ヨーロッパで最大規模の旧市街!一度は訪れたいリトアニアの世界遺産

画像出典:pixabay.com

ヨーロッパで最大規模の旧市街!一度は訪れたいリトアニアの世界遺産

リトアニアはバルト三国の一つで三国の中では一番面積が広い国。世界遺産として登録されている文化遺産が4つあります。

リトアニアは1990年にソビエト連邦から独立しましたが、文化的にはロシアや北欧からたくさんの影響を受けています。世界遺産にも登録されている首都ヴィリニュスの街並みが素敵だと評判で、日本でも注目を集めています。それではそんなリトアニアの気になる世界遺産4ヶ所を紹介します。

目次

ヨーロッパで最大規模の旧市街!一度は訪れたいリトアニアの世界遺産

1.ケルナヴェの考古遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

世界遺産ケルナヴェの考古遺跡は、その昔中世の時代にリトアニア大公国の首都だったケルナヴェの遺跡で、旧石器時代である紀元前9000年ごろから中世に至るまでの長い間にわたる時代の遺跡が残っているそうです。

かつて川から谷、丘にわたってあった城塞や街はドイツの騎士団に焼き払われてしまい住民は丘の上に引っ越して暮らし始めました。谷にあった街並みはそのまま放置されその後静かに土に埋れていったままになっていたので、保存状態が良くリトアニアの当時の様子を知るための貴重な資料としてその文化的価値が認められ世界遺産に登録されました。リトアニアの首都ヴィリニュスからは車で約1時間で行くことができます。

2.ヴィリニュス歴史地区

ヴィリニュス歴史地区はリトアニアの世界遺産の中でも一番人気。リトアニアの首都、ヴィリニュスに残る複数の建造物がヴィリニュス歴史地区として世界遺産のリストに登録されています。

このヴィリニュスの旧市街はヨーロッパでも最大規模で、古い街並みが残る素敵な街です。いろいろな国に攻められ支配された歴史があるので、それぞれ時代の流行りの建築様式で建てられた建造物が残されているのが特徴。リトアニア大公国の城に始まり、ゴシック、ルネッサンス、バロック様式の建造物や教会などを見ることができます。
特にゲディミナス塔は、赤茶の屋根と白い壁のコントラストが可愛い世界遺産の町並みが一望できるのでおすすめスポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リトアニアでおすすめの記事

リトアニアのアクセスランキング