ベルギーの世界遺産12選!ブリュッセルや古都ブルージュも楽しもう

画像出典:S-F/shutterstock

ベルギーの世界遺産12選!ブリュッセルや古都ブルージュも楽しもう

GoToキャンペーンバナー

ベルギーの世界遺産は、文化遺産に12件登録されています。(2018年12月現在)中でも有名なのが、ブリュッセルにある広場グラン=プラスや運河が美しいブルージュ歴史地区、フランドル地方のベギン会修道院ではないでしょうか。観光地としても人気の高い首都ブリュッセルには、見ごたえのある世界遺産が満載。中世に建てられた美しい建築物や赤煉瓦の家屋が並ぶ歴史のある街並みは、圧倒されるでしょう。そんなベルギーが誇る美しい世界遺産を12選ご紹介します。

目次

ベルギーの世界遺産12選!ブリュッセルや古都ブルージュも楽しもう

目次を閉じる

1. ブリュッセルのグラン=プラス

出典: Yoshiaki / PIXTA(ピクスタ)

ブリュッセルのグラン=プラスは、1998年に世界遺産に登録されました。文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も豪華な広場」と称え、フランスの詩人ジャン・コクトーによって「豊穣なる劇場」と賛美されたブリュッセルの中心にある美しい広場。まわりをブリュッセル市庁舎や、ブラバン公爵の館、王の家、ギルドハウスなどに囲まれ、ベルギーの歴史の様々な局面で表舞台として登場しています。

おすすめの時期は、2年に1度8月に開催されるフラワーカーペットです。1971年に初めて開催され、毎回何十万本ものベゴニアの花を敷き詰めて美しい花の絨毯が作られます。煌びやかなグランプラスの景色と相まって、4日間だけの夢のような光景は必見。フラワーカーペットを目当てにベルギーに観光客が押し寄せる大人気のイベントです。

2. ブルージュ歴史地区

出典: canadastock/shutterstock

2000年に街がすっぽり丸ごと世界遺産に登録された、ブルージュ歴史地区。ベルギーの古都として知られるブルージュは、「北のヴェネチア」とも呼ばれる水路が発達した水の都です。海からも遠く、大きな川があるわけでもないブルージュでは、15世紀以降の船舶の巨大化にともない街も衰退していきましたが、そのおかげもあって現在でも中世の街並みをとどめた姿を保つことができました。

ブルージュ歴史地区には、世界遺産に登録されている「フランドル地方のベギン会修道院」と「ベルギーとフランスの鐘楼群」に含まれる鐘楼とマルクトホールもあります。街の中はどこを見ても美しく、まるで絵本の中に迷い込んだよう。石畳の道で馬車に乗ったり、水路を船で観光したりと、中世の人が見た同じ視点で街を散策できるのも楽しいですね。

3. フランドル地方のベギン会修道院群

出典: Kiev.Victor/shutterstock

フランドル地方のベギン会修道院群は、1998年に世界遺産に登録されました。中世のヨーロッパにおいて、女性の生き方は、結婚か修道女になるかのどちらかしか許されていませんでした。ベギン会修道院は、12世紀にベルギーで女性だけの修道会として発足し、修道女としてではなく半聖半俗の生活を送りました。女性でも、手に職をつけたり、街へ出て労働をする自由を与え、夜は修道院での共同生活を送るなかで自立して生きていく術を学べるとても貴重な場でした。

現在は、ベルギー西部のフランドル地方のディースト、ルーヴェン、リール、ブルージュなどに13の修道院が点在し、世界遺産として登録されています。特にブルージュのベギン会修道院は運河を渡り門をくぐると、木立ちの中に静かにたたずむ白壁の修道院が印象的。世界遺産登録のずっと前に、オードリー・ヘップバーンの『尼僧物語」の舞台になったことでも有名です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ベルギーでおすすめの記事

ベルギーのアクセスランキング