自然と文化を堪能しよう!レバノン観光スポットおすすめ6選!

自然と文化を堪能しよう!レバノン観光スポットおすすめ6選!

レバノンという名前は知っていても、どんな国なのかピンとこない方も多いのでは?でも、中東やヨーロッパ圏の人たちには良く知られた観光地なんです。

地中海に面した小国レバノンは、中東で唯一砂漠のない国。山や緑などの自然が豊富なことから、「中東のスイス」とも称されています。また、その首都であるベイルートは、ヨーロッパを思わせる美しい街並みで「中東のパリ」と呼ばれていたほど。観光資源には事欠きません。

自然と文化にあふれた見どころいっぱいのレバノン!ここではそんなレバノンの魅力を満喫できるおすすめの観光スポットをご紹介します。

目次

自然と文化を堪能しよう!レバノン観光スポットおすすめ6選!

目次を閉じる

1.ジェイタ洞窟

出典: www.flickr.com

数ある鍾乳洞の中でも、規模と美しさで定評のあるジェイタ洞窟。レバノンに行ったら必ず訪れたい観光スポットです!レバノンの首都ベイルートの北東約10㎞のところにあるこの洞窟は、山の中腹で上下2層に分かれた珍しい構造。どちらの洞窟もそれぞれに異なる魅力があり両方観光したいものです。

まずはロープウェーで上の洞窟へ。入り口から一歩足を踏み入れれば、鍾乳石が連なる神秘的な世界が広がり、自然が生み出した壮大な造形美に圧倒されます。下の洞窟には地底湖があり、小さなボートに乗って見学できるのも楽しみのひとつ。洞窟内は幻想的にライトアップされていて、思わずうっとり。洞窟内での撮影は禁止されていますので、しっかりと目に焼き付けましょう!

ジェイタ洞窟へはツアーもたくさん出ています。ぜひチェックしてみてくださいね。

2.カディーシャ渓谷と神の杉の森

出典: Invasor / PIXTA(ピクスタ)

レバノンの中央を貫くレバノン山脈付近に広がるこの渓谷は、レバノンで一番とも言われる観光地。ユネスコの世界遺産にも登録されています。

かつて迫害を受け、この地に移住したキリスト教修道士たち。渓谷の険しい谷には、彼らが暮らした洞窟や修道院、教会などが今でも残っています。 この渓谷に、「聖なる」という意味の「カディーシャ」がつけられたのも納得の佇まい。神聖な雰囲気に心が洗われます。

神の杉の森は、国の象徴として国旗にも描かれているレバノン杉の群生地。レバノン杉は、大きなものでは高さ30m、直径2m以上にもなり、樹齢が3000年を超えるものも。百聞は一見に如かず!その生命力と雄大さを間近で感じてみてはいかがでしょう?

「カディーシャ渓谷と神の杉の森」はツアーで巡るのがおすすめです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

レバノンでおすすめの記事

レバノンのアクセスランキング