりどりに輝きます。この2つは、ザダルの建築家ニコラ・バシッチが平和を願って作ったもの。それ以前のザダルの海岸は、戦争による被害で観光とは程遠い殺風景な場所になっていました。今では憩いの場としてかつてないほどに復興し、たくさんの観光客が集まります。

この海岸線からは、映画監督のヒッチコックが「世界で一番美しい」とまで語った夕日を見ることができますよ!

2. ザダルの旧関所「ランド・ゲート」

ザダル旧市街の付け根は、フォサと呼ばれる入り江の港によってくびれていて、ここにザダルを守る城門ランド・ゲートがあります。1543年に建てられたもので、当時ザダルの街に入るためには、必ずこの門を通らなければなりませんでした。

ルネッサンス様式のランド・ゲートは真ん中にアーチがあり、その左右に入り口が作られています。アーチの上方には、ザダル市の紋章である馬に乗った聖人と、ベネチア共和国の紋章であるライオンの絵が彫り込まれています。

門の後背にあるのは、16世紀に作られた要塞。門を抜けると観光客で賑わう遊歩道パセオ・マリティモにつながり、そこをずっと歩いていくと、教会が見えてきます。そこを右に曲がってザダルの旧市内を観光してもいいですが、遊歩道をそのままずっと歩いて散策するのもおすすめですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ザダルでおすすめの記事

    ザダルの記事はまだありません。

ザダルのアクセスランキング