世界遺産の宝庫!スペインの世界遺産全45選をご紹介します!

画像出典:TomasSereda

世界遺産の宝庫!スペインの世界遺産全45選をご紹介します!

目次

世界遺産の宝庫!スペインの世界遺産全45選をご紹介します!

目次を閉じる

3.グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

出典: emperorcosar/shutterstock

スペインのアンダルシア地方で、1984年に世界文化遺産として登録された「グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン」。グラナダはイスラム教徒によって創られたナスル朝の首都だった所です。ここにはスペインでも最高峰と名高いイスラム建築「アルハンブラ宮殿」「ヘネラリーフェ」「アルバイシン地区」の3つが世界遺産として登録されています。

アルハンブラ宮殿はイスラム建築の華と呼ばれる建築物。イスラムの天国をイメージした庭園があるヘネラリーフェやスペインで最も古い世界遺産都市のアルバイシン地区は、観光地としても人気の場所です。

4.セビリア大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館

出典: NaughtyNut/shutterstock

スペインの南部セビリアの代表的な建築物「セビリアの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館」は、1987年に登録された世界文化遺産です。この3つの建物はそれぞれ異なった建築様式で建てられたもの。セルビア大聖堂はスペインで最も大きく、世界でも有数の大きなゴシック建築の大聖堂です。

スペイン語で王宮を意味するアルカサルは、イスラム様式がベースですが、のちにゴシック様式やルネサンス様式が加えられた複雑な建物になっています。インディアス古文書館はルネサンス様式の建築物です。この世界遺産に登録された3つの建物は一箇所にまとまっているので比較して見やすいのも嬉しいですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

スペインでおすすめの記事

スペインのアクセスランキング