城ケ崎のおすすめ観光スポット8選~海と高原をアクティブに楽しもう!~

画像出典:barman / PIXTA(ピクスタ)

城ケ崎のおすすめ観光スポット8選~海と高原をアクティブに楽しもう!~

伊豆半島の東海岸、伊東市にある城ヶ崎海岸。この海岸は4000年前の噴火で溶岩が海に流れてできたものです。それが長い年月をかけて海に寝食され、ところどころに小さい岬ができました。城ケ崎海岸のほとんどは切り立った崖になっていて、リアス式海岸と呼ばれています。

ごつごつした岩場と肝を冷やすような崖の景色は、サスペンスドラマの撮影に利用されることもしばしば。その珍しい形をした地形を見にたくさんの観光客が毎年訪れます。夏にはスキューバーダイビングや海水浴を楽しむ人で賑わいます。秋から冬にかけては自然散策や澄んだ空気が織りなす絶景を目当てに観光客が集まります。

目次

城ケ崎のおすすめ観光スポット8選~海と高原をアクティブに楽しもう!~

目次を閉じる

1.千年前に思いを馳せる「蓮着寺」

城ヶ崎海岸駅から徒歩20分。城ヶ崎海岸沿いにある蓮着寺は日蓮上人縁のお寺です。立正安国論をあらわした日蓮上人は当時の幕府の反感を買い伊豆流罪となりました。弘長元年(1261年)5月のことでした。ちなみに日蓮上人が置き去りにされた岩は「まないた岩」と呼ばれています。

蓮着寺の土地は今村若狭という人が寄進しました。大木に石が食い込んだようになっている「石喰いのモチノキ」や国指定の天然記念物「ヤマモモ」(推定樹齢1000年)などを見ることができます。本堂ではお参りをした後、御朱印をもらうことができます。

2.軽く登山気分を味わって!「城ヶ崎海岸ピクニカルコース」

城ヶ崎に行ったら城ヶ崎海岸周辺を散策しましょう。散策コースはいくつかありますが、ここで紹介するのは「ピクニカルコース」と呼ばれる散策スポット。富戸三島神社や富戸漁港砲台跡、門脇灯台が観光できるルートです。城ヶ崎海岸ピクニカルコースは歴史と自然をこよなく愛する人におすすめのコースです。

【富戸三島神社】
二間社流造りという建築様式を持つ富戸三島神社の本殿は有形文化財に指定されています。二間社流造りは日本の神社建築様式のひとつで、正面の柱が2本なら一間社流造様式、柱が4本なら三間社流造様式になります。富戸三島神社の二間社流造様式は珍しいタイプです。

【富戸漁港砲台跡】
コースの途中にある富戸漁港砲台跡は、黒船の襲来に備えて沼津藩水野氏が設けた砲台の跡地です。ここに到着したら海岸観光の目玉ともいえる吊り橋に歩みを進めましょう。

【門脇灯台の吊り橋】
門脇灯台には城ヶ崎海岸の名所といわれるスリル満点のつり橋があります。その高さは23m、長さは48mもあり、海風に吹かれる度に揺れるので大人でもヒヤヒヤします。しかし、そこから眺める城ケ崎の海は絶景。恐怖と戦いながらも見る価値はあります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

伊東でおすすめの記事

伊東のアクセスランキング